2018年03月27日

蜜の味 その2 桜って。

と言う訳で (あ、ここ(ブログ内リンク)の続きです。)

ヒヨドリの動きをずっと見ていると
なんと、
ウチの8分咲き過ぎの桜に止まったかと思ったら
20180326hiyodori.jpg
枝から枝へ移りながら
花びらに顔を突っ込んでいるじゃあありませんか。

ソメイヨシノの花ってあんまり「香り」とか言わないし、
実つけることも無いし(と思っていました。どうやらそうではないらしい。)
いわば「あだ花」なんだと思っていましたが、
ソメイヨシノだって蜜出したりして、受粉したいんだなぁ とか
何て言うのか、
生きているもの の 生きている「こと(意味)」みたいなことを
改めてしみじみ考えたりしたのでした。

それにしてもこのヒヨドリ
どんなきっかけで 蜜の味 を覚えたんでしょうかしらね。
posted by たみ at 08:59| 長崎 | Comment(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]