2018年04月05日

白い花。今の庭の主役。

春から初夏にかけて、
白い花が咲き継ぐ庭を とあれこれしてきましたが、
今の主役は これ。

20180405himeringo1 (480x640).jpg
姫林檎の花。

DSCF2419 - コピー (640x427).jpg

20180405himeringo5 (640x480).jpg

姫林檎は、幹の中央部から咲き始め、徐々に外側に広がっていくと言う
ちょうど花火が広がっていくような雰囲気で咲き進む。
20180405himeringo2 (640x508).jpg
中心部には、散り始めた花も。
20180405himeringo3 (640x608).jpg
徐々に外側に伝播していき
20180405himeringo4 (640x480).jpg
枝の先には、まだ濃いピンク色をした蕾。
遠くから見るとグラデーションがなかなか美しい。


ソメイヨシノ。
20180405tirusakura1 (640x497).jpg

20180405tirusakura2 (640x430).jpg
花と蕊と葉。こんなバランスで残っているのは、ちょっと珍しいのかも知れない。



桜の花びらはそこここに散り敷かれていて
20180405tiisaihana2 (640x494).jpg
小さな花を撮っても

201804azamia (640x445).jpg
アザミを撮っても

知らないうちにバックに写り込んでる。


そしてこの後白い花を咲かせる木が
続々と芽生えています。
20180405yamabousi1 (640x480).jpg
これは、ヤマボウシ。

そしてウチのシンボルツリーである ヒトツバタゴも(なんじゃもんじゃ)
20180405hitotubatago (640x480).jpg



雑草 として生えている草草にも花。

20180405kinpouge1 (640x503).jpg
キンポウゲ。ソリッド感がたまりません。


野いちご。
20180405noitigo1 (640x463).jpg

咲いている花 散った花 実に変身中の花。
20180405noitigo2 (640x480).jpg

この綿毛になって飛んで行く5mmにも満たない小さな花の名は
20180405tiisaihana1 (640x456).jpg
何て言うのか知らん。

向かいの山も急にもこもこと生命感にあふれてきたし
いよいよだなー と訳もなく(笑)。

posted by たみ at 12:13| 長崎 ☁| Comment(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]