2016年10月06日

2016年 大中尾棚田火祭り 更新。

2016年版 大中尾棚田火祭りの情報の更新を。


例の情報交差点(スミマセン 勝手にそう言う事にする と(笑))に、
20161006kokutikousaten.jpg

もう少し詳しい情報が。
(看板は、使いまわしのようですが)
20161006himaturi.jpg

書き起こしますね。
2016年
10月29日(土)
14時30分から  餅つき体験・はた揚げ・ダーツゲーム
          おたのしみ抽選会・餅まき・二胡演奏

17時20分 点火。

神浦川河川公園(ブログ内リンク)よりシャトルバス運行。

主催 大中尾棚田保全組合。



今日(2016年10月6日)の棚田の様子。

20161006tanada1.jpg

20161006tanada2.jpg

彼岸花はすっかり終わってしまっていました。
2014年彼岸花の頃の様子(ブログ内リンク))



大中尾棚田について、先日開催された「神浦散歩未知」のパンフレットに
記載がありましたので、その一部を抜粋します。

●大中尾棚田。
長崎市神浦地区にあり、馬蹄形をした深い曲線が十段ほど重なり
岩肌をむき出しにした山と絶妙のコントラストを見せています。
標高50メートル〜120メートルにかけて約9haに450枚ほどの田が広がり
農林水産省の日本の棚田百選にも選出されています。

2002年大中尾棚田保全組合を結成し棚田を管理。
組合員42名。内 実際に稲作をしている方が26名。
2002年より棚田オーナー制度を導入し
2016度実績で33組の方々がオーナーに。

●大中尾棚田火祭り。
毎年秋に大中尾棚田で開かれるイベント。
6000本以上の明かりを灯し
光の回廊が浮かび上がります。

   との事です。
あの、これ、何かに使用される場合は
文中の数字等必ず再確認をお願いしますね。



posted by たみ at 18:13| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今や賑やかな神浦。

機会があれば、ダムのそばにお住まいの笹野さんと一度お会いください。

炭焼きの茂平窯をされています。
市内ではここの炭を使った地鶏の料理店が有名です。


神浦の最近の発展の立役者です。

遡ること25年ほど前に一度お話しをさせて頂きましたが、半島で生きるってことの達人だと思いました。

是非。

Posted by あおたんと at 2016年10月06日 22:09
茂平窯、
いつも炭を焼く香ばしいようなにおいがして、
通るたびに気になっていました。

笹野さん と言えば、神浦ダム横の笹野食堂の笹野さん でしょうか知らん。

半島のそこかしこにおられる達人たちが徐々に線から面になって行くようになれば、なにかとても面白いことが起こりそうです。

Posted by たみ at 2016年10月07日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442575497

この記事へのトラックバック