2016年10月28日

水辺で暮らす。

水の近くで暮らしたい。
モノゴゴロついたころからの夢です。

20161028umibe .jpg

朝目覚めて、
こんな場所でコーヒーなんか飲めたらな と。
そりゃあ 良い事ばかりじゃないのはわかってるけどさ・・・。

posted by たみ at 22:41| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

今日の月。

昨日の栗名月は残念ながら雲が厚くて見られず。
で、
今日(2016年10月14日)の月。

20161014tuki3.jpg


20161014tuki1.jpg


20161014tuki4.jpg

ひんやりしてる。
なんか秋の虫も、すこし静かだし。


ノーベル文学賞、ボブ・ディランがとったらしい。
おー。

ディランにくっついている肩書を見ると、
「歌手」「シンガーソングライター」「ミュージシャン」
「ミュージシャンで作詞家」「フォークの神様」
果ては、「ロック界のレジェンド」なんてのも。

いくつかの新聞では「歌手として初のノーベル文学賞受賞」
という紹介。
授賞理由が「新たな詩的表現を創造した」って事だから、
「歌手として」受賞したのとはちょっと違うような。

で、
受賞後の最初のライブがラスベガスのホテル っていうのも
なんかこう 
「えそうなのかぁ ボブ・ディラン ラスベガスのホテルでライブかぁ」
みたいな ワタシの勝手なイメージだけど
ちょっとしっくりこないっていうかもやもやするっていうか。

なんかニュースとして眺めていて
納得できるようなできないような
いろいろ不思議な感じなのでした。

個人的には、
ディランよっかザ・バンドの方をよく聴いたな・・・
(一緒にすんな って事でしょうけど)
なんのかんの言いながら、
結局昨日からボブディランを流している
ミーハーなワタシ(笑)。

村上春樹さんがノーベル賞を受賞される日は来るのでしょうか知らん。

posted by たみ at 20:14| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

秋なので、さろまにあんに。

空の色が変わり

201608ainanode.jpg

絶え絶えになくツクツクホウシと
大合唱する秋の虫たち。

そんな秋の夕べ
ちょっとしみじみしたときには
やっぱりJAZZでしょう  と・・・。

20160730saromanian1.jpg


さろまにあん。

カウンターに座って、
ふー と。

20160826saromanian1.jpg

ま、
そんな自分に酔ったりする時間も、
きっと大切なのでしょう。

なんてね。

結局マスターのミゾグチさんと
なぜか孫のハナシになってしまったりして・・・

あきなので  と陶酔したりするのは
なかなかに難しい(笑)。





さろまにあん。(ブログ内リンク)

20160730saromanian2.jpg

posted by たみ at 17:08| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

たがつくりたまひしいのちなる

玄関先の足元に。

20160614kumonosu.jpg

しばらくしゃがみ込んで眺めていたら
3か所も蚊に刺されるっていう・・・(笑)。
posted by たみ at 20:35| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

個性 ここしばらく。

ここしばらく姿が観られず、
もしかしたら あれ が取れちゃって
見分けつかなくなったのかもなー
とか
もしかすると あれ のせいで 生存競争に勝ち抜けなかったのか知らん
とか
そんなふうにぼんやりと風に乗って高く舞う鳶をみてましたが

3月4日 久しぶりに あいつ(ブログ内リンク)

20160304tobi2.jpg

20160304tobi1.jpg

たまたまついた 傷 のようなものなんでしょうが、
好戦的な性格 なんだか
縄張りを死守しようとしてる んだか
あるいはもしかしたら
雛をまもろうとしてる んだか
結局 傷 の由来って 彼
(彼女? 鳶の雌雄って、ぱっと見で区別がつくもんなのかしら)
の側にもあって、
なんていうのか「個性のありよう」ってなんだろな
みたいなことをすこし考えてみたり。

ま、とにかく 元気でよかった
っていうか、結局
やつの、あの羽 がとれてしまったら、
見分けつかなくなっちゃうんですけどね。

早く取れて欲しいような欲しくないような・・・(笑)。

posted by たみ at 10:56| 長崎 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

今日のトリ(笑)

今日昼過ぎ
ふと外を見て。

20160206dobato.jpg
小雨の中電線の土鳩と

何週間か前から時々見かける、
右の翼をどうにかした 鳶。
20160206tonbi.jpg
烏とバトルでもしたのか
仲間と喧嘩でもしたのか・・・。

どうやら近くの森に住んでいるらしく、
わりとしばしば見かけるのでした。

飛びにくかろうに と観るたびに。


めったに見ることのない「占い」を出会い頭に見てしまった。
それによると「宝くじにあたるかも」なんていうご託宣。

ま、これも何かの縁
ここは一発
年末ジャンボとサマージャンボ以外はほとんど買ったことのない
「宝くじ」を買ってみましょう と、
某宝くじ売り場へ。
キャリーオーバー発生中 だというロト7と、
西日本宝くじ(だったか?)合計1600円を出費。

二千万円あたったら なんていう話でしばらくヨメと盛り上がり
なーんてね と
1600円分の夢を見て、帰ってカレーを食べる。
そんな今日の昼さがりのトリ達なのでした。

posted by たみ at 21:25| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

2015/05/15 雨の朝。


休日の雨の朝は。


20150515yume1.jpg


20150515yume3.jpg

20150515yume7.jpg


20150515yume5.jpg


自分の魅力を知っているのでしょう
自然なポジショニングやポーズが
カワイイ溢れる(?)絶妙なそれになってしまう
「もだつ」。

20150515yume2.jpg

3姉妹の長姉「もだつ」は
ウチに来てからもう10年。
そういえば猫の年齢って、とちょっと検索してみると、
(諸説あるようですが)ヒトで言うと、もう56歳。
そうか
ダンボール箱に入って連れられてきた
あんなにちいさくて
ヒトのあと
おぼつかない足取りでみーみ−鳴きながらついてまわっていたあんたも、
もう56歳(諸説あるようですが)か。

って事は、
ウチ来た時まだ目が開いてなくて
やみくもに自己主張して
ワタシの掌の上でスポイドからミルクを飲んでたあんた達も
20150515yume8.jpg
すでに44歳とか52歳とか(諸説ありますが)なのか。
無邪気にじゃれて来て
いつまでもコドモだとおもってたけど
家猫は、子猫の要素を思いっきり残してる って
確かにほんとの事なんだな。

休日の雨の朝
なんか知らんけど過去の写真あれこれして妙に感傷的になっている
還暦のおっさん(諸説ある・・・わきゃ無いか(笑))は、
ワタシです。
(あ、ゴールデンウィーク 休まなかったもんすから。
 と、誰に言い訳?)


雨の朝だし、
おっさんにだってこんな日もあるさ ってね。

posted by たみ at 10:49| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

テオ・ヤンセン展 長崎県美術館。2014年12月1日。


なんかこう、ずっともやもやしてましたが、
思い切って(笑)。
昨年(2014年)12月1日
長崎県美術館に、テオ・ヤンセン展を見に。

このテオ・ヤンセン展 
見たくて見たくて、2011年9月に
大分市美術館まで出かけましたが(ブログ内リンク)、
それが長崎で見られるっていうんで、勇んで。

えっと、あの・・・。
ビースト達、確かに
カタチも動きも凄く面白いし、
いくら見てても飽きないくらい魅力的。
でも、
こういうコンセプチュアルなものって
「物語」を伝えることがとても大切なんだと思う。
今回の展は、
なんか、そこんところがイマヒトツうまく行ってなかった
ような気がしてしようがありません。
その事がすごく勿体無くて・・・。

たとえば、このストラントビースト(ビーチアニマル)達
「海岸に棲み、風を食べて動く生き物であり、常に進化し続けている」
「動かなくなった固体は『化石』と呼ばれている」
っていう、
それだけの事でも、
展示パネルや展示室ごとにちいさなモニターを使って説明する
っていうやりかただけじゃなく
展示方法や、デモンストレーションのときの解説なんかで
もっと上手く伝えることが出来れば、
動きや造形の面白さにとどまらず
展自体がさらに奥行きを持つものになった筈なのに、
と。

例えば大分市美術館で見た、
展示室に砂浜をしつらえて、
動かなくなったビースト(化石)の横で
コドモタチが砂遊びをしている様子なんて、
直感的に何かが伝わってくる光景だったりしてたし。

今回
なんかこう、
とても残念っていうかイマヒトツ物足りないっていうか勿体無いというか、
そんな風に思えたのは、
私自身見るのが2回目だから って言う事だけではなかったような気がして
しようがないのでした。

と、
シロウトの超勝手なたわごとです。
諸々ご容赦の程。


とは言え
やっぱりなんかワタシを惹きつけて止まない
テオ・ヤンセンのビーストたち。

20141201teo1.jpg

20141201teo2.jpg

20141201teo3.jpg

20141201teo4.jpg

20141201teo5.jpg

20141201teo6.jpg

20141201teo7.jpg

20141201teo8.jpg

20141201teo10.jpg

20141201teo11.jpg

20141201teo12.jpg




posted by たみ at 02:01| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

2度見する・・・誰かの気配?

今朝、
我が家の小手毬咲きました。
20150415kodemari.jpg

そんな今日の出来事。

出かけようとぼんやり玄関を出た と思って下さい。

素通りした景色がなんとなく脳に届いて
ん?
と。
もしかして誰かと目が合った?

2メートルくらい戻って、
わ、と2度見。

慌ててカメラを取りにウチへ取って返して
激写(笑)

その物件が これ。

20150415nidomi1.jpg

ほんとびっくり。

正面から見ると、
また違った表情が。

20150415midomi2.jpg

なるほど、そういうことになっていたのか
と。

人間
ふたつ丸ありゃなんでも顔として見ちゃう っていいますけど、
けっこうなクオリティで、「顔」でした。

今日1日、何とはなしに思い出しては
「いやぁ、顔だったなぁ」と
にやにやしていた変なおっさんは、
私です。
ひとが1人で妙に「にやにや」したりするのには
それなりの事情があるもんだ
って事なんだな
と、改めて。(・・・そこかい!・・・(笑))


posted by たみ at 19:30| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

いちょう。


某所
いちょうの新芽。

生まれたばかりのいちょうの新芽は、
すでに、いっちょまえのいちょうの葉の形をして・・・。

20150409ityou.jpg

なんかこう 笑ってしまうような
こんなに小さくてもいちょう。

卵からわらわら湧いて出てきた生まれたばかりのかまきりが、
すでに親の相似形であることにびっくりしてしまったときと
(あれほどのインパクトはないにしても)
ちょっと似ている。


posted by たみ at 00:49| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

こなきじじいの集団。

浦上街道某所。

ここ通る方は思い当たりますよね
壁面緑化あるいは窓のグリーンシールドのようなものかな。
201406konakijijii.jpg
ただ、今の時期(2014/6/11現在)これって事は、
もしかして枯れてる?
こういうのって
きちんと維持していくのには思いの他手が掛かるし
さりとて撤去するにも諸事情が
みたいなことで
こんなことになっているのでしょうか・・・。

それはそれとして、
これ見て一瞬浮かんだのが
ここには
「こなきじじい」の集団が暮らしていて
一仕事(?)終えたこなきじじいたちが休んでいる間
それぞれの蓑を外に干している
というストーリー。

そう思ってみると、なかなかの趣(笑)。
って
笑ってばかりも居られない。
だってこれ、資金のでどころは 税金・・・。


posted by たみ at 15:34| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

花見って言ったって。 先ず立ち呑み


名目は花見でも
201403moriyamasaketen.jpg
とりあえず花は無くても始める と(笑)

そんでもって、
いまや桜の事全く忘れて
〆になだれ込む と(笑)。

201403hanami2.jpg

201403hanami3.jpg

posted by たみ at 23:49| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

朝。


20130928.jpg


朝はやって来る と。

20130928a.jpg

posted by たみ at 08:51| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

1日


妙に赤い「不吉」の文字が浮かぶくらいの月の出。

20130923tuki.jpg


そんな風に思ったことさえ忘れて
朝が来て

20130924asahi.jpg

こんなとこまで朝日が届くようになったんだー
と猫を眺めて

20130924neko.jpg

今日も又新しい1日が。


posted by たみ at 07:27| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

銘柄

某焼き鳥屋にて。

「生ビールとノンアルコールビール下さい。」

「ノンアルは、キリンとアサヒ どっちにします?」

「・・・」

すごい時代です(おおげさか)
まさかノンアルコールビール注文して
銘柄尋ねられるとは思っても見ませんでした。

「ナマいっちょう! ノンアルキリンいっちょう!!」

日本酒の銘柄とかこんなに揃っていて
ノンアルも銘柄尋ねられるのに、
所謂 生ビール の選択肢は無いのね と
選択肢のない「ナマ」呑んでいるヨメの前でノンアル飲みながら
脳みそに小骨ささったようなそんなキモチで
言ってしまえば「シラフで豚バラ食ってる」午後8時の焼き鳥屋
なのでした。

posted by たみ at 04:29| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

葛の葉に。

葛の葉に空蝉。

なんでまた
こんなに不安定な葉の先で羽化しようと思ったのか知らん。

なんて具合にぼんやり空蝉を見ていたら、
もう8月が来ていたのでした。

20130802utusemi.jpg

posted by たみ at 03:01| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

脳内変換。

先日、路面電車の広告をぼんやり見てて、

20130704kakaku1.jpg

「へー、
 こんなものにまで価格comの最安値が影響してるんだ」
なんて思って意識が通り過ぎた後に、
ん?・・・と。

20130704kakaku3.jpg

何故故にこれを
「カカクコム」だの「安値」だのって読んでしまったのかなぁ・・・。
と、苦笑い。

実は最近
買おうか買うまいか迷っている あれ について、
カカクコムのチェックを何度かしていて、
それで、思わずこんな脳内変換を呼んだのでしょう。

なんてもったいぶっても仕様が無いか(笑)。
ここんところ
使っているコンデジのズームの望遠端付近が合焦しない
と言うことが続いたので、
「コンデジだけどオート以外の選択肢が多めで、
 発売後だいぶ経過して安くなった物件」
を物色していました。

そんで、こんなことがあったもんだからなんか楽しくなってしまって、
迷っていた あれ を、買うことにしてしまったのでした。

posted by たみ at 21:52| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

銀杏(ぎんなん)のオスとメス、他。


銀杏に雌雄がある事は知っていましたが、
銀杏に雌雄がある事は知りませんでした。

と、
文章変ですが
いちょうにしゆうがあることははしっていましたが
ぎんなんにしゆうがあることはしりませんでした。
って入力するとこんな文章に。
(「いちょう」って入力したら最初は「公孫樹」って変換されたんですけど、
 なんかちょっと面白くて(笑))

さておき、

20130109ginnan1.jpg

このぎんなん、雌雄を並べて撮ったものですが、
さて、どっちがどっちでしょう?
(写真とほでスミマセン、
 これ、ピント 確実に「背景の木目」のほうに行ってますね。)

えっと、
この写真じゃ私もどっちがどっちだか、分からないです・・・

こうすると、違いが分かりますね。

20130109ginnan2.jpg

この、向かって右側のあまり見かけないフォルムをした銀杏の実(ぎんなん)が、
「雌」のぎんなん。
つまり、実のなるいちょうの木が生えてくる実なんですって。

何で雌雄の実の形が違うのか、
何で形を変えなければならなかったのか、
何でそれが成功しているのか、
植物の生き残りをかけた戦略も、なかなか奥が深そうです。

因みにこの雌の実、これを教えてくれた知人が
「100個に1個くらいしか無いよ」って言ったらすかさず奥様が、
「いくらなんでもそこまではないでしょうけど、
 でも、とても少ないんですよ」と。



あの、
もういっこ、しょうもない話で恐縮ですが
タイトルの「他」のほうも。

テーマはこちら。
20130109shamoji1.jpg

先日、18年間(たぶん)使用していた炊飯器が壊れてしまい、
新しく購入したのであるが、
 (とは言え、壊れたのは圧力調整用のプラスチックの小さなパーツ。
  元は白かったはずだがずいぶんと黄変しており、どうやら経年劣化で壊れたらしい。
  早速パーツを取り寄せようとメーカーに問い合わせてみると、
  「そのパーツはすでに無いし、代替品もありません」との返事。
  これが壊れたままでも
  「水分の足りない美味しくない」ご飯は立派に(?)炊けるのであるが
  どう工夫しても、それ以上にはならない。
  このまま美味しくない飯を食い続けるのは精神衛生上も良くない と言うことで
  微妙に納得がいかぬまま、泣く泣く新たに購入する運びとなった次第。)

話はその炊飯器に付属していた「しゃもじ」のこと。

20130109shamoji2.jpg

ウチには、買った覚えも無く、必要も無いのに、何故だか5〜6本のしゃもじがある。
いままでは気にした事もなかったが、そう思ってみると、
なんと1本をのぞいて総てこの「とげとげ加工」の施されたしゃもじ。
つるんとしたその1本は、18年前に購入した件の炊飯器の付属品であって、
その後景品だのなんだのでウチにやってきたしゃもじには、総てこのとげとげが。

「ご飯がくっつかない画期的な」という触れ込みで
とげとげ加工の施されたしゃもじを販売している通販番組を見た記憶があるが、
あれはいつ頃の事であっただろうか。
少なくとも18年前のデフォルトは、つるんとしたしゃもじ であったようなので
この18年くらいの間にこのとげとげしゃもじは、
保守的であろうと推察される「炊飯器の付属品」として使用されるまでに
しゃもじ界を席巻してしまったらしい。

ほんとにそうなのか?
つるんとしたしゃもじだって、ちょっと濡らせばほとんど変わらんのじゃないか?
と、
炊飯器の付属品であるとげとげ加工の施されたしゃもじを片手に、
しばし感慨に耽る私なのでありました。


えっと、しょうも無い話
ちょっと文体まで変えて書いてみましたが、
やっぱり しょうも無い話のまま でした(笑)。

最後までのおつきあい ありがとうございました。
なんか、申し訳ないような・・・。

posted by たみ at 09:51| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする