2016年07月03日

佐世保南国食堂地球屋。

佐世保南国食堂地球屋
いよいよ明日(2016年7月4日)
新しいステージへのステップを前に
一旦ピリオドを打たれるようです。

以下
南国食堂地球屋のコラムより
引用させていただきます。


2016年7月4日(月 新月)をもって
現店舗での営業を終了、解店し
秋頃を目標に世知原町の自宅にて
第3期地球屋を開店予定です。

これまでの感謝と、これからの船出の決意を込めてサイコーな宴を設けたいと思います。

平日ではありますが、是非ともみなさんお越しくださいね!

飛び入りライブ、お酒の持ち込みシェアなんでもオッケー!

7月4日(月)16時より

料理、飲み物全390円。
力尽きるまでじゃんじゃんばりばり創りまくります!

ライブ
ハナルナ、the bento band 他

DJ
たくわん和尚、OSD、ぷーやん他

引用
以上。

残念ながら明日は行かれそうにありませんが、
新しい地球屋
わくわくしながら待ってます。


ありがとう!

先日、
ウチなりの最後の地球屋に出かけ
乾杯をさせてもらいました。
201606tikyuuya.jpg

(ワタシと同名である)たみ も
元気でね。
201606tikyuuyatami.jpg


posted by たみ at 16:39| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

佐世保「地球屋」時々どうしても行きたくなってしまう。

佐世保「地球屋」時々どうしても行きたくなってしまう。

3月某日
そろそろ行きたいね と偶然波長が合って(?)
ヨメと地球屋。
20160319tikyuuya.jpg

今日は、ライブありませんように と。
(実はライブがあると、
 食べ物に制限がある場合があったりするもんだから)
願いが通じて(?)無事、あれこれを食べて、泡盛呑んで
(今回は、なんだか
 ノンアルビールじゃ満足できない「口」になってしまっていたので、
 安いホテルを予約して 呑んでやるとも! と(笑)。)

たみも居て
20160319tikyuuya1.jpg
シアワセこの上ない時間でした。

で、
せっかくここまで来たんだから と、
翌朝、
20160320a.jpg
世知原の 山暖簾へ温泉につかりに。
天気は生憎でしたが、
201603202.jpg
堪能。

ただここ
建物があまりに「おしゃれ」なので、
(なんでも、あの 故 黒川 紀章さん プロデュースなのだそうで、
 なるほどー と、妙に納得。)
201603203.jpg
こういうところにありがちななんでもない貼り紙が
ぺたっと貼ってあるだけなんだけど
でも、「やっぱりどうしてもこうなっちゃうよねー」と
何故か残念に見えてしまう という
こう、なんとも言い難い空気っていうのかなんていうのか
が醸し出てしまう
(あの、あくまでも個人の感想です・・・)

機会があったら又こよう と、ヨメと。

で、
せっかくだから と 波佐見のムックへ。

20160320mukku.jpg
今日は、
近くの 旧波佐見町立中央小学校講堂でイベントが行われていることもあってか
オニの混みようで1時間ちょい待ちしてランチ。
(もうずいぶん来てないから知らないだけで、もしかしたらいつもの事なのか?)。
20160320imarityuuoushougakkou.jpg
結果 一日限りだというイベントも西の原も両方楽しめました。
20160320imarityuuoushougakkou2.jpg
なんか、久しぶりに見たなぁ と二宮金次郎。

20160320mukku1.jpg

それにしても、ムック周辺は、来る度にだんだんすごいことになってきていて、
オープン以降10年間走り続けている店主のOさん、
凄い。

で、
やっぱりここでしょう と
浦川豆店 で、ゆでピー。
無事帰って玄関開けたら、猫達が甘える甘える。
なんか知らんが、
何日も旅行してきたみたいな気分 と、
ヨメと。


地球屋
3月20日には、さいかい元気村のイベントに
参加されるようですよ。



posted by たみ at 03:16| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

Waranaya Cafe ワラナヤ カフェ

先ずは、印象的なトイレの上の方から。

ここはどこかと言うと
大村市は ワラナヤ カフェ Waranaya Cafe

waranaya1.1.jpg
おー!と見上げるメタセコイアの巨木。
納屋を改装してカフェに なのだそうで、
藁納屋 か(?・・・たぶん)

waranaya2.jpg
あ、馬出てきたよ(上の畑には、ヤギもいました)。

waranaya3.jpg
店内には薪のピザ窯だの薪のストーブだのがあって、
入口横に薪の山積み。
食したピザ滋味に溢れ美味。
ギャラリーコーナーで焼き物など吟味。
途中の
「ね、合ってるの?この道で。ほんとにこのまま行っていいの?」
なんていう雰囲気(笑)も 込み。

お楽しみ。

(写真は去年(2014年)の11月に撮ったものです。)

件の物件は
トイレの明り採りに置かれた花入れ。
waranaya4.jpg


そんな
ワラナヤ カフェ

場所は
 長崎県 大村市東大村一丁目1880-72
営業時間は
 11:00 〜 18:00
定休日は
 水曜日

詳細につきましては
Waranaya Cafe公式(?)ホームページへ。

なんか
いろんな人がいて
いろんなお店があるなー と。


posted by たみ at 19:24| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

「風の彩」へ。原風景の手前。

国道207号線大草駅を過ぎた辺りに、
ワタクシの愛してやまない風景があります。
(このブログ内をごそごそしていたら ありました。
 これ(もち!ブログ内リンク)
 あ、同じ写真を貼りますのでアクセスはそのままで(笑))


20140600.jpg
なんかこう、しみじみと眺めてしまいます。
で、
幼い頃目に焼きつけていたかのような、
なんかこう、妙に懐かしいキモチに。

(そういえば先日(6月15日)ここを通りかかったときに、
 大砲のようなレンズをつけたカメラを三脚に据えた人が何人も居て
 ここを狙っていました。
 はじめてみる光景だったので「なんだなんだ」と
 ちょっとびっくり。
 なにか特別なことでもあったんでしょうか知らん。
 ・・・・・さておき。)

この国道207号線沿い JR大草駅の先の写真の場所のちょっと手前に立っている
「風の彩」
(「かぜのいろどり」と読んでいましたが、
  正しくは「かぜのいろ」と読むらしい)
の看板が気になっていて
いつか行ってみようね とヨメと。

で、先日ようやっと。

20140615kazeno.jpg
入口にはこんな東屋がしつらえてあって


20140615kazeno2.jpg


20140615kazeno5.jpg


中は
20140615kazeno3.jpg
大村湾一望。
どうやら海に面した窓際の席は
「予約」しないと座るのは難しい様子。

お昼時、メニューは何種類かの定食のみ。
時間によってはカフェとしての営業もあるようですので、
詳しくは 検索。

思いの他しっかりとした味付け。
落ち着いた雰囲気でゆっくりとすごさせて頂きました。

写っているその角の席が見晴らしは1番よいようです。
あそこでぼんやりと外を見ながら食事を
と思われたアナタ、
お出かけの際には 是非予約を。

それにしてもあのトンネルのある風景
好きだなぁ。
そんでもって
あのでっかいレンズを構えた人たちの事、
なんかじわじわ気になるなぁ。


posted by たみ at 02:34| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

最近の我が家の3大バイキング(たべほーだい とも言う)事情。

食べ放題 というコトバに異常に反応してしまう(笑)我が家の、
最近のバイキング事情を。
とれとれ旬屋
ティア
道の駅夕陽丘外海 バイキングレストラン ラ・メール 
長崎がんばランドのバイキング「雄水」
(何れも、ブログ内リンク)
と渡り歩いてきた(笑)我が家のバイキングのファーストプライオリティは
「コストパフォーマンス」
ありていに言ってしまえば
楽しくて安い(我が家基準。)

最近辿りついたうちの一軒が、
西友道ノ尾店2階の 
「スリジェ・Cerisier(フランス語で「さくら」だそうです)

20140540surije.jpg

4月の増税後の価格が 1,100円(!)
(増税前は1,000円でした)
値段だけでも、とりあえずシアワセ(・・・)
料理の多くを、いわゆる お惣菜 が占めているので
良く言えばやさしい
言い方を変えるとちょっと物足りない
感じなのですが、
ワタクシは、大好き。
ありがたい事に、ヨメもま、嫌いじゃない。
と言うことで
晩飯作成のテンションが下がり気味の日
ヨメとなんとなく目が合うと じゃ 
と暗黙のここへ(笑)。
制限時間90分の食べ放題に勤しむのでした。

食べ放題90分     1,100円
4歳〜小学校6年までは 800円
3歳以下        無料
別途アルコール類飲放題 1,500円
(何れも税込み)


次が
「平日の」稲佐山温泉 ふくの湯。

20140520fukunoyu.jpg

なんで平日か っていうと、
「入浴+バイキング(平日限定)¥1,990」
という、これが目当て。
(ただし、期間限定 と謳ってあるので、
 ずっとあるのかどうかは不確定。
 これ、4月の増税時も「お値段据え置き」でした。)
ゆーっくりとお風呂に入って、
バイキング。
言う事なし。
そしてここのバイキング、
びっくりするくらい種類が多いのです。
料理を回遊すると最初に目に入るデザートで
テンションがあがり、にまっ となってしまいます。
ヨメなんかもう目がきらっきら(笑)。
あきらかにダイエットの敵。
土日はお客さんとても多いのですが、
平日はゆったり。
おまけに、平日は時間制限なし という気前の良さ。
(土日祝は 90分制限のようです。
 他にもいろんなセットサービスがあるようですので
 詳細は 稲佐山温泉ふくの湯で検索を(笑))

以前は温泉っていうと
雲仙古地獄までよく出かけていましたが、
最近めっきり行くことが減ってしまいました・・・。
恐るべし スーパー銭湯。

ここんところのウチのささやかな癒し系贅沢ナンバーワンです。

そしてもう1軒が
ハレの日のアレッタ(ココウォーク4階)(ブログ内リンク)

という訳で今日は
最近の我が家の食べ放題 もとい バイキング事情
という なんとも な企画でおしまい。

posted by たみ at 06:43| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

あってよかったー プラウチャイ。 プラウチャイ再発見やっぱりここのグリーンカレー大好き編。

博多、薬院六角にある プラウチャイのグリーンカレーが、
好きでした。
プラウチャイにつきましては ここ(ブログ内リンク)を。

で、今年5月 いつものように 
「グリーンカレーとトムヤムクンの口(笑)」になってプラウチャイへ。
へ?
20110509tai1.jpg
更地です。

あれ、ここだよね。
と、
典型的な狸に化かされ顔をして目をこすり二度見する
くらいの勢いで確認しましたが、ここです。

うわ とあきらめきれずに回りをちょっと歩いてみると、
すぐ近くに何とまっさらなタイ料理のお店(特に名は秘す)がっ!

20110509tai2.jpg

あのさ、もしかすると
無くなっちゃったプラウチャイのスタッフが集まってここはじめたんじゃないの?
なんて勝手に作った噴飯物のストーリーと
今更止められない「グリーンカレーとトムヤムクンの口」が相まって
ためらわず入店。

・・・・・・・

プラウチャイのカレーが食いてー!!
と無言でシャウトしながら出てきたのでした。
(あの、美味しい美味しくない じゃなくて、
 「あ、違う」と、そういうことですのでね あくまでも)

今は、無い となった時点でスマートフォンですぐ検索
なのですが、
当時何年も使用していたガラケー持ちだったものなー と
遠い目(笑)。

帰って調べてみると、プラウチャイ 移転していたのでした。
しかも前のお店の割と近くに。

で、今回 再び
「グリーンカレーとトムヤムクンの口」をしつつ(笑)。

地下鉄薬院大通駅ロイヤルホストのすぐ近く。
Mビル薬院の
20111111tai1.jpg
2階に

ありましたありました。やれうれし。

20111111tai2.jpg

以前は駐車料金の一部負担もあったのですが、
近くに駐車場も無いこともあってか、そのサービスはなくなっていました。
なので今回は、
青天未舗装の駐車場になっていた以前プラウチャイがあった更地に駐車して、
そこから歩く事に。
(こういう小さなしょうもないイベントとも言えないようなイベントが
 好きです(笑))

20111111tai3.jpg

20111111tai4.jpg

20111111tai5.jpg


あー あってよかったー プラウチャイ。

以前よりちょっと狭い。
内装がシンプルになり、席数も減ったようです。

週末は、予約をして行ったほうがよさそうな感じ。

しかし、なんで博多まで来て、ここばっかりかなぁ。晩飯(笑)。

posted by たみ at 11:51| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

フランパは5周年。姉妹店(?)ヴァンビィ8月開店 らしい。

フランパ(ブログ内リンク)は
20120721g.jpg
5周年 ってことで

5周年団扇。
20120724f1.jpg

裏面に、姉妹店オープンのお知らせが。
20150724f2.jpg


詳細。
20120724f3.jpg

えっと いつものように
我非関係者(笑)。

1回行ってみんばね と、ヨメと。

posted by たみ at 00:07| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

こんな所に。 フレンチ&パスタ Franpa(フランパ)。


以前から「1度連れてってやりたい」と上から目線(笑)のヨメ。

ようやっとかないました。
うーん。
あんたはこんな美味しいお店で飯食ったりもしてるのね。

と、地団駄的に悔しいワタクシなのでした。

フレンチ&パスタ 「Franpa フランパ」。

え、こんな所に?と聞き返すくらいの所に。

20120228franpa.jpg

数量限定 の 500円ランチ(この日は5食限定 って書いてあったような。)
は、勿論すでに完売で、
パスタランチ750円と、お昼のビストロコース1500円
どっちにするか迷った末、せっかくだから と お昼のビストロコースに。
(他に、お昼のおまかせフルコース 3000円 もありましたが、
 我が家的には、残念ながら見てみぬフリ(笑))

もうね、シアワセでした。
えっと、
オリーブオイルが苦手かも って言う人にはお勧めしませんが、
(ま、そういう人はそもそもこういうお店には来ないでしょうが・・・)
料理はもちろんの事、
満席なのにざわざわしていない妙に居心地の良い感じや、
柔らかな笑顔でサービスしてくださる奥様(?)や、
厨房で集中している2人のあんちゃん(失礼)や、
も相まって

身重の娘と三人で、
とても良い時間をすごさせていただきました。

また行きたいけど、
なかなかタイミングが合わんかなぁ。

場所は
市内から国道206号線を北上
横道交差点を滑石方面へ左折。
最初の信号を左折(橋渡るあの狭い道ですね)
200メートル程行った左側に。
(もし左側に「星野管工」が見えてきたなら、
 それはずいぶん行き過ぎです)
グーグルで見てみると、
上の写真にある赤いバイクがやっぱり止まっていたりするので、
目印ということらしいです。

(駐車スペースは5台分 との事ですし、混んでるし、なので
 予約を入れて行ったほうが良いかも知れません。)

基本日曜がお休みで、
営業時間も、お昼 夜 と分かれているようです。

詳細につきましては、直接お調べ下さいますように。


また行こねっ!!
晩飯でも良いよっ!!

・・・・・
あ、今日は2月29日。
なんか オマケの、お得な1日(笑)。
せっかくだから、充実させたいなぁ・・・。




posted by たみ at 02:47| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

水辺の公園レストラン


タナカタケシさんの個展に出かけてきました。

が、
目的地のギャラリーエムのすぐ近くには、以前から行ってみたかった
「水辺の森公園の運河のところのレストラン」
(正式名称を「水辺の公園レストラン」と言うらしいです。はい。)
カミサンと協議の上 まずは腹ごしらえを ということになったのでした。
(この節操の無さを見よ!(無節操失礼 笑))

美術館側から橋を渡ってアクセス。
ここは運河の中の小島 になっていて、
どこからアクセスしても、橋を渡ることになっているのです。
こういう「手続き」は、重要だし、効果的。

101211mizube1.jpg

テーブル周りの小物がいちいちおしゃれです。

101211mizube2.jpg


これは、食後のコーヒー のソーサー。
コーヒーカップを持ち上げるまでは、全く気づきません。
嫁には赤が 私には黒(紺?)が置かれて
にくい演出。

101211mizube4.jpg


これを頼みました。
オープンサンドなんちゃら(失念失礼)

101211mizube3.jpg

お味は・・・
演出の勝ちでした(不躾失礼)。


鳥もやってきて、ロケーションも、すごく良い。

101211mizube7.jpg

ほんとうにロケーション すごく良い のです。

101211mizube6.jpg

オンナノコはこういうの好きだよ。
と、オンナノコには非ず の嫁(失礼失礼)。

美術館あたりでおなかがすいたら、
また来るかも知れん。
(もちろん嫁と一緒 は必須 あ、おねいちゃんと一緒でも可(下世話失礼)
 男一人じゃ、ちょっと辛いかも・・・)

パーティーで貸切 なんてこともあるみたいで、
なるほどここでパーティーなんて、ばしっと決まっていて
オンナノコ大好きかもね。

(今回のいつもにも増しての乱筆乱文失礼 あ、乱筆は無いか・・・
 乱文失礼)


クーポンとか割引きとか、HPに特典があるようです。
詳しくは このあたり(かな?)へ。(リンクは公式ホームページ)

で、ギャラリーエム タナカタケシ展 ここ(ギャラリーEMのHP)

ギャラリーエムは、なんとなく目に付いて、以前から「なんだろ」と思っていたビルの
2階にありました。

101212em.jpg   101212em1.jpg

101212em2.jpg


もし来年も雪の浦のご自宅で「新年の展」をなさるのなら、
是非行きたいなー。
タナカさんちで、新作たくさん拝見したいなー。と
謎のメッセージで、今日はおしまい。



追記(2010年12月28日)

2011ねん 1月2日〜1月4日までの予定で、
タナカタケシ新春作品展 開催されるそうです。

                       以上


posted by たみ at 06:15| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

アロイナ・タベタ 結果として超ミーハー(笑)。

グリーンカレーが大好きです。
例えば こんな具合に(ブログ内リンク)

先日出かけた際に有楽町→東京駅辺りに用事があって、
間にすこし時間が空くことがわかったので、
そうだ!と、タイ料理屋を調べていたところ、
「アロイナ・タベタ有楽町店」というお店にいきあたりました。
しかも安い。
そりゃ行くしかないっしょ。
と、カミさんと同行者と三人で。

有楽町で降りて、山手線内側沿いを東京駅方面へ。
(実は 手には雑誌の切抜きの地図。)
お!

arowanatabeta1.jpg

でっかい看板。
普段なら突入を避けるパターンのやつや(笑)。
ですが、他に あて があるわけでもなく、突入する事に。

お!!

arowanatabeta2.jpg

入り口は、ものすごくそそるパターンのやつや(・・・)。
しかも完全に線路の下
長崎ではなかなか見られないいわゆる ガード下ってやつ。

そしてこの後、私は自身の血中ミーハー濃度の高さを思い知ることになるのでした。

「もしかしてここ、キタナシュランに出てきたところじゃないの?」
と、同行者の一言。
「キタナシュラン」という とんねるず の番組のコーナーは
2〜3度見て、知っていました。
同行者は、このお店が登場した回を見ていたのだそうです。

おお!入るべし入るべし!! と、情けなくも訳も無くテンションのあがる私。

足の裏が床の油にくっついて、ひと足ごとに音がする!
椅子も、立ちあがるとけつにくっついてきそうな油加減。

なるほどキタナシュランって、こういうことね と、納得。

arowanatabeta3.jpg  

私は勿論グリンカレーのセット。

タイのなんとかラーメンも。

arowanatabeta4.jpg


「グリンカレーのセット」と頼むと
タイ人(たぶん)のウェイターさんが、
「お金」とか「現金」とか言いながらぶっきらぼうに手を出します。
注文の証拠の品(レシートととかチケットとか)を置いていくわけでもなく
注文とお金を交換するという(理不尽な)システムで、
小心者の私は、ちょっとそわそわしてしまったのでした。



看板通り、どちらも630円。
セットのお得感がすごい
(必然的に相対的に単品のお得観がすくない ってことでもありますが・・)。

そして・・・そして 美味しい!
とても美味しい!
辛すぎることもないし、
がちがちの本場風ではない(たぶん)アレンジで誰にも食べやすそうだし。


件の番組を見ていた同行者によると、
この、店内の壁に無造作に書かれた落書きは、
のりさんがコッソリ書いた「ペレ」のサインだそうで、

arowanatabeta5.jpg


これが、キタナシュラン最高の栄誉
「3つ星」の賞状なのだそうです。


arowanatabeta6.jpg

そして自動的に
どうしても撮らずにいられなかったこの2枚の写真は、
どう見ても私の血中ミーハー濃度の高さを証明する 証拠の写真
でもあったのでした。


次このあたりに用事ができたら、
また寄ろっと、「アロイナ・タベタ有楽町店」
名前もなんだかそそるし ね。
(アロイナは美味しい とか 美味しい?とかと言う意味があるそうで、
 タベタは、なんでも、日本語の 食べた なんだとか(詳細は不明)
 アロイナ・タベタは、有楽町店の他に、吉祥寺店もあるようです。)


それにしても、
テレビに出ていたお店 とか
テレビに出ている人 とかのくくりって、つまるところ、なんなのよ?
と、自分のミーハーっぷりを棚に上げての、素朴な疑問。




posted by たみ at 13:08| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ごん屋  そうだ お饅頭食べよう!


いきなり饅頭とか
今の季節で言うと桜餅とか 
甘いもの も(笑) 好きです。

で、城山のでっかい看板の饅頭屋さん
「ごん屋」

gonya.jpg


酒種酵母を使用しています というお饅頭は
漉し餡にもっちりとした生地で 
好き(笑)。


種類は多くありませんが
こんな素朴な感じの店構えも
好き・・・。

gonya1.jpg


いもだんご。
(いきなり団子 と呼ばれる事が多い饅頭ですね)
好き・・・。

gonyaimodango.jpg

もちっとした生地の感じや、漉し餡のたたずまい(大げさですが)
皮のちょびっとのこった薩摩芋の律儀な大きさ(笑)。



浦上川沿いの そば幸本店から路地へ。
ジョイフル城山店を通り過ぎたら右側に、
「ごん屋」はあります。

ちょっと疲れて なんか甘いものとお茶でも という時には
どうぞ。


posted by たみ at 11:04| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

佐世保 南国食堂地球屋(他)

今回は、
佐世保の 南国食堂地球屋 です。



地球屋入り口。

tikyuuyashoumen2.jpg


そして
地球屋入り口(笑)。

tikyuuya shoumen1.jpg


何でも美味しい(娘 談)。
ヨメと行って
ワンプレートのなにか
(名前 忘れました。
 あれこれすこしづつのってて、おー おぉー と言いながら。)と、
一品づつあれこれ頼んでシェアして食べました。

シェアして食べるのが嫌じゃなければ、
こういうふうにあれこれ注文した方が、絶対楽しい と思います。

そして 
マスコット犬 たみ。

tikyuuyatami2.jpg

時々寄ってきて、膝んところに手(前足とも言う)をかけてきたりします。
なんとつぶらな瞳。

たみの定位置。

tikyuuyatami1.jpg

いつもはここで静かにすわっています。

犬が苦手な方は、二階へどうぞ。
(一階は アジアンなちょっとごちゃっとした風味。
 二階はも少しすっきりと大人な感じ。です。)

JR佐世保駅から国道34号線アルカス佐世保の前を通って
さらに国道沿い。
歩道橋の足元を過ぎてすぐの辺りに 地球屋はあります。
(京町の交差点まで出たら 行き過ぎですよー)
是非!

地球屋HP

で、後日何と
地球屋のマスコット犬 たみ と、再び遭遇。

tikyuuyatamisotode1.jpg



たみの兄弟にも遭遇。
(手前が たみ)

tikyuuyatamisotode2.jpg

たみの母にも遭遇しましたが、撮ったつもりの写真見当たらず。
(たみの母は、先日のイベントの、ヨーチさんち(ヨーチさんのブログ)
の たま なのでした。世の中 狭い・・・。)

唐突なようですが、
これは、佐世保を中心として活動しているオトヒトツ
(YouTubeです。映像で演奏している場所は、なんと地球屋です。)


そして
こちらは先日のイベントで演奏中のオトヒトツ

tikyuuyaotohitotu.jpg

実は、
地球屋と オトヒトツには 意外なつながりが・・・・。

って、オトヒトツのジャンベ(パーカッション)担当のかたが
地球屋のカウンターの中に
っていう、それだけのことなんですけれどね(笑)。
(追記
 オトヒトツ 今は編成が違っていて、
 ジャンベの彼はすでにオトヒトツには加わっておられませぬ)

こうしていろんなモノゴトは 
一見 環 のように、しかし閉じることなく
螺旋状につらなって行くのでしょうか知らん。

(こんな締めで すまぬ。)



posted by たみ at 13:57| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

坦坦麺 「長崎的坦坦ヌードル大丈夫屋紅蘭亭」

どうやら正式名称を
「長崎的坦坦ヌードル大丈夫屋紅蘭亭」
というらしい。

ここは 支店らしい。

そもそも私ら、坦坦麺の何たるかを、あまり良くわかってない。

ってなぐあいに、何も知らないまま

強くお勧めする娘に連れられて食べに行ったのでした。
坦坦麺。

tantanmen1.jpg

駐車場入り口でちょっと迷って
(以前は同じ駐車場を使用するCOCO壱があって、
 その看板を目印にしたんだけど、COCO壱が無くなっていた(娘談))
5時50分に到着したのですが
「6時からだって」ということで、車中で待ち。

オープンと同時に入店したのですが、
みるみる満員になってしまったのでした。

おー
人気なのね。

辛いけど大丈夫 と、
「さびぬき」の寿司しか食べられない娘がきっぱり言うので
じゃ っていうんで3人とも「赤の坦々麺」を注文。

火を噴く坦々麺なのでした。
辛いものが得意ではないヨメは、唐辛子を丁寧につまみ出した後
汗 涙 涎 と、あらゆるところから水分を噴き出し、、
「唇がひりひりする」「いや、胃が辛い」「目にきた目にきた」
などと悲鳴をあげつつ
泣きながら(おおげさか)「おいしい」と坦坦麺を食べつづけるのでした。

tantanmen2.jpg

例によってわかり難い写真ですが
真ん中のお皿に写っている赤いものは、
ヨメが執念でつまみ出した唐辛子なのです。

しかも、
強くお勧めした娘は、
ちょっと残して「辛くて食べられんけん食べて」と言い出すしまつ。

こら(笑)。

間違いなく癖になりそな「赤い坦坦麺」なのでした。
辛いのが苦手な向きには 安心の(?)「黒い坦坦麺」も 
と言うことなので 次の機会にはヨメは「黒い」方で。


長崎方面から
国道57号線 競技場を超えたらそろそろなので、
左側に注意。
鷲崎の交差点に行き着いてしまったら、通り過ぎてますよー。

tantanmen3.jpg

北緯 32.335 東経 130.063 のあたり。

「赤の坦坦麺」 630円
「黒の坦坦麺」 630円
「REDドラゴンの坦坦麺」  750円
「BLACKドラゴンの坦坦麺」 750円
(値段は 2010年 1月11日現在)
(「ドラゴン」よっか「赤の」の方が辛い(娘しらべ。責任持てず(笑))

もちろん餃子 や はとし なんてのもメニューに。

事前の情報では、夕方の部は5時30分から、ということでしたが、
(すみません。昼の部は、不明です)
今日は、6時オープンだったし
なんてこともおこったりしますので、
詳しくは、おしらべくださいますように。

あ そうそう
帰ってから
グーグルのストリートビューでお店を正面から見ようとしたら、
ちょうど軽トラが駐車場に突入する瞬間がうつったりしていました。
確かにCOCO壱の看板も。
(2010 1月11日現在)


それともうひとつ。
是非 店内に流れている音楽も、
ご堪能くださいね(笑)。




きっと又食べたくなりそうです。

『長崎的坦坦ヌードル大丈夫屋紅蘭「赤の坦坦麺」』

辛いっすよー。






posted by たみ at 03:31| 長崎 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

ティア 長崎銅座店

連休、
半分は仕事。
残りの半分も
特に何もなく(泣)過ごしました。
一回だけ出かけたのは
敬老の日の翌日、父母と食事へ。

ティア長崎銅座店。

いわゆるビュッフェ形式のレストランです。

ティアは、
出島ワーフにあった頃からのファン。
(実はさらにさかのぼって、10年ほど前に、
 熊本で連れて行ってもらってからのファンです)

なんていうのか、素材が美味い という感じ かな。

ホテルビクトリアイン の2階。

tia2.jpg

土に命と愛ありて ティア
と言うことで、

土(Tuti)のT 命(Inoti)のI 愛(Ai)のA で TIA ティア
なのだそうです。

tia1.jpg

店内は
こんな感じ。

tia.jpg

さ、食べよっと。

晩御飯は 1600円 と、知らん間に、じわじわと値上がりしています。
(ケーキ付きのデザートコースで1800円)

なんか、以前はもう少し料理の種類が多かったよなぁ
とか、
料理の内容からすると、微妙に お高い 気も
とか、
ちょっと味濃ゆくなってないか?
とか、

若干の不満を述べつつも
ここで食べた後は、いつも満足して岐路に着くのでした。


ステラんとこから入って左側。
7時からの朝食
11時半からの昼食
18時からのディナーとあって、
それぞれ値段が違うので、確かめてね。

いちおう無休ということですが、
「すみません、今日は貸切です」
と、はいれないこともあったりしたので、
そこんとこも、確かめてね。

ティア、
お勧めします。

が、
ウチとしては、最近
ティアのかわりに って感じで
夕陽が丘外海道の駅 のレストラン(ブログ内リンク)
へ行く事が増えてきました。
安いし近いし・・・。

posted by たみ at 21:51| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

ぬくぬく

JRを利用して帰宅する友人に教えてもらいました。
時刻に合わせてお店を出ると、2分もすれば電車の中だから
便利だし 雰囲気もいいし おいしい とのこと。

じゃ っていうんでカミさんと行ってみました。「ぬくぬく」
(正式名称(?)を 「祝祭厨房 ぬくぬく」と言うらしい)

駅前の「高架広場」から電車道跨ぎの歩道橋を超えて
喫茶 「旅人茶屋」と同じ並びの、ちょっと奥。

入り口は、こんな感じ。

nukunuku.jpg
この、左側のドアから入ります。


なんとなく雰囲気がわかりますよね。

nukunuku1.jpg

一階はカウンター席のみ。
椅子を後ろに下げると人が通れなくなるくらいの、
「いい感じ」で(笑)タイトです。
おお! 梅酒ってこんなに種類があるのね と、
目の前にずらーっと並んだ「梅酒」の一升瓶に 感動してください。

なにかガイドブックのようなものにも掲載されているのでしょうか
観光客の方も「ここここ!」なんて言いながら、
こられていました。
 
「B級グルメ」とか書いた看板もあったような気がしますが、
写したつもりの写真が見つかりませんでした。
「そばめし」とかのメニューもあり、メニューを眺めてあれこれ迷うのも、楽しそうです。

友人のお勧めである「スティック春巻き」も、忘れずに食べましたとも。
おいしゅうございました。
値段も手頃だしね。

電車の走っていない半島人としては、
「駅前」の利点を享受することはできませんが、

機会があれば、是非!

二階はまた違った雰囲気らしいです。
次の機会には二階で と、カミさんと。

どっちがハンドルキーパーになるか じゃんけん に負けた
しらふのボクがお届けしました(泣・・最近負け続けだし・・・・)。


posted by たみ at 17:03| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ゲウチャイ→プラウチャイ・・・・・あの どなたか長崎でおいしいグリーンカレー食べられるところご存知ありませんか の巻(笑)。

グリーンカレー食べたくて仕様が無い症 が高じてきたので、
福岡のゲウチャイ(ブログ内以前の記事へのリンクです)へ。

(あの、どなたか 長崎でおいしいグリーンカレー食べられるところ、
 ご存知ありませんか?
 以前行っていた佐世保の美味しいグリーンカレーを食べさせてくれるお店が
 なくなってしまって・・・。
 いくら高速道路が休日1000円とは言え・・・  さておき)

・・・店名が変わっていました。
「プラウチャイ。」

店の雰囲気はそのまま。
名前だけが変わったようです。
タイ王朝公認 も変わってないようですし。

で、料理なのですが、
「劇的に」といって良いほどまろやかになっています。

最初は、
火を噴くトムヤムクンや、思わずむせるグリーンカレー だったのに、
行くたびにすこしづつ「前ほど辛くないような気がしない?」
なんて言っていましたが、
今回「劇的」に!

我が家的には、
ちゃんとコクがあって、程よく辛くて、「旨い!!」
「又来ようね」と。
ほんとうにひーひー辛いタイ料理 が好きだった方は、
その旨ひとこと添えられた方がいいかも です。

トムヤムクンの「具」が少なくなっていたのは、
ちょっと残念なポイント。

おいしかったー。満足です。

以上
ゲウチャイ 改め プラウチャイ のレポートを。


(2009 6月14日現在)
プラウチャイ ボンラパス薬院2F

すぐ裏に入り口のあるボンラパス屋上駐車場から直接店内へ入れます。
駐車券 200円 をもらいました。
ここの駐車場 値段も安いし、
この辺りからなら天神中心地へゆっくり歩いても15分くらいなので、
ゲウチャイ じゃない プラウチャイで晩飯を、と思っているときには、
ここに車を止めておきますです。




posted by たみ at 17:41| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

小浜 オカモト・シェ・ダムール のぐるぐる

雲仙小地獄の温泉が好きで
国道251号線を走るのが好きで
で、
小浜に気になっていたお店があって
先日 ようやっと行くことができたのが

オカモト・シェ・ダムール

(あらら昨日の記事と ほぼ 一緒だ!(笑))

guruguru.jpg

小地獄からの帰り道
雲仙から県道57号線を下ってきて国道251号線との交差点(雲仙西交差点)すぐ左。
リンガーハットの隣
(あの有名な「海上露天風呂 波の湯茜」の方へ直進して左折すれば、
 そのまま駐車場へ入れますです。)

ここのロールケーキは超有名なのだそうで、
たくさんの種類のケーキはとりあえず保留で、
ロールケーキ ぐるぐる (フルネーム 小浜雲仙元祖ぐるぐる)を。
すると、なんと、もうひとつのぐるぐる って言うのもあって
オカモト初心者のわしら(私とよめ ですが)を悩ませましたが、
やっぱり最初から もうひとつの では失礼であろう と、
とりあえず ぐるぐる(フルネーム 小浜雲仙元祖ぐるぐる)
の、バニラ 950円(2009年4月現在)を購入して帰宅。

gurugurubox.jpg

さっそくいただきました。
gurugurucake.jpg

おいしー。

次は もうひとつのぐるぐる を是非買ってこようね と、
よめと意見が一致して 平和(またそのオチかい!(笑))

因みにお店の写真左奥がケーキ屋さんの入り口。
右側の2階建ての建物は オーシャンビューのカフェです。

それにしてもスウィーツって、はやっているのね。
(そういえば、いつからケーキや洋菓子がスウィーツに
 ケーキ職人さんや洋菓子職人さんがパティシエになったんだろう。
 誰が仕掛けたんだか、イメージ戦略大成功 ってとこだよなー。)

posted by たみ at 22:53| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

諫早市飯盛町 古民家レストランどんぐり(DON-gree)

雲仙小地獄の温泉が好きで
国道251号線を走るのが好きで
で、
飯盛に気になっていたお店があって
先日 ようやっと行くことができたのが

古民家レストラン どんぐり(DON-gree)

国道251号線を長崎から雲仙方面へ向かって、
結ヶ浜への交差点を過ぎてすぐ 右側。
昼間はちょっと目立ちにくい落ち着いた雰囲気ですが、
雲仙からの帰り道
251号線結ヶ浜への交差点の手前左側(あたりまえだけど)
いい感じで暗くなって(笑)
木に掛けられたLEDのイルミネーションがわかりやすい目印になります。

ジャズが流れて、落ち着いた照明の店内は、
外からの印象とは違い、思いの外広くて 落ち着きます。

ボクにはすこし味付けが濃いように思いましたが、
よめは そんなことなかったよ と。
是非一度!!
どちらかと言うと
お子様連れ よりは ふたりでゆっくり のほうが似合うお店かも です。
また来て見ようね。 と 意見が一致して、平和(笑)。


donnguri.jpg


posted by たみ at 22:43| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

カフェ 豆ちゃん

えっと、
洋食屋ゴーシュのコメントに、
「この通りにちかごろ面白い店が」と書きました。

なので、その「面白い店」を。

昨年のたぶん9月くらいのオープンだったと思います。
先日長崎ローカルの番組 あっプル(違ったか)でも紹介されていました。

「カフェ豆ちゃん」です。

えっと
いつも「臨場感」なんて言葉でごまかさないと見られないような写真で
申し訳無し(笑)。

mametyan4.jpg
入り口。
気づかないで通り過ぎたりする場合も。
(先日 2回目 の友人が「見つけられなくてうろうろした」と・・)

入り口の一角は、クラフトショップ。
mametyan1.jpg
入り口を中から見ると
陶器 吹きガラス 木の小物 などが置かれています。

クラフトの棚の上の大きな写真は、
オープン当時に置かれていた、オーナーの作品。

カフェ全体は、ギャラリーとしても機能しているのです。
(今は、島原在住の マーサ野島さんの作品展が開かれていて
 明日 土曜日(たぶん)は、マーサさんのギャラリートーク
 が行われるはずです)

オーナーは、カフェのマスターであり デザイナーであり、
写真家であり、絵描きさんでもあります。

お店の奥は、デザイナーとしてのオーナーの事務所も兼ねていて、
マックが でん と置かれたりしています。

オーナーの奥様が焼かれるパンがおいしい!。
お昼のランチの時間には、満員だったりすることも多く、
早く行かないと、パン なくなってしまいます。

コーヒーがおいしい!
マスター(オーナーですね)が、渾身の気合を入れていれる
エスプレッソは、とにかく一度試してみてください。

時々ライブなども開催されたりして
mametyan3.jpg
(これは、某日のピアノライブの模様です
 因みに いちばん左側 半分見切れて写っているのがマスターです)

一押しで お薦めです。
是非!

場所は、ゴーシュと同じ通り。
アーケードを抜けて信号を渡り、次の交差点を、
洋食屋ゴーシュは右 でしたが、
カフェ豆ちゃん は、この交差点を 左 
で、ちょっと歩いて左側です。
つきあたり中島川にでちゃったら行きすぎですね(笑)。

お店の前面はガラス張りですが、入り口のドアは
鉄板の引き戸(2枚目の写真の左側がそれ です)。

ドアを開けるとき、ちょっと重くてある種の儀式のようですが
決して入りにくいスノッブなお店ではありませんのですよ。

とってもおしゃれだけれどゆっくり落ち着ける と言う
稀有なお店だと思います。

くどいようですが、是非もんでお薦めします!!。

posted by たみ at 13:50| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

洋食屋ゴーシュ(長崎市 アーケード近く)(追記 も読むべし(笑))

行くべし!

洋食屋ゴーシュ。

と、センセーショナルな感じで始めましたが、
他に言う事は無し(笑)。

例によって、ぼけぼけ写真。
こう見事にぼけぼけだと、
もしかして意図的なものかも知れん・・と思ってもらえ・・ないか(笑)。

go-shu2.jpg


go-shu1.jpg
えっと、これは中から見たとこで、
外から見るとちゃんと

ぐるぐる 洋食屋 ぐるぐる ゴーシュ

営業中

となってる はず。

兄妹お2人でなさっています。
(初めての人は 夫婦と間違ったりするそうです・・・確かに。)

ずっと せん には、
新大工町の商店街(今で言う シーボルト通り)2階。
(真ん中のまぁるいカウンターが懐かしいです。)
そして次に、やっぱり新大工町の桜馬場との境あたりの2階。

で、今は東古川町(あってるのか?)の1階。
観光通りのアーケードを出て信号を渡って次の角(コンビニ)を右折。
(追記 先日行ったら、角はコンビニじゃなくなっていました。
 とにかく「次の角」を右ですね。)
右側を見ながら歩くと ほらそこに シアワセの入り口。

あー じゅるじゅるしてきた。

その時々の仕入れによってさまざまに工夫された料理が食べられるので、
一通りメニューを眺めたあと、
時間と
(料理はゆっくりと出てくるので、急いでいるときは単品で(笑))
お腹と
(勿論「少なめで」と伝えればよいハナシなのですが)
サイフが
(これは、あくまでも私基準ですが、ちょっとがんばります。
 なかみがサミシイ時には、やっぱり単品で(笑))
だいじょうぶそうだったら
「おまかせでお願いします」と言って下さい。
そのほうが、会話もたのしめたりしますし

どんくらい食べるのかな とか、
ペースはどうかな なんて しっかり観察してもらえますしね。

あ、ちゃんとデザートまで、お腹の容量はとっといてくださいね。
安くておいしいワインも。

小さなお店なので、予約 したほうが確実なのかも知れません。
夕方からのオープンで(土曜のみランチあり)日曜定休だったと思います。
(申し訳ありませんが、例によって詳細や電話番号は、お調べくださいまし。)

ちょっと癖のある(かも知れない)マスターは音楽にも造詣が深くて、
顔に似合わず(失礼・・・)英語も堪能だったりしますです。
(「ウィ ハブ」なんて具合にほとんどカタカナ表記で聞こえるのに、
 なのにとても流暢なのです。
 えっと、ばらしちゃいますケド、
 マスター、以前結婚してらして、奥様アメリカの方だったんですよん。)

楽しんでください! 洋食屋 ゴーシュ。

因みに ゴーシュ は、勿論宮沢賢治のセロ弾きのゴーシュ の ゴーシュなのでした。


追記
先日ゴーシュで 
恋人らしきペアが、メニューをためつすがめつして
「パスタ」と注文しているのに遭遇。
あの、大きなお世話は百も承知です。承知ですが老婆心ながら、
今日すごくすごく美味しいのはもしかしたらそれじゃない。と。
メニューだけを見て決めるんじゃなくて、
是非 是非 マスターにひと声かけて
せめて「今日のオススメ」を聞いてくだされーー。と。
ご本人達にはとても言えなかったので、
ブログで声を大にして言います。
ここ見て「ゴーシュへ行って見よう」と思われた方々に是非伝えたい。
せめて「今日なにがオススメです?」のひとことをマスターに!と。

えっと、チカラ入ってしまいましたが、
私、ただのファンであって
決して関係者ではない事を申し添えておきます(笑)。





posted by たみ at 04:24| 長崎 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする