2017年02月28日

出島表門橋。半島は今日も霜。


2017年2月28日朝。

20170228asa1 .jpg

我家の梅も、盛りを過ぎました。
20170228asa2 .jpg

そんな西彼杵半島
2月最後の朝も霜。

20170228simo .jpg



昨日(2017年2月27日)出島表門橋が。

20170227dejima1.jpg

20170227dejima2.jpg

20170227dejima3.jpg

この「表門橋」
鉄製で長さ38.5メートル重さ約55トン との事で、
おー、こんな風にうりゃっと架けるのね と。

現役当時の出島(?)には
陸との間に長さ約4.5メートルの小さな石橋が架かっていた。
川幅を広げる工事が明治時代に行われて撤去され
その後、出島の周囲は埋め立てられ、北側は中島川になっている。
のだそうで、
この石橋、残しておけなかったのかなぁ と。
ま、当時 遺構を残す と言う発想がほとんどなかったのでしょうから
仕様がないと言えば仕様がない事だろうけど・・・。


20170227dejima4.jpg
こちらは現在「出島橋」と呼ばれている橋。
表門橋懸架を見ようと人がびっしり。
出島側や国道499の橋にも沢山のギャラリーがいたので
(ワタシもその中の1人ですが・・・)
さぞSNSが賑わったんじゃないか と。

こちらの出島橋もなかなかの由緒持ち(?)で、
(この「出島橋」があるので、今回の新しい橋が「表門橋」と表現されているのでしょうね。)

竣工明治23年(新川口橋として当時の中島川の河口に懸架)
同43年現在地に移設(旧出島橋の老朽化に伴い現在の位置に移設)
米国から輸入されたトラス橋(ピン結合によるプラットトラス橋の鉄製道路橋)で、
わが国で供用中の鉄製橋梁としては最古
という事で平成15年度 土木学会選奨土木遺産に指定されています。
(数字、呼称は土木学会及び長崎観光協会のHPによる
 尚、ナニカに引用される場合は、必ずご自身でお調べくださいますように。)


2月も今日でおしまい。
諸々一気に年度末進行!

posted by たみ at 11:54| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島の朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447456820

この記事へのトラックバック