2016年06月28日

あと3メートル。

件のトンネル掘削工事(ブログ内リンク)。
いよいよあと3メートルとなりました。

20160628tonneru.jpg

あと3メートルの厚さの残された部分とか
(本当はどんな形になっているのかわかりませんが)
ごりごり掘り進んでくる音とか振動とか
(本当はどんな音がするのか知りませんが)
知らないなりに変にくっきりイメージが浮かんで、
ワタクシ妙にワクワクしてテンションが上がってしまうのでした。

こちら側
(掘削方向出口側。こちらはまっさらのまま
 (勿論出口と思しき場所のぐるりはコンクリートが打ってありましたが
  たぶんここが貫通の場所であろう部分は、山肌がそのままに)で、
 片方からごりごり掘り進む一方通行の掘削らしい)
にも先日までは見かけなかった重機がスタンバっていて
テレビでよく見るような例えば
青函トンネルが貫通して
青森側の人と北海道側の人が握手拍手万歳フラッシュばばーっ涙うるる
みたいな、そこまでの感動的なことは起こらないのかも知れませんが
それでも貫通した瞬間を想像すると、何気にもの凄い。
出来る事なら貫通したひと掘りの「ぼこっ」ていう瞬間を
(それが「ぼこっ」と言う風に起こるのかどうかは別にして)
見てみたい。

いよいよ今日その瞬間がやってくるのでしょうか知らん。
見守ってきた身としては(笑)やっぱりちょっと見てみたい。

とにかく残りあと3メートルなんだぁ と妙に感動して
昨夜見かけた看板の写真を今朝(2016・06・28)
わざわざ撮りに出かけるわたしゃ
言うほど「へんなやつ」(カミサン談・笑)じゃない と思う。

posted by たみ at 09:07| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック