2014年09月27日

遠藤周作文学館 「夕べのレコード鑑賞会」へ行く。

昨日(2014年9月16日)開催された
遠藤周作文学館 「夕べのレコード鑑賞会」(ブログ内リンク)
へ出かけてきました。

午後6時ちょっと前
そろそろ開始時刻。
20140926endou1.jpg


20140926endou2.jpg


エントランスから夕陽に照らされたテラスへ。
20140926endou4.jpg

さ、時間です。

20140926endou3.jpg
蓄音機のぜんまいが巻かれて、鑑賞会の始まりです。

マエハタガンバレ
から
マリリンモンロー
エルビスプレスリー
遠藤郁(周作氏の母君)
が、蓄音機のぜんまいぐりぐりされつつ流れてきます。
(すみません最近記憶力がとても不自由ですので諸々ご容赦・・・)

そうこうしている間に
20140926endou5.jpg
雲の中に、陽が落ちてゆきます。

20140926endou6.jpg


遠藤周作語り(?)のレコード「ぐうたら人間学」B面を経て
(いやぁ 笑わせて頂きました)

20140926endou7.jpg
最後、小沢征爾のジュピターからスターウォーズのテーマで、
鑑賞会終了。
(「ぐうたら人間学」からはSP盤では無くてLP盤でしたので
 別に用意された電機式(?)ターンテーブル
  (考えてみれば、これすらもう珍らしい存在ですよね。
   ウチにもレコードやターンテーブルあるにはあるはずなのですが、
   さてどこにしまったのやら。
   上でもSPだのLPだの書きましたが、これ、どの世代までが
   わかるのでしょうか知らん。)
 が使用されました。)

空には
20140926endou8.jpg
月齢1.9の、こけしの眉のような、
極細の月。

風も心地よくて
本当に得難い素敵な時間でした。
ワタシに無理やり引っ張り出されたカタチで出掛けた嫁も
「来てよかった」としみじみ。


やっぱりケツは、上げなきゃね(笑)。



posted by たみ at 09:06| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406101356

この記事へのトラックバック