2016年07月27日

毬栗。

ここんところ
カナカナに起こされて
(決まって毎日4時55分〜5時の間に鳴き始めるのです)
朝の散歩。

今朝はたくさんの毬栗が道にころころと。
あまりの暑さに、栗の木の握力的なものが無くなって思わず・・・。
なんてことがあるのかないのか・・・。

ふわふわしていて手で掬って持ち帰ることのできる
剣呑になる前のまだ青い毬栗です。

20160727kuri.jpg

今朝は猪にも出くわして、どっと冷や汗掻いて
暑い一日の始まり。

そういえばここのところ
道路工事が妙に多いような。

posted by たみ at 10:26| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

林檎ジャムの教訓。

ご存知のように(か?)
当ブログでは今まで、ジャムづくりで大切なのは
「容器の殺菌消毒」と「灰汁取り」だ と
事あるごとに(・・・)。
ここ とか ここ とか)

しかし今回
そりゃそうだわな と、ほんとうに当たり前の事ですが、
さらにもっと大切な事があることを、
思い知らされてしまったのでした。

今回こさえたのは、林檎のジャム。
その際使用した林檎っていうのが、種々いきさつを経て
すっかり「もさもさ」になってしまった鮮度の落ちた林檎。
「そのまま食べるにはあれだったから、ジャム作ってみて」
と、食べるのをギブアップしたヨメからの御託宣。

でジャム。

20160719jamu.jpg
勿論容器の消毒は入念に。

グラニュー糖と混ぜて煮はじめたものの、
ちっとも水分が上がってこない。
しばらくあれこれしたけれど
結局どうしようもなくて、
今回、ジャム作りに初めて「水」を使いました。
この時点でやな予感はあったのですが
続行。

この林檎、煮ても煮ても飴色にならず、
どら と味見してみると「もさもさ」だった林檎は、
こんなに煮たのにやっぱり「もさもさ」の食感のまま。
結局半分くらいは飴色になってくれましたが、
残り半分のもさもさの林檎は鍋から取り出して「うわ」となりつつも
どんどん食べて、最終手段である(笑)「なかったこと」に。

結果
ま、なんとか食べられるジャムになりはしましたが・・・

20160719jam.jpg
と言う訳で、冷蔵庫に並んだ
向かって左から
今回こさえた自家製林檎ジャム。アオハタの55林檎ジャム。自家製甘夏のマーマレード。
(なんと、甘夏のマーマレードは好評に付き追加製作したもの)
奥にちょっと見えているのが、
甘く作ったのに、やっぱり酸っぱい梅ジャム。
ワタクシは、好きなのですが、ヨメが今年も食べてくれん(笑)。


今回の教訓。

ジャム作りに大切なのは
「容器の煮沸消毒等による入念な殺菌」(これは果実酒を作る際にもとても重要)

「丁寧な灰汁取り」
そしてなりより
(ま、そりゃそうだわな って事ですが)
なんといっても新鮮な材料

ってことで
是非、ジャム作りの一助にしてくださいませ。


あ、そうそう。
7月19日 裏山のツクツクホウシ初鳴き でした。
そっか、もうツクツクホウシなのかぁ と、
時の過ぎ行く速さになんだか呆然と。



・・・それにしても
もさもさの「無かったことにした」林檎、ホントに不味かったなー・・・。

posted by たみ at 23:04| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

朝の光。

そういえばいつ以来だろうか
思い浮かばないくらいに
もんんんんのすごーく久しぶりに
朝陽が差し込んできた。

雨戸を開けながら
「すぎさく」と、
誰に言うでもなくひとり親自虐
(うわ、一字間違えると凄い返還 うわ、変換よ、お前もか・・・笑)
ひとりおやじギャグ。

20160705asa-agabansasu .jpg
アガパンサス、満開。

20160705asa3.jpg
いつもこういうところに真っ先に目が行ってしまう。

おー蟻はすでに忙しい。
20160705asa2.jpg


20160705asa4.jpg


紫陽花もそろそろおしまい。
201606ajisai.jpg
咲き始めは真っ白
徐々に手前に映っている紫色の紫陽花に。
植えたときには、最後にほんのり青くなるくらいだったのに
年々色が濃くなっていくのは よく言われる土のせい?

ここでウチの庭の白い花が途切れます。
(あ、白百合咲きますが、
 これは、どこからかやってきてくれたもの。)

(手入れができない という庭いじりには致命的なナマケモノ故)
とりあえずできる事なら「木の花」がよくて
なんならテーマでもある「白い花」に寄せたい と。

で、あれこれした結果
木槿、白い金木犀(知らなかった。銀木犀 って言うらしい)あたりを
絶賛検討中。

posted by たみ at 10:04| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

佐世保南国食堂地球屋。

佐世保南国食堂地球屋
いよいよ明日(2016年7月4日)
新しいステージへのステップを前に
一旦ピリオドを打たれるようです。

以下
南国食堂地球屋のコラムより
引用させていただきます。


2016年7月4日(月 新月)をもって
現店舗での営業を終了、解店し
秋頃を目標に世知原町の自宅にて
第3期地球屋を開店予定です。

これまでの感謝と、これからの船出の決意を込めてサイコーな宴を設けたいと思います。

平日ではありますが、是非ともみなさんお越しくださいね!

飛び入りライブ、お酒の持ち込みシェアなんでもオッケー!

7月4日(月)16時より

料理、飲み物全390円。
力尽きるまでじゃんじゃんばりばり創りまくります!

ライブ
ハナルナ、the bento band 他

DJ
たくわん和尚、OSD、ぷーやん他

引用
以上。

残念ながら明日は行かれそうにありませんが、
新しい地球屋
わくわくしながら待ってます。


ありがとう!

先日、
ウチなりの最後の地球屋に出かけ
乾杯をさせてもらいました。
201606tikyuuya.jpg

(ワタシと同名である)たみ も
元気でね。
201606tikyuuyatami.jpg


posted by たみ at 16:39| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出かけて 食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

貫通!

件のトンネル(ブログ内リンク)が、貫通しました!

6月29日に貫通しているのを目撃。
同30日AM9:00、証拠写真(笑)


20160630tonneru.jpg

長崎弁ネイティブでは無い私が
長崎弁ネイティブのヨメにこの感動を伝えようと
「ねー、あのトンネルぬかっとったよ(貫っとった でしょうね)」と言うと、
トンネルが無事貫通した方じゃなく
「ぬかっとった」の方に反応し、
「その長崎弁は変。そうは言わん。
 強いて言うなら ほげる で
 トンネルのほげとった(穿げる から か?)
 なら言わんでもない。私は言わんけどね。」と。
そうなのかぁ そうなのかぁ?
と、
微妙に納得がいかない私なのでした。

んーー それはそれとして、
しゅん としぼんでしまった私の
トンネル貫通の感動を返せー!!(・・・)

などとばかな事言っている間に、
今年ももう半分過ぎてしまいました。
なにをせんば という事もないのですが、
なんか「まずい!」みたいな風に
訳もなくあせってしまうのでした。・・・。


posted by たみ at 11:24| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする