2016年11月05日

外海の海を漕ぐ。

琴海シーカヤッククラブ(で合ってましたっけ)会長の
Mシマさんのお誘いで、
総勢5名、三重漁港出航で外海を漕ぎました。
(これ、がいかい・そとうみ ではなくて そとめ と読みます。
 2005年に長崎市に編入し外海町の名は無くなりましたが、
 今でもこの地区は、町名よっか「外海地区」と言った方がわかりやすいのでした)

ダイナミックな風景に魅了され圧倒されて時間を忘れてしまいます。
加えて地質やら鉱物やらにとても詳しいSさんの解説付き っていう贅沢。

先に言い訳を(笑)
防水ケース越しのケイタイの写真で、
ただでさえとほほな腕なのに・・・以下省略。

スケール感が解りにくいですが
20161105sotome1.jpg
例えば

この写真、岩と海の境に浮いている青い鉛筆のような物体が(笑)
20161105sotome2.jpg
長さ5mほどのカヤックです。

20161105sotome3.jpg


20161105sotome4.jpg
海からの遠藤周作文学館 ここ とか ここ(ブログ内リンク)です。
今、遠藤周作の代表的な作品「沈黙」の
マーティン・スコセッシ監督による映画化の話題で盛り上がってます。


20161105sotome5.jpg
昼飯上陸。


20161105sotome6.jpg


20161105sotome7.jpg
写真向かって右側のもこっと高いところが、大城公園展望台(ブログ内リンク)。
で、左側手前が、小城。
(夕陽が丘そとめの正面にどんとあるあれ。)

ここまで重い振り分け荷物を担いできた大男
すっかりくたびれてしまったので村の人に味噌をねだると、
あっさりと断られてしまう。
怒った大男、担いできた振り分け荷物をここに放りだてしまった。
それがこの大城小城なのです。
って言う味噌五郎伝説の、まさに それ ですね。


いつも漕いでる大村湾とは表情がまるで違う海。
堪能しました。

Mシマさん 有難う!
また誘ってね。


★出艇場所について。

三重漁港、新漁港の西側のいわゆる旧三重漁港 です。
ここの西側に公園・グランドがあり、その奥(西南)にスロープ。
このスロープには船がたくさん置いてありますので、
陸上の係留ロープに気を付けて、
又、港内は結構な速度での船の出入りも多く、堤防には釣り人も。
くれぐれも邪魔にならないように。
車は、グランド横に駐車スペースがたくさんありますので
必ずそちらに移動を。

カヤック使用禁止 なんてことにならないように 是非。

posted by たみ at 22:05| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443548788

この記事へのトラックバック