2008年09月22日

二島(ふたしま)へ。

いい天気!なので
のんびり二島まで行ってみることにしました。


0922shuppatsu.jpg艇庫の前の桟橋(?)横の
小さな張り出し部分(パドルがおいてあるところ)が、
出廷場所です。
あれやこれやあってこうなりましたが、
潮によっては、とても出しにくいのが難点です。
艇庫から徒歩10歩(笑)。



0922kuraosima.jpg途中の黒島。
行きは南側を通りました。
向かい風。






0922futasima.jpg二島(ふたしま)です








0922sannbasitoire.jpg桟橋と、男女別のトイレがあります。







0922taradake.jpgま、暇なので(笑)通り過ぎて
東側をぐるりと廻って、裏側へ上陸することにします。
二島東側から見た 多良岳。






0922uragawa.jpg反対側に廻って上陸です。
ちょうど桟橋の裏側。
一番狭いところで10メートルくらいでしょうか。
見えませんが 向こうに西海橋とかがある(はず)です。





0922konnnanikirei.jpg大村湾もこのあたりまで来ると、
こんなに水がきれいです。
海底に映ったかやっくの影にびっくり。






0922siyoukokoroe.jpg二島使用心得です。








0922ryuubokukamado.jpgとはいっても、東屋の下には、
小さなかまどがあって流木が集めてありました。







0922kinoko.jpg食べてはイケナイ謎のきのこも(笑)。










持参の昼ごはんを食べて、
持参のコーヒー飲んで、すこし昼寝して二島をでました。



0922bujinokikou.jpgはい。
無事の帰還の報告とお礼をして、帰りました。










行きはゆっくりしたペースで、1時間35分。
(前島を越えたあたりから1〜2時方向の向かい風。
 さらにしばらく漕ぐと、堂崎を廻って届いた風波が当たり始めました)
帰りも同じようなペースで、1時間ちょっと。

風も落ちて、べたなぎ。
到着10分前くらいから、10時方向の向かい風。

それにしても
(どんなにカタログ表示が軽かったとしても)
ポリ製のシーカヤックは、
遊び終えて持ち上げたりするときに
なんであんなに重いんでしょうね。

10:30〜3:05


大村
干潮 10:14  +30
満潮 17;21  +74

出廷時 段差下70センチ
到着時 段差下30センチ

段差下2〜30センチが、出廷しやすいようです。


posted by たみ at 19:37| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック