2015年08月30日

ポップアート展を佐世保で。

ポップアートって、
良く耳にするし目にもするし、
なんとなく知ってるつもりでいましたが
かんがえてみると「現物」を一度も観た事がない
って事に気づいてしまいました。
それならばなにはともあれ見てみるべし と、
去る8月21日、
「アメリカン・ポップアート展」と「エルヴィス・プレスリー レコード展」
絶賛開催中の
佐世保は島瀬美術センターへ。
ポップアートもですが
島瀬美術センターのほうも、実は初体験。
正式名称は
「佐世保市博物館島瀬美術センター」
って言うんですね。

20150821sasebo2.jpg
ここかぁ。
すぐ裏にコイン駐車場があって、
なかなか便利。

20150821sasebo1.jpg

タイトルのひとつ
「エルヴィス・プレスリー レコード展」
のほうは、
ゆえんなつばらはぁんどっ
っとあの歌声が脳内で響くくらいで
個人的には
残念ながらあまり思い入れを持っておらず、
この展の入場料千円は、(私にとっては)
やや高(笑)。

「アメリカン・ポップアート展」 の方は、
写真で目にしたりするよりも思いの他「ナマナマし」くて
例えば あのキャンベルのスープ缶の絵
今回は10枚でしたが、
写真で見る印象とは違い
まさしく「絵」。
妙に惹かれてしまっていました。
やっぱり触れてみるもんだ と。
行ってよかった。

ただ展全体の「ボリュームの小ささ」はいかんともしがたく、
「欲求不満」が残尿感のように
キモチのなかで余韻として残る感じ で
なんかこう もやもやしながら
会場を後にしたのでした。
どうせなら
バスキア とか キースヘリング とかも
見てみたい

とすると さて

「ポップアート 1960’s−2000’s
  From Misumi Collection」
開催中の「熊本現代美術館」どーしよう・・・。

などともやもやしつつ、
佐世保と言えばなにはなくとも「南国食堂地球屋」
ここ とかここ とか)
 
帰省中の息子ともども
開店直前の地球屋をこじ開けて乱入。
(ほんとうにすまぬ。ほんとうにありがと。)
20150821tikyuuya.jpg
おいしいものいっぱい食べて
ヨメと息子はおいしいお酒
わたしゃいつもの
(もはや「うまい」とさえ言えるくらいの好物と化してきた(笑))
ノンアルを呑み
残尿感を振り払い
シアワセなキモチで帰りました。
なんかあとから、
「そろそろ地球屋に行きたいな」
がホントウのトコロだったのかもね。 と、よめと。

で、
残ってしまった懸案が
熊本現代美術館、どーしよー・・・。


posted by たみ at 00:47| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

半島に台風。

今朝(2015年8月24日)の朝焼けが
あんまりすごかったものだから。

20150824asa.jpg

今夜半からあす朝にかけて
台風が長崎に上陸しそうです。
皆様くれぐれもお気をつけ下さいますように。

posted by たみ at 23:21| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

町内の花火。

先週末
半島のそこここの
例えば公民館横の広場なんかで
小さな櫓が組まれ
町内の夏祭りが開催されています。
いつもの道の小さな空き地に
櫓が立ち、ちょうちんが吊るされ
団扇を手に人が集う。
子供達は赤い帯の浴衣で走り回り
大人たちは昔話をつまみに酒を飲み
それぞれが声高に笑う。

なんかこう、原風景。

そういえば最近は
「盆踊りの音楽の音がうるさい」
なんて苦情がくるそうで、なんとも世知辛い・・・

ま、そんな16日夜
うちでぼんやりしていると、突然花火の音。
そういえばわが町も夏祭り。

縁側に出ると
木々の上にかろうじて
20150815hanabi.jpg
顔を出す花火。
それにしても
「町内」で上がる花火は、
一発ごとに「おわったのか?」と思わせるくらい間遠で、
どーん!! しーん・・・
がしばらく続き、知らない間に静かになっているのでした。

20150815hanabi 1.jpg
こんなに間遠でも
無風の日の花火は
日々の記憶のように
だんだん煙の中に埋まっていってしまうのね。

あ、唐突に思い出しちゃいました。
「よく間違えられるんですが、
 『花火』じゃなくて『火花』です。」
って、
又吉センセイが(笑)。





posted by たみ at 03:37| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

赤とんぼ。

おととい(8月13日)の
朝6時半から10時頃まで、
赤とんぼが大挙山へ山へと登って行きました。

こんなにたくさんのトンボが、どこから湧いてくるんだろう
って言うくらいのトンボが何時間も延々とあとからあとから。
この日1日だけの現象。
又涼しくなる頃に、山を降りてくるのでしょう。

そんな夏の日の
半径5メートル。
201508teppoouyuri.jpg
毎年花を咲かせるテッポウユリ(たぶん)
半島の山道のそこここに。

そういえば今の時期の半島の山道
日没後や日の出前に車を走らせていると、
道端に車を停め、懐中電灯で木を照らして
なにやら探している様子の親子連れを何組か見かけます。

なんか、
「お父さんが子供だった頃、
 お前のじいちゃんに連れられて
 こんな風にカブトムシを取りに来たんだよ。」
なんて会話が聞こえてきそうで、
ちょっとほっこり。

201508neeneko.jpg
扇風機のまえに陣取り
見張り番をしているウチの猫「よび」にも
ちょっとほっこり。(強引か?(笑))

風呂上り、いい感じで風に当たっていて、
突然ばちっとスイッチを消されても
こんな顔されると、笑うしかありません。
さらに
時々、誰もいない部屋の扇風機が回っていたりするのは、
ワタシが消し忘れたのか、
それとも、こいつの仕業か・・・。

しかしトンボ、凄い数だったなぁ。


8月15日。
「なんでもない日常」を
しみじみ噛みしめつつ。



posted by たみ at 09:21| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

第22回 三重地区 みなと祭り 2015年8月22日開催。

追記
第23回(2016年)港まつりの情報は
こちらへ。(
ブログ内リンク)
追記以上。

いやぁ
凄い雨でした。
長浦岳では
午前7時 48ミリ
午前8時 56.5ミリ
午前9時 63ミリ
3時間でトータル167.5ミリの雨量を記録しているようです。
ウチの近所でも、
道路が冠水したり法面がちいさく崩れたりしていました。
皆様 くれぐれもお気をつけ下さいますように。

こんな流れで あれ ですが

半島情報をひとつ。

三重地区の「みなと祭り」開催のお知らせ。


第22回(たぶん)
三重地区「みなと祭り」

2015年8月22日(土)
15時30分ブレオープン。

20150811hanabi.jpg


各種催しの後
例年
20:30から「納涼花火大会」が行われています。

三重新漁港付近相当の渋滞が予想されます。
早めに動いて吉(笑)。

催し物もバラエティに富んでおり
なにより
半島では最大規模(たぶん)である
約3000発(第19回時の公称)の花火は、
なかなかの迫力です。
で、
この花火大会、
国道202号線沿いにビュースポットがいくつかあって、
会場の喧騒を避けて静かに花火を
という楽しみも。
(最近ではそのビュースポットが込み合って
 場所取りが大変 という周辺事態も起きていますが・・・)

是非。



posted by たみ at 19:50| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

2015年 8月9日

今年も
8月9日が来ました。

20150809sonohi.jpg
今日10時過ぎの
平和公園の様子。



20150809sonohi1.jpg

合掌。



夾竹桃
遠く1000キロほど離れたいすかんだる(笑)からやって来た
長崎生まれではない私ですが、
夾竹桃の花を見ると、
「夾竹桃が咲くたびに」と言うようなフレーズを思い浮かべます。

どういういきさつでこの花が私の中で原爆と結びついたのかは、
今となっては定かではありませんが、
広島でも、長崎でも、何故かこの花が象徴的に扱われていたりします。

「あの日も、夾竹桃の燃えるような花が咲き乱れていました。」
なんて言うような手記や、
(これ、どこで目にしたんだろう。でも、
 長崎生まれではない私も、夾竹桃にはある種の感慨が。)

広島では、
何十年も花も咲かない土地になってしまった。なんて言う焼け野原に、
次の年 最初に咲いた花が夾竹桃で、これを祈念して
復興のシンボルとして 夾竹桃を市の花にした。
(すみません。正確ではないかもしれません。)
と言うような花です。

ただ、不思議なことに、長崎生まれで
自身も被爆二世である よめ に聞いてみると、
夾竹桃の花に、そんなに思い入れはなさそうです。
なんでボクは、夾竹桃 と聞くと(長崎では)8月9日を思わずには
居られなくなったのか、思い出せません。

でもやっぱり、
夾竹桃の写真を撮ってて、
だんだん周りの音が消えて行く様な
なんとも言えない静寂の中に一人居るような
そんな不思議なキモチになったりもするのでした。

(たぶん、何回も書いている文章ですが、
 再掲。)

11時2分のサイレンと共に、
稲佐山の頂上から平和公園へ向けて
嫁と並んで黙祷を捧げました。

posted by たみ at 14:59| 長崎 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする