2017年03月24日

第6回琴海花まつり最新情報 2017年03月24日編

先日のお約束通り(ブログ内リンク)
第6回琴海花まつり最新情報。

本当に明日(3月25日)からで良いのか と再確認を。

20170324hanamaturi1.JPG

20170324hanamaturi2.JPG
(写真クリックで大きなサイズが見られます(のはずです))

ざっと書き起こすと

第6回琴海花まつり
2017年 3月25日(土)・26日(日)
夜6時からぼんぼりや竹灯篭が点灯されます(〜21時)。

特産物。食べ物販売
琴海の農産物などの販売
時間 10時〜16時
場所 戸根郷公民館前

猪鍋の無料配布
時間 12時〜 各日先着300名様
場所 社が丘花園

体験イベント
シーカヤック・陶芸絵付・イチゴ狩り・桜ウォーキング
紙粘土絵付・野点
場所 戸根郷公民館前ほか

と言う事です。

で、ちょっと覗いてきたので
今日(2017年3月24日)の、会場の様子を。

先ず「社が丘花園」。
20170324yasirogaoka1.jpg

20170324yasirogaoka2.jpg

会場の設営は済んでいました。
20170325yasirogaoka3.jpg

花園菜の花エリアの全景。
20170324yasirogaoka4.jpg



そして戸根川。
20170324tonegawa1 .jpg
こちらも、会場の設営はほぼ終わっている模様。

のぼりも立って
20170324tonegawa2 .jpg

ぼんぼりの設置も完了。
20170324tonegawa3 .jpg

20170324tonegawa5.jpg

20170324tonegawa4 .jpg

20170324tonegawa6 .jpg
ただ、
今日(2017年3月24日)の時点で
肝心の桜がまだ咲いていない って言う・・・。

桜、菜の花共にまだ少し早いようですが、
「スタンプラリー」や「猪鍋のふるまい」や「各種体験」等
『「琴海花まつり」と言うイベントを楽しむ』
と言うスタンスで、是非遊びにお越しくださいませ。

自然相手のイベントは難しい。

posted by たみ at 21:15| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

我家の白い花 2017年3月22日編。

「白い花咲き継ぐ庭」をテーマにあれこれしているウチの庭の
昨日の様子を。

今、ウチで一番目立っている白い花が これ。
20170322hana2.jpg

雪柳 ですね。
20170322hana3.jpg

そしてこれ。
20170322hana1.jpg
さくらんぼ(桜桃)の花。
まだ2年目なので、花はすこし。
はやく実がなるくらいに育たないかな。
楽しみ楽しみ。


白い花 と言えば これでしょう の白木蓮ですが
20170322mokuren - コピー (640x503).jpg
(これはご近所のそれ。一週間くらい前の様子)
ウチには植えてません。
「散り際の感じ」がなんだか今ひとつしっくりこなくて(個人的感想)、
どうしようか と躊躇中。
その白木蓮 今まっさかり。純白に輝いていて
白い花 としてもんんんのすごくそそられるんですけれど 
さて・・・。

野イチゴ。
20170322hana4.jpg
いわゆる「雑草」。
だから草刈り難しい(笑)。

白い花 とは違うけど
そこここで伸びて来た、
見るからに「マメ科の花」ってしてるカラスノエンドウ。
20170322hana6.jpg

この季節になると我が家でいつも話題になるのが
ここに越してきた頃の娘のハナシ。

3月末、ここに越してきたばかりの時
玄関先に繁茂していたカラスノエンドウを摘んで天ぷらにして食卓へ。
その時小学校入学をひかえた娘がひとこと
「ウチ、貧乏やっけん草食べると?」と。
もうね、毎年この話題でご飯何杯でも行けるって言う・・・。

すみれ。
20170322hana8.jpg

どの花もみれば見るほどとても複雑な形をしている。
20170322hana7.jpg
種の未来がかかっているから
どの花も必死。

こんな花々愛でているすきに、知らんまに庭は草ぼーぼーに
って言う訳で、ほんとうに草刈りのタイミング、
超難関(笑)。

20170322hana10.jpg
春だなぁ。

そして肝心の「桜(ソメイヨシノ)」。
これはウチの桜の昨日(2017/3/22)の様子
20170322hana9.jpg
・・・・・・・
大丈夫か?今年の琴海花まつり(ブログ内リンク)。
明日、戸根川あたりの写真撮ってアップするつもりですので、
琴海花まつりへお出かけ予定の方は覗いてみて下さいませ。

posted by たみ at 09:51| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

2017年 琴海花まつり のお知らせ。

2017年版
「第6回琴海花まつり」のお知らせです。

追記 最新情報は こちら(ブログ内リンク) に。追記以上。

●日時
2017年 3月25日(土)・26日(日)

10時〜16時
   (ぼんぼり、竹灯籠の点灯は 18時〜21時)

●場所
 〇戸根川周辺    農産物の販売・陶芸(絵付け)体験・イチゴ狩り等
 〇社が丘花園    猪鍋のふるまい(無くなり次第終了)
 〇琴海中央公園等  シーカヤック体験
     (昨年の花まつり(ちょっと過ぎ)の様子 と、2013年のそれ
      そして、2012年のお花見ミニツーリングの様子(何れもブログ内リンク)
      因みに、シーカヤック今回は「体験」という事なので、
      上のリンクにあるような花見ツーリングと言う訳にはいかないようです。)

さて、今年は桜、間に合うのでしょうか(昨年は、ちょっと残念でしたか・・・)
直前の戸根川桜情報もお届けしたいと思っていますので
お出かけ予定の方はちょっとチェックしてみて下さいませ。

追記
上に琴海花まつり最新情報のリンクを貼っておきました。
桜の様子もわかるとおもいますので、
よろしければどうぞ。
追記以上。


2017年版第6回琴海花まつり情報でした。
とにかくお花見は琴海へ是非!

明日は春分の日、季節はどんどん進んでいくよ。

posted by たみ at 13:04| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

2017年3月17日 今日も霜の朝。

半島山間部、今朝も霜。

20170317simo.jpg

陽が当たると
20170317simo1.jpg

しゅるるっと融けていくくらいの霜でした。
20170317simo2.jpg
posted by たみ at 08:00| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

2017年3月16日 霜。

霜の降る寒い朝でした。

20170316simo1.jpg

20170316simo2.jpg
陽が射してすぐに溶けるくらいの儚い霜。


足元にはたくさんの小さな花。
20170316hana1.jpg

20170316hana2.jpg

20170316hana3.jpg

20170316hana4.jpg

20170316hana6.jpg

20170316hana7.jpg
どれも5mmに満たない小さな花です。

こちらは少し大きな、嫁菜(?)の花。
20170316hana10.jpg
新芽を食べたりしているので
(たぶん)間違いないでしょう(笑)。

どれも草刈りの際「雑草」として刈られてしまう草花です。
特に嫁菜なんて、地下茎が凄くて大変。


そしてこちらも春の営みの風景。
20170316hana8.jpg
落椿と
水仙
20170316hana9.jpg

先日、予定日よりも10日以上も早く3人目の子を生んだ娘の帰宅に備えて、
我家の春はばたばた (^-^)ノ。


posted by たみ at 13:12| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

角島大橋 我血中ミーハー濃度高し(笑)

CMで見てから、行ってみたくて見てみたくて(笑)

で先日 ようやっと

201703tunosima1.jpg

ここはどこかって言うと

山口県は
201703tunosima2.jpg
角島大橋(つのしまおおはし)

201703tunosima4.jpg

おーここかぁ と
否応なく上がるテンション。

201703tunosima3.jpg

201703tunosima6.jpg

201703tunosima5.jpg

同じ様な写真ばっかなので
一応(笑)角島側からも。
201703tunosima8.jpg


この光がやがて
201703tunosima7.jpg
橋に射す なんてことが起こらないかしらん と寒い中待ってみましたが
残念ながらそう上手くは行かず
ま、ウチの事だからそんなもんでしょう いつもの事だし とヨメと。

「さ、見たから行こうか」的なものではありますが
少なくともここに来る前に萩市で
「恵美須ヶ鼻造船所跡」を見た時よりはテンション上がりました
(・・・ゴメンナサイ)

それにしてもワタクシ血中ミーハー濃度高いなぁ
としみじみつくづく(・・・嘲)。
posted by たみ at 22:08| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

何度か霰が(雹と霰について)。

2017年3月8日
朝から昼にかけて、何度か霰が降る寒い1日。

20170308arare.jpg

ところにより雨か雪 の予報が出ていますが さて。

そう言えば雹と霰ってどう違うのか知らん と
グーグル先生に聞いてみたところ
なんと「大きさの違い」。
5ミリ以上が雹5ミリ未満が霰なのだそうです。
(NHK放送文化研究所HPによる 
 「ここ」が当該記載のあるページです。リンク切れていたらスミマセン。)

ほー
じゃあ うどん と 素麺 と 冷や麦 の違い みたいなことなんだ と。

JAS規格の『乾めん類品質表示基準』では
麺の太さが長径1.3mm未満を「そうめん」
長径1.3mm以上1.7mm未満を「ひやむぎ」
1.7mm以上を「うどん」と分類する と。
諸々歴史的経過を経て、今は、基本的には麺の太さで区別する と。
(ただし、手延べ麺の場合の分類は、
 麺の太さが長径1.7mm未満であれば 「そうめん」でも「ひやむぎ」でも良い。
 という事で、一律に太さだけでの区別は出来ない。)


なんかこう、「境界」は後からむりやりやってくる っていうか
「じゃあこれは?じゃあこんな場合は?」みたいに
だんだん「曖昧な部分」が許されなくなって
「もー、そんなに言うのなら」ってしかるべき団体の誰か みたいな人が
若干切れ気味に(そうなのか?笑)決めていくという
そんな流れで作られて行くんかもなぁ と。
そして、黒々と引かれたその境界線から
否応なく何て言うのか「理不尽」みたいなものが生まれてしまう と。
まあこれはとりあえず霰でいいんじゃね?みたいなことは、
知らない間に徐々に許されなくなって行くんだなぁ と。
曖昧さと理不尽は天秤のそっちとこっちのようなものかもしれんなぁ と。

と、
ここまで書いて一瞬 おっ となる。
実はネット検索した際
「雹が5mm以上霰が5mm以下」って書いてあるサイトが上位にいくつかあって
「えー、じゃあ5mmはどっちなん?」 と
もう少し検索結果を見てみた って言う経緯があって、
1つは
なーんだ、結局自分も「境界線」に「厳しく」(笑)こだわってるんじゃん
って事と、
もう1つは
ネットの情報を鵜呑みにしちゃいかん というリテラシーの問題。
以前調べものでネット検索した折
どうも数字がおかしいような気が と言うのがあってずっとたどってみると
どうやらネット上の「記載ミスと思しきデータ」が孫引きされて
同じ数字がずっとコピー&ペーストされて行ったらしい事が判明して
ネットの情報利用は便利だけれど気をつけなきゃな とおもったものでした。
(ワタシが時々「引用される際にはご自身でお調べくださいますように」
 なんて書くのは、そういう事があっての事なのです。)
今回又、些細な事ではあるけれど改めてつくづく。


ひょうとあられから始まって
なんかくねくね迷路を進む今日此の頃だなぁ・・・。
なぁ だの と だのが多くて読みにくいけど
まいっか。
もう寝よっと(笑)。


posted by たみ at 23:12| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

今朝の我が家の白い花。


今朝の我が家の白い花達。

20170304asa4 .jpg
梅。
これは満開の花の蕊。

20170304asa2 .jpg
花びらを落とした梅。
無事受粉したんだろうか。

20170304asa3 .jpg
水仙。

水仙っていうと これ。
20170304asa6.jpg
だけど、
(もう、終わりかけている)

ウチの場合、何故か
これ
20170304asa5.jpg
が多くて
しかもなんか妙に好きで。


20170304asa1 .jpg
お、
白い紫陽花も再生が始まっている。

今朝は霜には0.2度くらい足りなかった模様(ホントか?笑)。



posted by たみ at 09:12| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ひひなのひ 半島山間部霜。

2017年3月3日 桃の節句。

西彼杵半島山間部は、今日も霜。

20170303simo.jpg

ウチではもう、雛飾りを飾ることも無い。
30年近く前、
生まれてくるのが娘だってわかって
古賀人形の内裏雛を注文し初めて飾った時の感じとか
なんなら片付けないでずーっと出しといてやろうか
なんて笑いながらとっととしまい込んでいた事とか
猫がウチに来て雛飾りが出来なくなった時の感じとか
はっきり思い出したりしている。
刻々と変わっていく家族のカタチ、なんか感慨深いものがある。

そんな3月3日の 霜の降る朝です。


posted by たみ at 08:14| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする