2011年04月26日

今年半島で見た印象的な桜の事とか。


西彼杵半島大村湾側の某所。

1103kotosinosakura.jpg

おお、すごいなぁ
こんな世界もあるのねー と、
カヤックの上から、これはこれで最高の贅沢なのでした。

狂気も妖気も生命力も儚さも、何もかもを含んで
何か特別な光を発しているように思えます。

やっぱり桜 大好きです。

posted by たみ at 07:57| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

もう2月も中旬なのに、今年初めてでした。


お昼過ぎ

ぽかぽか陽気とは言え、
それなりの寒さ対策をして漕ぎ出して

110209umi2.jpg


ぼんやりと漂って

110209umi1.jpg


すぐそこの無人島でコーヒー飲んで
(私、お湯は現地で沸かしますが、
 コーヒーは違いがわかる(笑)ゴールドブレンドだったりするのでした)

110209umi6.jpg


いつもの橋の下くぐって

110209umi3.jpg


傾きかけた日の中をゆっくりと漕ぎ帰り

110209umi4.jpg


無事を報告して感謝。

110209umi5.jpg


後片付けまで入れて、
3時間ちょっとの至福の時間でした。

大村湾でシーカヤック
やっぱり海は良いです。


で、
ここ大切なんですが(笑)
久しぶりにカヤックに乗り込む っていうときに、妙に窮屈な感じが。
持ち上げた足がちょっと攣りそうになるくらい。
どうやら、太ったらしいのです。うすうす気がついてはいたのですが、
今日否応なく思い知らされることに・・・・・。

早急にどうにかしないと。

posted by たみ at 19:11| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

「シーカヤックと琴の海の魅力体験」さだまさしさん所有の詩島へ。


去る 8月7日 に
「海フェスタ長崎」の関連事業として行われた
「シーカヤックと琴の海の魅力体験」のことをすこし。
これですね。(ブログ内リンク)

「シーカヤックと琴の海の魅力体験」は、
大村湾を満喫していただき、加えて地域のお祭りにも興味を持ってもらおう
と企画された事業で、

琴海行政センター
琴海グリンツーリズム研究会
長浦シーカヤッククラブ
琴海シーカヤッククラブ
長浦漁協
の協力の下

シーカヤック と、魚釣り の何れかに参加し
終了後(各自で)琴海夏祭りも楽しむ というものです。

(おかげさまでこの催しは多数の参加希望を頂き、
 釣り、シーカヤック体験とも、抽選で参加者を決めさせていただきました。)


琴海シーカヤッククラブに籍を置く私は、
「シーカヤック」の部のお手伝いを。


20100807kayak1.jpg

おなじみの パサージュ琴海奥 通称「土井の浦海岸」
(去年行われた この催し(ブログ内リンク)と同じ場所です。)


やっぱりこれだけカヤックを並べると、壮観。
ほとんどの方が初めてのカヤックだというので、午前中は軽く練習。

グリーンツーリズム研究会の皆さんのご協力で行われたバーベキューの後、
午後から
今回特別に許可を頂いて上陸できる事になった
さだまさしさん所有の 詩島 へ。
ここ とか ここ とか。
(いずれもブログ内リンク
 今回はこの写真の反対側からアプローチして 桟橋のあるこちら側へ回り込む形)

土井の浦海岸から3キロほどを漕いで詩島へ。


桟橋に詩島丸

20100807utasimamaru.jpg

管理をされている方が、待っていてくださいました。


手入れが行き届いた島内は、
このあたりの島とは、すこし植生も違います。


20100807utasima4.jpg


詩島天満宮。
太宰府天満宮から勧請されたそうで、
いわば太宰府天満宮分院。

学問の神様だということで、
ライフジャケットをつけた怪しい参拝客がひきもきらず(笑)。

20100807utasimatenmangu.jpg


20100807utasima3.jpg



島の南西部にある 母屋です。

20100807utasima1.jpg


松の巨木。
大きさがわかりにづらいのですが、
左下にちょっと見えているのが、母屋の屋根です。

20100807utasimamatu.jpg


大村湾沿岸の松の木は、
松食い虫にやられてずいぶん枯れてしまっています。

この島では、
二年に一度点滴(!)を打つなどして、
何百本かの松の木を守っているのだそうです。
(島の松の木には1本1本ナンバリングがしてありました)


島で一時間弱を過ごし
水分補給を充分にして、

さ、帰りましょう。

来たときよりは、やや涼しい(気のせい?)

20100807kayak2.jpg

往復ともに行程の半ばすぎくらいから
最後尾のカヤックを引っ張ってこいだりしましたが、
全員の方が詩島往復を楽しまれたようです。

魚釣りのほうは、キスの大漁で、
お昼ごはんもそこそこに出漁だったとか。


イベント、楽しんでいただけたのなら嬉しいのですが。


因みに 琴海夏祭りにどれくらいの方が参加なさったのかは、不明。



参加してくださった皆様 ありがとうございました。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

あと、
参加された方のツーリング中の写真も何枚か撮ったのですが、
「個人情報保護」のため連絡先がわかりません。
ここをごらんになった参加者のなかで、
アラブのスパイ のような怪しいいでたちのカヤックのスタッフ(私ですね)
に写真を撮られた記憶のある方は、
連絡いただければ、写真をお送りいたします。
(なんて偶然は、おこらないか・・・・)


追。
さだまさしさんの島「詩島」は、
今回 許可をもらって上陸させていただきましたが、

詩島には、許可無く上陸することはできません。

そこのところは、くれぐれもご注意くださいますように。ね。


posted by たみ at 11:44| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

大村湾でシーカヤックを体験してみませんか?


「シーカヤックと琴の海(※注)の魅力体験事業実行委員会」(ながっ!)主催の、
シーカヤック体験のご案内です。

※注
琴の海 というのは、大村湾の愛称です。

日時   H22年8月7日(土)10時〜16時。
場所   パサージュ琴海先の 土井の浦海岸。
対象   小学生以上の親子
参加費  1人 1,000円(昼食代)
募集定員 40名(超えた場合は、抽選)

午前中
土井の浦海岸でカヤックの練習をした後、バーべキューの昼食。
午後から、
詩島(さだまさしさん所有の島)まで往復の予定です。
往復5km程を漕ぐことになると思います。
二人艇も用意していますので、親子で漕ぐ事も可能です。

申し込み方法、
はがき か ファックスにて、

「1番 シーカヤック体験」 とお書きになって、
(同じ趣旨で「魚釣り体験」があり、それの申し込みナンバーが2番なのです
 因みに、釣り体験 は、同日(8/7)琴海文化センター(長浦町)集合で、
 船釣り体験。申し込み・問い合わせ先も、同じです。)

参加希望者全員の住所・氏名・年齢・性別 
および
代表者の電話番号 をご記入の上、
6月30日必着で。


申し込み先

〒 852-3212
長崎市長浦町2664 琴海行政センター内事務局

FAX 095-886-3937

問い合わせ。
п@095-885-2111



質問等ありましたら、
私宛へのメール
who_ta@@hotmail.co.jp(@をひとつはずしてください)
でもかまいません。どしどしどうぞ。

posted by たみ at 17:49| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

シーカヤック体験(大村湾 パサージュ琴海先の海岸 編)

10月4日に、長崎市の「市町村合併に伴う交流事業」として、
「シーカヤック体験と芋ほり体験お昼は地元の食材で地元のお母さん達が作ったバイキングツアー」
(勿論正式名称ではありません(笑))
が行われ、
「シーカヤック体験の部」のお手伝いをしてきました。

勢ぞろいしたカヤック。
kayack.jpg

ここは、「パサージュ琴海」の奥の海岸。
20メートルちょっと くらいのちいさな砂浜ですが
入り江になっていて風に強く、トイレ 水 もあって、
シーカヤックの出廷場所としては、理想的なのです。

ただ、ここの海岸と、それにつづく駐車場
(駐車場は、パサージュ琴海の管理地。)
は、今は立ち入り禁止。
(ここでデイキャンプやキャンプをされた方の中に、
 後片付け 等のルールを守らない方がおられた というのが、
 立ち入り禁止になった理由のひとつのようです。)
鍵がかけられて、許可を得ないと中に入れなくなってしまいました。

それにしても
この海岸でこんなにカヤックが並ぶのを見たのは、初めて!
これだけ揃うと、なかなか壮観です。

2人乗りのずんぐりとした艇とシットオンの3人乗りの艇は、
市が、ペンギン水族館から借り上げたものです。

suizokukan.jpg


10時から11時30分まで、
ほとんどの方が 初めて ということでしたが、
皆さんすぐに慣れて、時間一杯まで楽しまれました。

シーカヤックって、夏の乗り物(?)と思ってません?
実は、夏は暑くてなかなか大変。
今頃がちょうどよかったりもするのです。

もしシーカヤックに興味があって、ちょっと乗ってみたいな
なんて方おられましたら、
コメント欄か、一番上にあるメールアドレスにメールをいただければ、
(タイミングが合えば ですが)
ご案内もできますので、
半信半疑 なくらいの感じで(笑)是非どうぞ。
さだまさしさんの島(ブログ内リンク)とか見る事もできますよん。
(出艇場所は、パサージュ琴海先の海岸ではなくて、
 村松小学校の近くのちいさな漁港 です。)


因みに ですが、
このツアーの
地元の食材で地元のお母さん達が・・・ と、
いも掘り体験は、
地域のグリーンツーリズム研究会が主体となって行われました。
旧琴海地区のグリーンツーリズムはまだ立ち上がって間もなくて
「整備の最中」な感じなのですが、
石窯の制作体験や ピザ焼きの体験
ラベンダーの収穫体験や、シーカヤック体験 等の活動も始まり、
民泊(今はまだ一軒ですが)もあって
これからの活動が楽しみです。

琴海地区のグリーンツーリズムについて
私が知りうる情報があれば
こんな風な「事後報告」じゃないようなかたちで
アップできたらな と。



で、
お昼から艇を返しに、ペンギン水族館へ。
コドモが小さい頃に(相当 むかし ですね・・)
何度か遊びに来ましたが、
今のペンギン水族館に移ってからは、初めて。

ちょうどペンギンたちが散歩から帰ってくるところでした。
penguin.jpg
こんな風に自然の海で泳がせているのは、
ここだけなのだそうです。

ペンギン水族館のシーカヤック体験

penguintaiken.jpg

10月末まで ということですが、一時間あたり

1人乗り(中学生以上)500円

2人乗り(小学校高学年以上(4歳〜小学校高学年未満は保護者同乗)750円

3人乗り(大人1名と小学校高学年未満の子2名での利用)1000円

と、なかなかリーズナブルなのでした(あんまり遠くへはいけませんが)
(詳しくは、ペンギン水族館へ直接お問い合わせくださいませ)


クドいですが、
シーカヤックに興味があって 1回ちょっと なんて思っている方、
よろしければ、是非どうぞ(笑)。



posted by たみ at 19:17| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

海の日 シーカヤック体験(大村湾で、シーカヤック)

「海の日」に因んで、
去年に引き続き、
クラブ主催でシーカヤック体験会が開かれました。

場所は、琴海ニュータウン裏の海水浴場。

20090720uminohi2.jpg


あいにくの天気でしたが、13時〜15時まで2時間
子供達はほんとうに元気。

20090720uminohi1.jpg

(水平線(?)右側に見えている島が、さだまさしさんの島「うたしま」です。

もし「シーカヤックに乗ってみたい」と興味をお持ちの方は、
遠慮なく
駄目もと くらいな気持ちで(笑)
コメント欄か 上のメールアドレスまでご一報ください。

(クラブの規定で、
 ビジターの使用料お一人一回500円
 (駐車場有。シャワー着替え等の設備はありません。水は使えます。)
 基本的に自己責任
 ということになっていますので、そこのところはご了承ください。
 二人乗りの艇もありますので、親子でも大丈夫ですよー。
 因みに今回の体験会は、
 参加くださったかた全員保険にご加入いただいて、無料で行われました。)

posted by たみ at 18:51| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

二島(ふたしま)へ。

いい天気!なので
のんびり二島まで行ってみることにしました。


0922shuppatsu.jpg艇庫の前の桟橋(?)横の
小さな張り出し部分(パドルがおいてあるところ)が、
出廷場所です。
あれやこれやあってこうなりましたが、
潮によっては、とても出しにくいのが難点です。
艇庫から徒歩10歩(笑)。



0922kuraosima.jpg途中の黒島。
行きは南側を通りました。
向かい風。






0922futasima.jpg二島(ふたしま)です








0922sannbasitoire.jpg桟橋と、男女別のトイレがあります。







0922taradake.jpgま、暇なので(笑)通り過ぎて
東側をぐるりと廻って、裏側へ上陸することにします。
二島東側から見た 多良岳。






0922uragawa.jpg反対側に廻って上陸です。
ちょうど桟橋の裏側。
一番狭いところで10メートルくらいでしょうか。
見えませんが 向こうに西海橋とかがある(はず)です。





0922konnnanikirei.jpg大村湾もこのあたりまで来ると、
こんなに水がきれいです。
海底に映ったかやっくの影にびっくり。






0922siyoukokoroe.jpg二島使用心得です。








0922ryuubokukamado.jpgとはいっても、東屋の下には、
小さなかまどがあって流木が集めてありました。







0922kinoko.jpg食べてはイケナイ謎のきのこも(笑)。










持参の昼ごはんを食べて、
持参のコーヒー飲んで、すこし昼寝して二島をでました。



0922bujinokikou.jpgはい。
無事の帰還の報告とお礼をして、帰りました。










行きはゆっくりしたペースで、1時間35分。
(前島を越えたあたりから1〜2時方向の向かい風。
 さらにしばらく漕ぐと、堂崎を廻って届いた風波が当たり始めました)
帰りも同じようなペースで、1時間ちょっと。

風も落ちて、べたなぎ。
到着10分前くらいから、10時方向の向かい風。

それにしても
(どんなにカタログ表示が軽かったとしても)
ポリ製のシーカヤックは、
遊び終えて持ち上げたりするときに
なんであんなに重いんでしょうね。

10:30〜3:05


大村
干潮 10:14  +30
満潮 17;21  +74

出廷時 段差下70センチ
到着時 段差下30センチ

段差下2〜30センチが、出廷しやすいようです。


posted by たみ at 19:37| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

台風一過

どうしようかちょっと迷いましたが、
風も落ちてきたので
少しの時間 海に浮かんできました。


      0919hinan.jpg
いつも出廷する艇庫の前の岸壁の小さな漁船は、
防波堤の中に避難していました。




0919taifuuikka.jpg

台風一過。
黒島 二島 多良山系 と、いつもの並び。
右側から突き出している半島は、堂崎の鼻です。


       0919nami.jpg
カヤックから写すと、
波なんか無いように見えてしまいますが、
それなりに(って、ぜんぜん伝わりそうにありませんが(笑))



0919hasi.jpg
いつもの橋をくぐってかえりましたとさ。


えっと、
乗っているカヤックは、クラブ所有のポリ艇「ペンギン」です。
すごく扱いやすくて、今日くらいの波ならば、ぜんぜん不安はありません。
(って、波って言うほどじゃあないんですが・・・)
ただ、ラダー使用が前提のようで、
すこし風に弱くて、ラダーをあげると、すぐに横を向きたがります。

大村湾は、風が吹くと
ボクのような初心者が沈をするにはちょうどお手ごろな
ピッチの短い波が立ちます。
大村湾南西部は、北から東方面からの風が入りやすいので、
要注意です。
大村湾自体は、北から北西方面からの風の時が一番波が大きくなります。

と、自分で言っちゃいますが、
一応ネットのいわゆる「まゆつば情報」ですので、
くれぐれもご自分で確認してくださいね。


13:30 〜 15:30
大村
満潮14:09  +91 
干潮19:39  +51

出廷時 段差上 10cm
到着時 段差  ±0cm
posted by たみ at 17:12| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

前島から鷹島をまわって。

今日も大村湾最南西部 カヤックで散歩。

      0916kurage.jpg
くらげは意外と早く泳ぐ。なんていう映画があったような気が。
あ あれは 亀か・・・・。
追いかけてみると、くらげは意外と早く泳ぐんです。
これは、全長15センチくらい。

琴海ニュータウンの裏側。
別荘か?
0916urayamasiiyouna.jpg


鷹島まで漕いで、鷹島をぐるっと。
北西側に、(菜の花サイズの)花。
0916hanaga.jpg
つくつく法師が鳴いている。

鷹島は無人島ってことらしいけど、
家が建ってたりするのです。



0916futasima.jpg

左の島が黒島。

カヤックの正面の島が二島。トイレがあったりします。
15年以上前、初めてカヤックでキャンプをしたのが、
この島でした。
当時はなーんもなくて、むき出しのトイレがふたつ波でひっくり返っている、
と言うシュールな風景で、
勝手に上陸してはいけません。なんて書いてあって、
管理者(どちらかの漁協だったとおもいます)の電話番号が。
ケイタイも無い時代でしたから、
「どーせいっちゅうの?」と突っ込みながらキャンプをしたもんでした。

今は桟橋があったりして、
トイレもきれいだったり。

長与方向から見ると、
ひょっこりひょうたん島(わ、年がばれる(笑))のように、
左右に2つのぽっこりした小山が見えます。

さらに右の遠くに 長崎空港。

そして多良山系です。


モーセ的な〈笑)
0916mo-setekina.jpg
前島と嶽島(だけくじま)
(えっと、この嶽島という名は、未確認です。
 国土地理院の地図には、 この島に名前がありませんでした。
 大潮の満潮のときなんかはカヤックで通れます。)


今日も、詩島。
国土地理院の地図にも、詩島 で載っていました。
0916kyoumoutasima.jpg
真ん中が詩島
左側に見えるのが焼島で、右側が前島です。



0916betanagi.jpg
こんなべたなぎの日には、
遠くを通った船の引き波が、
5cmくらいのちいさなちいさなうねりとなって、
届いてきます。

こんな曇りの日だけれど、
顔がすこしちりちりしますです。
日焼けぬらなくちゃでした。

16日
12時半〜15時半。
満潮〈大村)12:08 +103cm
干潮    18:12 + 36cm

出艇時段差上10cm
到着時段差下10cm

posted by たみ at 17:32| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

詩島と、好きな橋のあたり。

娘に防水のデジカメを借りて、
ようやっとシーカヤックから写真を。

大村湾の南西部
旧琴海町の南端沖あたり。
ここは「詩島」です。 
さだまさしさん所有の島として知られていて
(いまもそうなのか?)。
もともとは寺島 と言う名だったのだそうです。

一番近い 岸 から、500メートルくらいかな。

k20080914a.jpg

真ん中に桟橋があって、
映画「解夏」で使われていたということなのですが、
見てないので、聞いた話 です。





そして 超近場 の、好きな景色。
k20080914b.jpg
ゆっくりと下をくぐると、
あーいいなー と、旅心が(ちょっと)満たされます。

あ、これ、この橋 のことです

posted by たみ at 10:50| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする