2013年03月07日

グランドカバー「ヒメイワダレソウ(リピア)」


今朝雨戸を明けると、正面(南東〜南南東あたり)に 月齢25日の月。

20130307.jpg

しばらくぼんやりと眺めておりました。

東証の株価が何年かぶりに12,000円を越えたのだとか。
アベノミクスなのだそうで、
そういうところを主にあれこれしてそれで経済をどうにかしよう
っていうのは、
結局「先食い」に過ぎず、
そういう歪みはどっかに「断層」をこさえ、いつかそこに落っこちる。
のは、結果としての必然なんじゃなかったのかしらん と
ようは分からんままに言ってみたりして。

ま、さておき。

先日身長を測る機会があって、174p。
結局やっぱり最盛期(笑)より1p縮んだのを再確認。
最盛期(笑)より1p近くなった地面に気持ちが向くのは
ま、必然でしょう と、今年はいくらなんでもいよいよ雑草対策。
(すっごい強引な展開ですが・・・)

例年、雑草ぼーぼー。
かといって草刈り頑張るわけじゃなく
(雑草じゃ死なん!って言ったとか言わなかったとか)
さらに
除草剤まくくらいなら雑草を掻き分けて生活するほうを選んでやる。
みたいな感じで、
いくら何でもこれはやっぱりそろそろどうにかしなきゃでしょう。
と、
「グランドカバー」

実はこのグランドカバーという方法(考え方)
以前一度試したことがあるのですが
若干のミーハー的な あれ も手伝ってしまって結果選択したのが
芝生の中ではもっとも強い(らしい)という
「セントオーガスチングラス」という品種。

あの、ちょっと考えれば分かることなんですけど、
芝生ってどんなに強くっても結局「手入れ」をしないと、
「芝生」にはならないんですよね。
植えてそのままにしておくと、結局雑草と変わんない と。
芝刈りできるくらいなら、草刈りだってできる。
ってことは、草刈りすら出来ないアタクシには、
芝刈りなんてできるわけが無い と。
かくして植えたはずの「セントオーガスチングラス」は、
雑草の波に飲み込まれていったのでした。

そんな哀しい歴史を繰り返さないためにも、
今回はも少し慎重に我が家の「グランドカバー」となる植物を探してみました。

ヒトの話も聴いてみて今回たどり着いたのが
「リピア(ヒメイワダレソウ)」
スーパーイワダレソウ っていうのもありちょっと惹かれたんですが、
予算の都合もあって今回はリピア。

植栽二週間前(だったかな)に除草剤を蒔いて下準備をしておくのが
一番良い ということですが、勿論即却下。
植えた後はしばらくの間毎日水遣りを。だそうで
え、そんな軟弱な事でウチの雑草達に打ち勝っていけるのか?と
超わがままな視点での物言いを反省して、
ま、環境に馴染むまではそんなこともあろう と承認。

そんなこんなでやってきました
リピア。

20130225himeiwa1.jpg




さ、植えよう と、ちょっと地面を掘ってみると、
地表5cmくらいは、毛根がぎっしり。
そっか、生存競争はすでにここではじまっているのか。
20130225himeiwa2.jpg



20130225himeiwa3.jpg



20130225himeiwa4.jpg

軽く踏んでください みたいなことらしい。



20130225himeiwa5.jpg

うーん、こんな感じか。

あとはしばらくの間水遣りを欠かさないようにして と。

1ヵ月後くらいに続編 お楽しみに(上手く行ってたら ね。笑)。


20130225himeiwa6.jpg

それにしても、雑草の根っこって、やっぱりものすごい と改めて。
道具だって、大切に保管しなきゃね・・・(凹)

そして事の顛末は コチラ(ブログ内リンク)
posted by たみ at 17:47| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の額ほどの庭で。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする