2016年06月28日

あと3メートル。

件のトンネル掘削工事(ブログ内リンク)。
いよいよあと3メートルとなりました。

20160628tonneru.jpg

あと3メートルの厚さの残された部分とか
(本当はどんな形になっているのかわかりませんが)
ごりごり掘り進んでくる音とか振動とか
(本当はどんな音がするのか知りませんが)
知らないなりに変にくっきりイメージが浮かんで、
ワタクシ妙にワクワクしてテンションが上がってしまうのでした。

こちら側
(掘削方向出口側。こちらはまっさらのまま
 (勿論出口と思しき場所のぐるりはコンクリートが打ってありましたが
  たぶんここが貫通の場所であろう部分は、山肌がそのままに)で、
 片方からごりごり掘り進む一方通行の掘削らしい)
にも先日までは見かけなかった重機がスタンバっていて
テレビでよく見るような例えば
青函トンネルが貫通して
青森側の人と北海道側の人が握手拍手万歳フラッシュばばーっ涙うるる
みたいな、そこまでの感動的なことは起こらないのかも知れませんが
それでも貫通した瞬間を想像すると、何気にもの凄い。
出来る事なら貫通したひと掘りの「ぼこっ」ていう瞬間を
(それが「ぼこっ」と言う風に起こるのかどうかは別にして)
見てみたい。

いよいよ今日その瞬間がやってくるのでしょうか知らん。
見守ってきた身としては(笑)やっぱりちょっと見てみたい。

とにかく残りあと3メートルなんだぁ と妙に感動して
昨夜見かけた看板の写真を今朝(2016・06・28)
わざわざ撮りに出かけるわたしゃ
言うほど「へんなやつ」(カミサン談・笑)じゃない と思う。

posted by たみ at 09:07| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

キノコ。

田植えの済んだ近くの田圃で
早朝から鳥おどしの爆音が聞こえてくる今日この頃。
(日曜だっていうのに、ほんとにその早朝ぶりと来たら(笑))


心地よい風が吹き抜ける
気持ち良い1日でした。

こんな日は久しぶりなので、おべんとと有川浩と歳時記持って
赤水公園へ。
3時間ほど、のんびり。
大村湾を挟んで見える向かいの多良岳が、
春霞の中でぼんやり霞んでいました。

足元を見るとそこここにキノコ。

20160626kinoko1.jpg

20160626kinoko2.jpg

20160626kinoko3.jpg

20160626kinoko4.jpg

見れば見るほど 異形。
しみじみ摩訶不思議な佇まいです。

のんびり過ごして帰宅。
干して出掛けた布団も、
いい感じでふかふか。

又明日から雨の予報。文字通りの梅雨晴れ間なのでした。


posted by たみ at 20:45| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

蜩初鳴き。

本日(2016年6月23日)
裏山でかなかなかなかな・・・と
今年初めての涼しげな声(?)
ウチで聞く
蜩(ヒグラシ)の初鳴きです。
(因みに 昨年は6月28日でした)


この動画は、2011年7月14日 の裏山の音
(ずっと使い回し(笑))


まだまだ激しい降雨が続くそうです。
皆様 くれぐれもお気を付けくださいますように。

避難先避難経路の確認と、
夜間の「留まる判断」のシミュレーションを。
posted by たみ at 21:52| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

合歓の花咲いてます。

毎年毎年書いてますが、
20160617nemu1.jpg
まるで、白亜紀の風に吹かれて揺れている
ような合歓の花が大好きです。



海のそばで咲く合歓、撮ってきました。

20160617nemu2.jpg

20160617nemu3.jpg

20160617nemu4.jpg

20160617nemu5.jpg

20160617nemu6.jpg

夏至間近の暑い日に。

posted by たみ at 23:03| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

あと25メートル。

いつも通る道の横にトンネルが掘られる
なんてことはあまりない体験で、
(今あるトンネルと並行して掘られています)
それがあと25メートルで貫通する なんて
なんかわくわくする。

20160617tonneru.jpg
 

1日2~4メートルくらいづつ掘り進んでいるようなので、
(「え、そんなもん?」と言う意見と、「え、そんなに?」と言う意見があって、
 そんな感覚の違いも なんか面白い。)
貫通まであと10日くらいか
訳もなくたのしみたのしみ(笑)。

追記
6月21日現在この表示板
618メートルのまま変わらず。
雨ひどくて水がじゃんじゃん滲み出ているからとかだろうか?

と、いらん心配を。

なんて思ったら
6月22日
628メートル と。
まさにいらん心配でした(笑)



posted by たみ at 20:17| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

たがつくりたまひしいのちなる

玄関先の足元に。

20160614kumonosu.jpg

しばらくしゃがみ込んで眺めていたら
3か所も蚊に刺されるっていう・・・(笑)。
posted by たみ at 20:35| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

何故こんなにも多くの人が(自分のことは棚に上げて) 東京都美術館編。

「森のキノコを添えて」だの「トスカーナの風と共に」だの みたいな
こじゃれたフレンチ風タイトルで・・・以下同文
(ブログ内リンク・・・前振り とも言います(笑))

若冲が好きです。
いえ、
若冲が大好きです。
いえね、昔から好きだっり大好きだったりしたわけではありません。
そもそも知らなかったし・・・。

初めて「伊藤若冲」を知ったのが、2007年
九州国立博物館で開催された
プライスコレクション「若冲と江戸絵画」の展示会がきっかけでした。
ポスター見て「こら是非行かんば」と。
観て「うわわ」と。
それ以来ワタシ、若冲の虜(大袈裟ですが)。
で、今回、巡回展もないし、規模凄いってことなので
是非行って観ておかなくちゃ と、
2016年5月某日

東京都美術館
「生誕300年記念 若冲展」へ。

私、ナメてました。

なんの情報も持たず手ぶらで上野の森へ行った と思ってください。
能天気にも、上野駅中の例のオムライスなんかのんびり食って
おもむろに上野公園へ
あの交番を越えてすぐ目に飛び込んで来たのが
これ。
20160500ueno1.jpg
わかりにくいですが、すんごいことになっている日傘の列。
近づくと、
20160500ueno3.jpg
しかもこれ、チケット持ってる人の列。
私はさらに、ここに並ぶための前段階
「チケット購入の列」にも並ばなければならないのでした。

なんかこう、遠いところで「ぼきっ」と音を聞いたような気が・・・。

主に時間的な事情で(と言うことにしておこう)
無念の撤退。

自分の無計画な性格を呪いつつ でも
自分のことをすっかり棚に上げ「何故こんなにも多くの人が・・・」と
「なんのたしにもならないあほな問い」を何度も(自嘲)。
ちゃんと情報収集して対応しておけば見ることができただろうに とか
せめてあの時間あそこであのオムライス食べなければ、
自分への言い訳ももうすこし信憑性や説得力を持っただろうに とか
いろいろ多角的に全方位的に、後の祭り。


「何故こんなにも・・・」


こうして報われなかった分、
若冲への思いは募っていくのでした。 ちゃんちゃん

情報として役に立つ を標榜しております拙ブログですが
言わずにおれなかった私の気持ちを汲み取り頂き、
なーんの役にも立たない
「すでに終了している催事に対する身から出た愚痴」のトピック、
笑い飛ばしてくださいませ はい。




coccoのバイバイパンプキンパイのライブ音源聞く。
メンバー紹介のあたりで、
何故か鼻の奥がつーんとしてしまうおっさんである私は
「おっさんとしての仕上がり」としては、
やっぱりポンコツか(笑)。
posted by たみ at 00:58| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故こんなにも多くの人が(自分のことは棚に上げて) 佐世保文具フェスティバル編。

「森のキノコを添えて」だの「トスカーナの風と共に」だの みたいな
こじゃれたフレンチ風タイトルで始めてみましたが、
(あれ、全然違うか・・・(笑))
さておき
文房具が好きです。
いえ
文房具が大好きです。
で、
ちょっとついでがあったので覗いてきました。
アルカス佐世保で開催の
佐世保文具フェスティバル。

20160600sasebo.jpg

もうね、家族連れで、超混雑。
自分のことすっかり棚に上げきって
何故こんなにも多くの人がいったい何しに?
と思わず。
あまりのことに5分で撤退。

3Dプリンタの印刷
(でいいのか?どう考えたって出力されたあれは印刷物では無いし、
 でも、プリンターっていうし・・・などと
 そもそもこんなことでひっかかっているワタクシは、古い人間なのだろうなぁ)
を見られたので、良しとする。
テレビなんかで何度も見て知っているつもりになっていたけど、
実際に「さわる事ができる、なかなかに複雑な形をした立体」が
みるみる立ち上がるのを目の当たりにして、
思いの外の衝撃の大きさでした。

しかもこんなモノスゴイ機械を、今や一桁万円で買う事が出来る。
なんかすごい時代だよな と、
そんな風に一瞬物思いにふけっているワタクシは
やっぱり昭和中期型のヒトだなぁ と
今更ながらつくづく。

それにしてもやっぱり
身動きとれんくらいの人込み、皆様いったい何しに?
と。

fumei1.jpg
ちょっとふるい写真ですが、
文房具大好き な、私のワンダーランドの一つ(笑)。



posted by たみ at 00:06| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

散歩。

散歩。

裏山から、濃厚なにおい。

においのもとは これ。、
20160608kurinohana.jpg
栗の花。
ほんとうに濃厚な生命のにおい。


摘果前の
20160608mikan.jpg
みかん。
「ひとつ」の他は、みな捨てられる。

20160608tyou.jpg
ん?
あらら、そっとしといてあげましょう。

そういえば
最近兎を見ないなぁ。


posted by たみ at 21:55| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

春は。

春は、(あいや、もう夏なんですけれどね)生命の循環が顕在化する
輪廻の季節でもある。


20160602yamabousi1.jpg

20160602yamabousi2.jpg

20190602yamabousi3.jpg

20160602ume.jpg

201690602kiitogo.jpg

そういえば、
今年もご近所から頂いた夏柑で、マーマレードをこさえた。
2度目なので(ブログ内リンク)あれこれ工夫して「どや!」と嫁に。
昨年「マーマレードは好きじゃない」と衝撃の発言(言い放つ とも言う)
をした嫁が一口なめて
「あ、美味しい」と。
その後も順調に食べ続けていてくれて、
おー、梅ジャム  よかったらここもね・・・(ブログ内リンク)
から苦節 ん年。ようやっとここまで来たか と(笑)
美味しいと言え!オーラを出しまくった上で
「食べてみて」と人に勧めている今日この頃のワタクシなのでした。

と言う訳で
木苺も、収穫しては冷凍庫へ と、木苺ジャム絶賛準備中!

あれ、今日は「生命の循環」からの流れで
もっとこう何と言うか 厳かに締めくくろう と思ってたんだけど、
結局いつしか食いもんの話へ・・・。
ま いっか って言うか ワタシにゃ 厳か は無理か。


posted by たみ at 10:23| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒカリモノ。2016年6月1日

もうくんちの小屋入りかぁ
と驚かずには居られない6月1日です。

今日(2016/5/31~6/1)のヒカリモノ。

スーパーマーズ。

20160601super.jpg

言ったもん勝ち みたいな写真ですが、
ほんとですって。
むしろ、コンデジ手持ちでえらい と言ってほしい(笑)

昨日が最接近だということでしたが、曇りで見られず。
今日よっかおとといの方がきれいだったかも。




今年は、ウィークデイでもなんだか例年になく結構にぎわっている 
と言うことだったのでいつも行く戸根川(ブログ内リンク)には行かず。
市内某所
・・・とかもったいぶってますが、ウチの近くの え って言うくらいの
小さな流れ。

そういえば今年はウチではまだ蛍を見てないな。
今年は来てくれないのかもね。

20160601hotaru1.jpg

20160601hotaru2.jpg

ちらほらでしたが、
誰も居ない小川でぼんやりとこの不思議な光景を眺めていると、
やっぱりこうなにかしらを考えたり。

ペーロン

20160601pe-ron1.jpg

こらもういろんなものが光っていて、
銅鑼太鼓気合の掛声とともに夜の海を疾走するペーロン見ながら
凄いなー 眩しいなー と漕いでた頃を遠い目でおもいだしたり


そんでもって
静かになった港の「祭りの後感」。

20160601pe-ron2.jpg

posted by たみ at 00:16| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする