2016年11月04日

長浦岳(西彼杵半島最高峰)に登る。

このブログを始めた頃、
やっぱり行っておくべきでしょう西彼杵半島最高峰 と、
登山口探したりしたんですけれど見つけられず仕舞いで、
その後も折に触れてなんとなく気に掛けてはいましたが
そのうちに忘れてしまっていました「長浦岳征服(?)」。

で最近、こんな看板が立ってるよ。との情報を入手。

201611nagauradake1.jpg

何と!長浦岳入口の看板じゃありませんか。
これはもう行くしかないでしょう。

場所は、と言うと
201611nagauradakeiriguti2.jpg
県民の森東ゲートの道向かい。


201611nagauradakeiriguti1 .jpg
この「ハイブリッドの森」の看板は以前から見ていましたがその横に件の
これ。
201611nagauradake1.jpg
いつ立ったの?そういえば、ここ何年かは、全く気にしていなかったし・・・
ま、登れることになったのだから、良しとしましょう。
整備してくださっている と言う「森林ボランティア」の皆さんに感謝しつつ、
さっそく。

登り口。
201611nagauradakeiriguti.jpg
これは下りの際に撮った写真ですが、
登る時には「ややっ、こんなに草ぼうぼうしてるけどこの先大丈夫か」と。
こんなこともあろうか と
ご一緒したM氏が持参の「柄の長い草刈り鎌」を先頭に登り始めます。
すると
201611nagauradakemiti2.jpg
えっと、気分は「あらら・・・」
草ぼうぼうなのは、登り口の写真の部分だけでした。

雨の翌日だったからか1箇所こんな感じになっていましたが
201611nagauradakemiti3.jpg

登り口と頂上付近以外の行程は
ほとんどこういうきちんと(?)轍のある道。うーん。
201611nagauradakemiti1.jpg

ま、
さすがに半島の山なので
ところどころに猪の痕跡。
201611nagauradakemiti4.jpg

「ほら、こんな時のために準備した『熊よけの鈴』」
たらららったらーん! とドラえもんのごとく
カバンから何でも出てくる準備万端なM氏なのです。

何と言っても
頂上を指す標識が随所に立っていて、道に迷う心配はありません。

201611nagauradakehyousiki1.jpg

201611nagauradakehyousiki2.jpg

201611nagauradakehyousiki3.jpg


写真撮りながらゆっくり登って15分。
念願の長浦岳頂上!です。

201611nagauradaketyoujou1.jpg


201611nagauradaketyoujou2.jpg
明治時代に設置された って言う三角点。
(これがそうなのかどうかは、不明)

201611nagauradaketyoujou3.jpg


201611nagauradaketyoujou4.jpg
なんかこう、拍子抜けって言うかなんて言うか・・・

もはやせっせと証拠写真(笑)。


見上げるとこんな感じ
201611nagauradaketyoujou7.jpg

見渡すと、こんな感じで、
201611nagauradaketyoujou5.jpg

ほぼ真北方向に、唯一の眺望。
201611nagauradaketyoujou6.jpg

標高
看板に約561メートルとありますが
国土地理院の電子地図によると
560,8mとの事。
又、「長浦岳」のステンレスプレートにマジックで
201611nagauradake1.1.jpg
560,7 の文字。
これ以上詮索すると、謎に巻き込まれてワタクシ消されてしまわないとも限らないので、
深入りはせずにおきましょう(笑)。

車は、県民の森東ゲートから入りしばらく走ると駐車場が。
ゲートは17時に閉まります との事。

★県民の森ご利用時間について

開園時間は、9時から17時までとなります。
※夏休み期間9:00〜18:30まで開園となります。
正面ゲートと東ゲートは17時に閉まります。ご注意下さい。
17時以降にキャンプ場へ入場される場合は、事前にキャンプ場管理棟へ連絡し、
正面ゲートをご利用下さい。
※天文台の開館時間帯は正面ゲートを開いています。
※12月29日から1月3日は休園いたします。

(以上HPより)

詳細につきましては こちら(ながさき県民の森 森林(もり)からの便りHP)へ。


以上、
西彼杵半島の最高峰「長浦岳」登山記でした。
(お気付きの方もおられると思いますが、
 実は最初の写真にある立て札に「登山口」の文字は無く
 「長浦岳遊歩道」と。
 ワタクシ「西彼杵半島最高峰」と言う肩書に引っ張られ過ぎておりました(笑)。 
 さらに、登山口の程近くに入口がある長浦岳方向へ向かう舗装道路に
 「立ち入り禁止 防衛庁」の看板が立っていて
 ほんとうは登っちゃイケナイ山なのか という勝手な思い込みもあり、
 結果「なんだかなぁ」と。
 しかも、実際に立てる場所としては、実は西彼杵半島で
 ここが1番高い場所ではない という衝撃の事実もあって・・・)
  
えっと、
「不思議な後味」を共有してくださったあなたに、
感謝の意をお伝えしつつ、
今日はおしまい。

こんな感じの長浦岳ですが、よろしければ是非一度は・・・。
posted by たみ at 11:15| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック