2016年12月08日

大子の大イチョウをカヤックから。

プロローグ (笑

朝 テレビで
「ダンスキレッキレの元気なおばあちゃん」の話題。
(いつも朝はお天気チャンネルにしているんだけれど
 今日はどうしたことかどっかのワイドショー)
「おばあちゃん」の年齢の段になってびっくり「61歳」だと。
61歳つかまえて「元気なおばあちゃん」かい! とテレビに向かって。
「元気なおばあちゃん」の裏返しは
「年寄りの冷や水」だったり「年甲斐もなく」だったりして
これらはきっとおんなじ文脈で語られる。
(例えばこのおばあちゃん(61歳)が捻挫でもすれば
 年甲斐もなく無理してダンスなんかするから なんてことに
 いとも簡単になってしまう。)
そんな「元気なおばあちゃん(61歳)」という表現が孕んでいる危険を
テレビを作っているヒト達はきちんと理解しているのだろうか と
すごい高いテンションで「元気なおばあちゃん」の紹介をしている画面を眺めながら
「元気なおばあちゃん」と同い年である61歳のワタシは危惧するのでした。

その流れで言うと私の「これ」は「年甲斐もなく」でもあるんだろうな と
なにか割り切れない気持ちを振り切って、カヤックをカートップする と
ポリカヤック 超重いです。
ほんとに「年寄りの・・・」になっちまわないように
腰回り鍛えとかないと危険(笑)

さ、塩釜神社脇 大子の大イチョウ(ブログ内リンク)を
海から眺めに行きましょう。

今日は幸いなことに(?)「漕ぐぞ!の気合い」をウチに置いてきたので
思いつく限り大子に1番近い出艇場所までカヤックを運び海におろす。
(言ってみれば 頂上まで車で行って展望台までちょっと歩く みたいな)

20161208ityou.jpg
出艇の準備をしている時のわくわくする気持ち は
いつもとても良いものです。

なんか暖かい。

ほどなく大子のイチョウが。
20161208ityou2.jpg

まだ「はらはらと散り続ける」までには至っていない。

下までくると
20161208ityou4.jpg
いつも見ているより視線が低くて

20161208ityou7.jpg
おー。と。

思ったより海に張り出している。
20161208ityou5.jpg

20161208ityou6.jpg

はらはらと散る頃に また来てみたい。

目を引いたのは、
大子まで漕ぐ途中で見かけた廃屋。
20161208haioku1 .jpg
少しづつ風景に溶けていくのだな と。

朽ちていくもの って、
20161208haioku .jpg
妙に美しい ような気がする。

20161208haioku2.jpg
ツワブキの花が印象的でした。


・・・・・写真加工し過ぎか?(笑)。

大子の大銀杏
落葉を浴びにもう1度こられたらいいけど
なかなかうまくタイミングあわないよなぁ。

posted by たみ at 20:51| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実に良い廃屋です。欲しい(笑)
直せば住める。勿体ない❗

形上のニュー琴海病院近くの突堤ならば、車からカヤックをおろせば海です(笑)

なんせ突堤に車停められますから(爆)
Posted by あおたんと at 2016年12月09日 23:46
直すの、なかなか大変そうな佇まいでした 廃屋。
それにしても、こんなところに住めたら毎日夢の様で、仕事しなくなくなる事必至(笑)。

私の場合、出艇ポイント車でどれだけ近づけるか は、
プライオリティ1番!(笑)。

Posted by たみ at 2016年12月10日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック