2012年09月30日

親水半島・淡水編 その1

親水半島・海編 その1 その2 番外編
(いずれも、ブログ内リンク)に引き続き、
待望の(・・・)淡水編 を。


親水半島・淡水編 その1
例によってこの項、「役立つ・使える情報」は、僅少で(笑)。
それでは、ゆるゆるとお届けいたします。

伊佐ノ浦公園
伊佐ノ浦のダム湖を中心とした、複合公園。

正面入り口。
201209isanoura1.jpg

お出迎えに、狸も。
201209isanoura2.jpg


伊佐ノ浦ダム。
201209isanouraa1.jpg

201209isanoura1.2.jpg


ダム湖。

201209isanoura1.1.jpg

201209isanouraa4.jpg


これは以前撮った、春の伊佐ノ浦ダム。
201209isanouraa2.jpg

201209isanouraa3.jpg
西彼杵半島では、ボートの漕げるダム湖は、たぶんここだけです。

このダムが、農林部農地課 の事業になる、
「農業用水」用のダムだから、ってこと かな。


201209isanouraa5.jpg


2012年9月も末の某ウィークデイも、
201209isanoura6.jpg
でした。
少なくとも10月いっぱいくらいは、営業してそうな感じ。

そういえばボートとか、
コドモが小さい頃、(どこでだったかな)乗って以来
乗ってないなー(遠い目)。

ボート、その他諸々の料金表。
201209isanoura9.jpg


201209isanoura8.jpg



レンタサイクルも、営業中。
201209isanoura7.jpg

湖畔にはバンガローもあるので、
そちら方面の詳細は直接。



ありがちな(・・・失礼(笑))
201209isanoura10.jpg



201209isanoura4.jpg
管理棟の2Fがギャラリーになっていて、
この日(2012年9月某日)は、入場料200円。
上のウェルカム狸の石像は、ここからきたもの でしょうか。


レストラン「菜彩」も。
201209isanoura3.jpg

以前は、
201209isanouraa6.jpg
「バイキング」表記でしたが、今は「薬膳」表記。
アタクシは、未体験ですので、なんとも。

ダム湖周りには、

201209isanouraaa1.jpg

記念植樹のスペースもあって
(あ、勿論個人名は加工してありますです)

201209isanouraaa2.jpg

それそれの木にかかれたプレートが、
なんかちょっとそそるので、
思わずずっと読んでみたり。

201209isanouraaa3.jpg


ダムの下に降りて流れに沿ってしばらく行くと
釣り橋が見えてきます。
(サイクリングコースではありません と書いてあったりする、
 まさにそちらの方なのですが・・・)
201209isanoura11.jpg

201209isanoura16.jpg

201209isanoura15.jpg

こんな感じなのですが、
201209isanoura12.jpg

歩くたびにけっこうゆらゆらと揺れて、
嫁は踏み込めず(笑)でした。
(なにせ、某三井グリーンランドで、
 マウンテンスプラッシュでものすごい絶叫をかまして
 一緒に乗った娘をあきれさせた嫁ですので・・・)

201209isanoura13.jpg


脇には駐車場もあって、
川へ下りられるようになっていました。
201209isanoura14.jpg

伊佐ノ浦公園、盛りだくさん!

そとめ神浦河川公園

鯉・来い祭り(ブログ内リンク)のあった、エコミュゼにもなっている、あの公園です。
20120929kounoura2 (640x578).jpg

20120929kounoura1.jpg



対岸から。
9月最初の土曜、売店も出ていました。
(9月最初の日曜で(たぶん)オシマイです。
 と、売店のにいちゃんが)
20120929kounoura3.jpg

川で遊ぶ子の姿も。
20120929kounoura5.jpg
分かりにくいですが、奥の方「堰」の下には、たくさんの子供たち。
なんか嬉しい(笑)。

ちょっと、飛び石 がしつらえてあるくらいの、
「まんま」感。
20120929kounoura4.jpg


20120929kounoura6.jpg
水、綺麗。
気をつけてね。
20120929kounoura7.jpg

20120929kououra8 (640x586).jpg

こういう事が行われてるって、
これを見るまで知らなんだ・・・。
20120929kounoura9 (456x640).jpg

と、以上 親水半島・淡水編 その1 でした。

この項、続く。と。

posted by たみ at 10:08| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

例の案山子が見守る稲も。

例の案山子(笑)が見守る田んぼ(ブログ内リンク)も、
稲刈りが始まりました。

20120927a.jpg


20120927s.jpg
時は流れ、季節はどんどん過ぎ去ってゆくのでした。

若い友人から、
「子供が生まれた。いよいよ父親になった。涙が止まらない。」
とメール。

おめでとう!おめでとう!!


posted by たみ at 20:45| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

2012年9月24日 稲刈り始まる。

この辺りでは今年も
M田さんちの田んぼが、稲刈り一番乗りでした。

あーもうそんな季節かぁ と
しみじみ。

今朝のM田さんちの田圃。

20120925haza1.jpg


もう、「稲架(はざ)」が組んでありました。

20120925haza2.jpg

大好きな「人の暮らしが作る」風景です。


はざ と言えば、ずっとせんに、
中近東あたりの「コブシのきいた歌」が妙に気になって聴いていた頃
オフラ・ハザ っていうディーバの曲もよく聴いたなぁ と
突然。

世の中便利になったもので、
YouTubeで検索したら ぞろぞろ出てきて、
懐かしくて懐かしくて、
気がついたらあっという間に時間が過ぎてしまっているのでした。


ちょっと音悪いですが・・・。
 
posted by たみ at 21:00| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

この真っ赤な花 なんだろ?


最初視界の隅に入ってきたときには
「うわすごい彼岸花」と一瞬。
「ん?何か違う」と次の瞬間。

とにかく、真っ赤。


20120923akaihana1.jpg


20120923akaihana2.jpg


20120923akaihana3.jpg


くらくらするほど、真っ赤。


posted by たみ at 21:22| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親水半島・海編 番外編

えっと、
親水半島・海編 その1 その2(いずれもブログ内リンク)
に続いて、海編 番外編 を。

長崎サンセットマリーナ(ながさき海の駅)

注 えっと、ここが西彼杵半島かどうか、議論の分かれるところですが、
  ここ(ブログ内リンク)に表明した定義により
ここは、西彼杵半島ですっ(笑)。

全景。
20120820sinnsui1.jpg

キャッチフレーズは、
20120820sinnsui2.jpg
海とあそぶ街 なのだそうで。

なんちゅうかトロピカル
(って、今も言うんですかね?死語?トロピカルフルーツって言うくらいだから、いっか。)
20120820sinsui3.jpg

正面に見えるのは、伊王島大橋。
20120820sinsui5.jpg

ここのレストランで行われた結婚式参加で1度。
「海の日」のヨットレースのバラストとして乗せてもらったときに1度。
この時に乗せていただいたこの船(ブログ内リンク)の中継点として1度

計3度中に入ったことがありますが、
ふらっと出かけて遊ぶのはちょいと難しい  かな。
もっと使い勝手が良くなるような なんか こう 良いアイデアないっすかね。
なんだかずいぶんと勿体無いような気がしてならないんですよね。


20120820sinsui4.jpg
「関係者」という謎のコトバ
(この先はホントに危険な場所だから、
 ちょっとイジワルな目線とコメント かな。)


小江ボートパーク

(現地に「小江ボートパーク」と言う名称の記載は見つけられませんでしたが、
 あれこれ調べていると、どうやらそうらしい)
西部ガスのタンクがあるあそこの港が気になっていて、行ってみました。
(かつてここが貯木場だった頃、懐中電灯と鍋と味噌を持って、
 渡り蟹(がね)獲りに行きましたっけ)

20120900a.jpg


20120900b.jpg
やっぱり謎の「関係者」
利用料を支払っている皆様 ということでよろしいでしょうか。
・・・。


横瀬浦 横瀬浦公園

他県ナンバーの車も沢山居た 海の駅「船番所」
諸々美味しいらしい。

どうやら今年は、
ポルトガル船横瀬浦来航450執念 と言う(うわ)
450周年と言う年に当たるらしくて、
船番所の駐車場には、こんな顔出し看板が。
20120900c.jpg

顔出し看板の後ろに見え隠れしているのは、
有名な 八ノ子島。
20120900d.jpg

その頂上に立つ、有名な 十字架。
20120900e.jpg


横瀬浦の港の後ろの小高い丘にある、
横瀬浦公園 の 看板。
20120900f.jpg
横瀬浦公園、若干「物足りない感」は否めませんが、
横瀬浦の歴史に ほー と感心してください(笑)。


とぎつ海と緑の運動公園

前に、なんかこんな風な看板見たぞー とふと浮かんで、
探して行ってみました
togitumitomidoria.jpg
とぎつ海と緑の運動公園。
親水半島にぴったりの名前。

えっと、
海の近くにある(8工区 と呼ばれる埋立地の一角)
togituumitomidorib.jpg
普通のグランドでした。

「がんばらんば国体」の啓蒙も怠りなく。
togituumitomidorie.jpg


そんでもって、そこの看板群。
togituumitomidorid.jpg

togituumitomidorif.jpg

togituumitomidorig.jpg

tigituumitomidoric.jpg

これ結局利用者のマナーに係わる事項ばかり。
やむにやまれず増えていってしまった看板なんでしょう、
なんかものすごく無念。

そのなかで ん? と。
togituumitomidorih.jpg
どうやらニホンゴらしい(笑)。


あのー、くどいようですが今一度。
「情報として役に立つブログ」を標榜して
日夜取材に励み、更新をつづけております当ブログですが、
(言いたいだけなので、スルーしてください(笑))
今回、ホントに「何の役にも立たない記事、写真」を一度くらい っていうんで
親水半島・海編 ずるーっとお届けして来ました。

いつも訪問してくださるあなた。
ナニカの検索で飛んでこられたあなた。
これに懲りずに、又遊びに来てくださいませ。

と言うことで、親水半島・海編 はこのあたりでおしまい。

余力があれば、
親水半島・川編(仮)もゆるゆるとお届けします。
是非。

posted by たみ at 00:18| 長崎 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

2012年9月21日の「社(やしろ)が丘花園」の彼岸花。

彼岸花かぁ 
と、旧琴海町の彼岸花の名所(か?)
社が丘花園 へ行ってみました。

因みに、昨年の満開時期の社が丘花園の様子(ブログ内リンク)

夕暮れ時だったので、ひどい写真ですが、雰囲気だけでも と
(なんて、先に言い訳を(・・・笑)

2012年9月21日の、
社が丘花園
20120921kaen1.jpg

今年は、なんだかずいぶん迫力に欠けるような。
20120921kaen2.jpg

まだ、これくらいの開花状況だから かな。
20120921kaen3.jpg

昨年は、遠くからでもすぐに分かるくらい 真っ赤でしたが・・・。

社が丘花園の真ん中にすっくと立つ、
この木の佇まいが好きです。
20120921kaen4.jpg
台風でも大丈夫だったようで、一安心。

あ、
台風と言えば、

海の近くのカーブミラーが折れていたり、
201209taifuu16b.jpg


三重の旧漁港では漁船が転覆していたり
(その後引き上げられていました)
201209taifuu16a.jpg

しているのを見ました。
海沿いでは特に、風、相当強かったようですね。

posted by たみ at 07:04| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

彼岸花咲き始め急に秋めく半島。

昨日のお昼、長袖のTシャツでバイクに乗っていて、
さむっ と。
彼岸花も咲き始めて、
急に秋めいてきた西彼杵半島です。


20120920b.jpg



黄色いほうも。
20120920a.jpg




posted by たみ at 22:56| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

閑話休題 「ほんとに葛ったら」

えっと
親水半島・海編 で、なんだか妙に草臥れたので
ここ(ブログ内リンク)の続編


ちょっと目を離した隙に、葛ったら。

20120916kazura (640x589).jpg

何故 上昇志向の強い人のことを
「葛のように」と言わないのか不思議なくらいの
気圧されるほどの、この葛のありよう。
なんか怖いです。



posted by たみ at 21:54| 長崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 目にとまったものだから。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親水半島・海編 その2。

ってことで その2もだらだらはじめましょう。
よろしく。
あの、詳しくは その1(ブログ内リンク。と言ってもすぐ前の記事ですけどね)へどうぞ。

その1では、外海(そとうみ)に面した海岸を見てきましたが、
ここからは半島の東側、大村湾に面した海岸ってことで


四本堂公園


オランダ村(うわ、なんだか懐かしい響きです。今は西海市役所の支所に)ちかくの
四本堂公園。

20120820sinsui32.jpg

キャンプサイトもきれいですし、管理棟も綺麗だし

勿論シャワー完備。
20120820sinsui34.jpg

以前カヤック持ってキャンプに来たこともありますが、
なんと言っても「四本堂公園」って、名前が良いじゃないですか。ね。
由来ご存知の方、是非ご教示を。


20120820sinsui36.jpg
程よい入り江(分かりにくいですが)
そして、意外と近い対岸。

で、注意事項。
20120820sinsui35.jpg
この「ここは海水浴場ではありません」の看板は、
書式と言いナンと言い、
尻久砂里の浜にあったものと、全く一緒ですね。
なるほどなぁ。

とにかくここは、西海橋も近くて、
潮の速いときに沖を泳ぐのはほんとうにアブナイです。

それにしても
「海水浴」と「水遊び」は別 ってことらしいのですが
両者の違い、って、なんなんでしょうかしらん。

そしてもう1つ、
20120820sinsui33.jpg
ちゃんとお金は払ってね と。
正しい(笑)。

琴海ニュータウン裏の海水浴場

あのぉ
ここにつきましては
以前の記事(ブログ内リンク)でお茶を濁して・・・。

以前は、海水浴場としてトイレもあったりしたそうですが、
今はもう・・・。と言うことなんですって。



田ノ浦海水浴場

と地図にはありました。

ここから下りていくと、
20120820sinsui40.jpg

きれいな砂浜。
20120913tanoura.jpg
右端に見えるのは、黒島。

全景はこんな感じ。
20120820sinsui39.jpg

禁止事項の看板はありませんでしたが、
海水浴場として使われている風でも無くて、
なんだろ、水質の関係 とかかな?違うかな?

この田ノ浦海水浴場のすぐ隣に、

琴ノ海海水浴場

っていうのが地図上で確認できますが、
いちばん入り易いアクセス路が某ショップの入り口になっているようで、
関係者以外立ち入り禁止的なことになっていて、ま、いっか。とスルー。

・・・
このあたりに来ての写真情報の少なさが
アタクシの「親水半島・海編」へのテンションの下がり具合を
如実にあらわしている・・・でしょ?(笑)。。
自分で言い出しといて あれ なのですが、
なんかこう 「親水」ねぇ・・・  と言う気分。
なんと言っても「禁止事項」の看板の多い事と言ったら。
しようがないといえばしようがないのでしょうが、

いずれ

膝より深いところへ入ってはいけません
だの
手足を濡らしてはいけません
だの なんてことにならなきゃ良いけどな なんてね。

そして、人の少ない事少ない事。
こんな風だったっけなー
と、なんかサミシクなってしまいますです。

ま、おっさんのぐちはこれくらいにして。

崎野自然公園

20120820sinsui41.jpg

入り口で おっ と。

20120820sinsui42.jpg

20120820sinsui43.jpg

20120820sinsui44.jpg

20120820sinsui45.jpg

なにせこの看板と言ったら。
ふらっと行って遊んだりできる雰囲気とはちょっと違うか。

ただ、予約をして行けば
(この日(2012年8月25日)も、
 キャンプ場は予約でほぼ一杯でしたし)
のんびりと自然を満喫できる施設のようです。

って事で、親水半島・海編 その2 はこれくらいで。

このあとキモチに余力があれば(笑) 親水半島・海編 番外
さらに 親水半島・淡水編(仮)へ。

posted by たみ at 05:11| 長崎 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親水半島・海編 その1。

「情報として使える」を標榜している当ブログとしては、
今の時期のこのタイトルのアップはちょっとなぁ と思いつつ、
いっそ、位置情報も無しでだらだら行ってみよう、と開き直りつつ、

「親水半島」思いついたときにはちょっと「やった」感がありましたが、
せっかくだから最新の情報や写真を、なんて思っているうちに
すっかり遅くなりーの、最新の・・は、失敗しーの ですが、
ま、せっかくなので だらだらはじめますです はい(笑)。

弁天白浜海水浴場

20120820sinsui9.jpg

いわゆる「海の家」
20120820sinsui10.jpg
夏の某月曜日、ござ干し が行われていました。

それにしても、なんでしょうこの感じ。
なんか甘酸っぱいって言うのか懐かしいっていうのか・・・。

20120820sinsui11.jpg

なんか、もう何十年も こういうとこ に行ってないなぁ と。

20120820sinsui7.jpg

諸注意。

20120820sinsui8.jpg
なんでこういう看板って、ちょっと高圧的なんでしょうね。とか思いつつ。

若いころは(あー、こんな言葉使いたくは無かった(笑))
お正月にここでキャンプしたりした事もあったっけ(・・・遠い目)

なんて書いてるうちに ん? とおもいあたって、ブログ内検索。
なーんだ、以前もおんなじ事始めようとしたんじゃん
弁天白浜海水浴場 2007年版

えっと、
めげずに続行。

大野浜海浜公園

夏休みも終わりに近い平日。

20120820sinsui12.jpg

なんか海岸ちょっと痩せてきてない?
確か15年位前までは 海の家 が出てた筈だし、
キャンプサイトもあるのですが、ちょっと「荒れた」感じ。

ここもブログ内リンクを。
大野浜海浜公園 2011年版。


雪の浦海水浴場

えっと、ワタクシ 雪の浦海水浴場 と記憶していましたし、
確かにそう書いてある地図も見たのですが、
なんと!!
20120820sinsui19.jpg
こんな看板が出ていました。

うっそー 海水浴場じゃないのー? 
と、
皆様の代わりに、全力で 突っ込み を入れてきましたので
ご安心ください(笑)。

20120820sinsui13.jpg
一方で、
こんな看板も。「シャワー、トイレ施設あります」

んー
ざっくり言うと、
「ここは海水浴場とはちがいますよー。って言いましたからね。 
 しかも急に深くなってるから、
 泳ぐと危ないですよー っても言いましたからね。
 責任の所在は「自己」にありますからね。
 良いですね。
  
 シャワー トイレは用意してありますから、
 さ、どうぞどうぞ」
ってことっすかね。

さておき。

ここの正式名称は、
雪の浦海水浴場 では無く、雪の浦海浜公園 という事らしいです。
20120820sinsui14.jpg


それにしても、なんて美しい松並木。
20120820sinsui15.jpg
この小径散歩するだけでも、
なんか「来たかい」があるような。

ここ15年くらい、急速に松枯れが進んでいる半島ですが
ここでは、松林を守るために一本一本の松にナンバリンクがほどこされていて
相当の努力が払われているのがうかがえます。
matunokanri.jpg

砂浜の長さは、(推定)半島一。
この浜辺散歩するだけでも
「来たかい」があろうと言うもので(笑)松並木と併せて、散歩 是非どうぞ。

20120820sinsui16.jpg

それにしても、人、居ないなー。

20120820sinsui20.jpg

キス釣り(たぶん)の人が、2〜3人だけでした。
20120820sinsui17.jpg

ここもブログ内過去記事 雪の浦海水浴場 2008年版をどうぞ。
(雪の浦海水浴場 って言っちゃってますが、訂正は無しで)



尻久砂里(しりくさり)

あまりの美しさに見とれて時間の経つのも忘れ、
知らず知らずの内に尻が腐るほど座っていた。
と言うところから来た(一説には)名前らしいです。

20120820sinsui21.jpg
正式名称は、尻久砂里海浜公園 か。

その、尻久砂里の浜。

20120820sinsui22.jpg

201209133.jpg

201909130.jpg

管理棟もあって、キャンプの施設も綺麗です。
201209134.jpg

明朗会計
20120820sinsui26.jpg
ここでの最大の関心事は
「薪・一束400円」は、果たして売っているのかいないのか
でしょうかしらん(笑)。

そんでもって、
お約束の、諸注意。

最初に、
20120820sinsui23.jpg
うーん。
どうやら自治体は、「責任の所在」に、神経を使っているらしい。


20120820sinsui25.jpg
えっと、ケイタイからなので、電話番号は、是非市外局番から(笑)。

20120913s.jpg

201209131.jpg

どうやらこのあたりは海産資源が豊富らしくて、
「漁業権がらみ」の注意看板が多いのでした。

夏休みの平日の尻久砂里、キャンプサイトにはテントが張られていて、
海で遊ぶ家族の姿が見られました。
おー 親水 と、ここへきてようやっと(笑)。

ここ尻久砂里、
以前は陸上からのアクセスがとても悪くて、
「カヤックでしか行けない綺麗な海岸」として、
ずいぶん楽しませてもらってたなー。
海にいる伊勢海老をはじめてみたのが、
このあたりの海域でしたし。


柳の浜海水浴場

20120820sinsui28.jpg

ありましたありました。
海水浴場というからには、の、由緒正しい海の家。
20120820sinsui27.jpg

諸々料金表。
yanaginohamab.jpg


なんか嬉しい。いやー嬉しい。
しかも名前がまさご荘。


ん?
でもこの海水浴場砂浜じゃ無いような・・・。

20120820sinsui31.jpg



大潮のほぼ満潮時でしたので、
砂浜隠れてしまっていたのかもしれません。
なんてったってまさご荘ですしね。

正面には、大島大橋(ブログ内リンク)

20120820sinsui29.jpg

そんでもって、注意事項
20120820sinsui30.jpg
よろしく。


と言うことで、干潮時にもちょっと見に行きました。
やっぱりまさご荘(笑)ちゃんと砂浜ありました。

yanaginohamaa.jpg

追終わり。



えっと、このあたりで 親水半島・海編 その1 は、おしまい。
「その2に続く」・・・と。




posted by たみ at 03:34| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

くず(蔓)の花 オマケ付き・・・。

今、西彼杵半島の山道を歩いたりしていると


こんな風な光景にしょっちゅう出くわします。

20120913b.jpg

3〜4メートルくらいの範囲に散らばった、
花。

20120913c.jpg

ん? と見上げると、
正体は
20120913d.jpg


くずの花。


20120913e.jpg
この辺りでは、あれこれをひっくるめて「蔓(かずら)」と呼ばれる
嫌われ者ですが、

アタクシは、この花の「散っているさま」が
大好きだったりします。
20120913a.jpg



あ、おまけね。
半島で見かけた「正しい(なにをもって「正しい」とするのか はさておき)」
とにかく「正しい」案山子。
いっこまえのここのとは大違い・・・。

20120913kakasi1.jpg

たごさん。と呼んであげたい(笑)。

20120913kakasi2.jpg

しかし
近くで見ると、んー
基本 案山子ってなんだかコワイ・・・。

posted by たみ at 21:57| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

今年も又、例の案山子が。

今年も又 例の(笑)案山子

8月30日に登場!したのでした。
むふふ・・・。

20120901kakasi1.jpg


20120901kakasi2.jpg


20120901kakasi3.jpg


20120901kakasi4.jpg
案山子もだけど、
ついこの間田植えしていたような気がしていた 稲、が
もうこんなに育って、
月末にはもう稲刈りかぁ。
ぼんやりしてる場合じゃないな。
1日1日を大切にして生きていかなきゃな。
と、
改めて思ったりすぐに忘れたり・・・。


えっと、
口直しの、もうひとつの 案山子 は、コチラ





posted by たみ at 00:33| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

9月の合歓。


9月1日。
合歓の花を見かける。

9gatunonemu.jpg

もうすっかり終わっているイメージだったので、
ちょっとびっくり。

そんでもって、
ほんのすこしの湿度を帯びた空気越しの
今日の月。
20120901tuki.jpg
明日の月と、満月の奪い合い。
posted by たみ at 23:49| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする