2011年12月31日

2011年12月31日 今年最後の日の出。


大晦日かぁ と、
なんだかあほみたいな声が出て、12月31日を迎えたのでした。
はやいなぁ。

2011年最後の夜明けです。

20111231asa.jpg


放射冷却の、寒い朝。
太陽が出た後も、しばらく融け残る霜。

20111231simo.jpg


2011年は、間違いなく「節目の年」になりました。
3・11以降「価値観と呼ばれるようなもの」は、明らかに変化し
(大小は人それぞれでしょうけれど)誰もが何かを負った(負わされた)のだと思います。


個人的には、例えば、コドモが旅立って夫婦2人の生活になったり、
震災もきっかけのひとつになって、私自身の環境にも大きな変化があったりしました。

これからはゆっくり急がないで と、
カミサンと話したりする、大晦日なのでした。

1年間、ほんとうにありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

皆様どうぞよいお年を!

posted by たみ at 10:06| 長崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

タナカタケシさん、2012年新春作品展。


来年
(といっても、来週(!)なんですけど・・・はやいなぁ さておき)
2012年の
タナカタケシさんの新春作品展のご案内を頂きました。
タナカタケシさん(ブログ内リンク)

20111228tanaka.jpg

日時
2012年 1月2・3・4日 の3日間。
10時〜17時


西海市大瀬戸町雪浦 にある タカナタケシさんのアトリエ
(雪浦運動公園に駐車スペースがあります。
 そこからはタナカさん手書きの素敵な看板を辿れば大丈夫。
 今架け替え工事中の雪の浦橋(あってるのか?)まで行ったら
 行き過ぎですよん)

是非是非。

タナカさんは、現在 ギャルリコクトーにおいても個展開催中(ブログ内リンク)
こちらも併せて、是非。
posted by たみ at 16:41| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日 早朝の流星。



20111227simo.jpg


2011年12月27日
霜の降る寒い日の早朝 何時頃だったのでしょうかしらん、
ぼんやり空を見ていたら、東の空に光るナニカが。

夜間飛行か?とおもってなおもぼんやり見ていると
そのナニカが急に輝きを増し、強く光ったと思ったら、
2つに分裂して、それぞれが尾を引いて消えていったのでした。

途中で あ、流星だ、と気づき、
願い事を2つ3回づつ無事に言い切ってものすごく満足(・・・)。
(ワタシがもすこし気の利いた奴だったら、
 願い事が20個くらい言えたんじゃないか、
 という程の(流星にしてはとても)長い時間でした。)

その後カミサンを起こして一部始終を話したのですが
カミサン寝ぼけ眼で「ふーん」と。

うーん、
なんかしらんが、2人で見ることができたんなら、
きっともすこし感動もあったし嬉しさ倍増だっただろうな と。

なんだかやけに悔しいので、日の出の瞬間は、
朝のあわただしい時間にあたふたしているカミサンを呼んで、
「なに?なに?」とか言われつつ2人並んで。

20111227asa.jpg

えっと、
なんでもありません(笑)
ワタシの勝手な思い入れだけど、いーの(笑)。

と、今回は(笑)の連発で〆(笑)。

それはそうと、
願い事、届いたかな(笑)
(某日某所で長い行列を見かけて「なんだろ」と思ったら
 それ の最終日の売り場の行列で、凄っ と横目で通り過ぎた) 
年末のジャンボ的な物件 買っとくんだったなー(爆)。


posted by たみ at 09:52| 長崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

タナカタケシ作品展 ギャルリコクトー


西彼杵半島にお住まいの画家、タナカタケシさん(ブログ内リンク)の作品展が、
長崎市東古川町の、ギャルリコクトー
(ギャルリコクトーは、カフェ豆ちゃん内(ブログ内リンク)
 で催される企画展です。)
にて開催されています。

タイトル

タナカタケシ作品展

 「生き生きとした希望」

日時
12月14日〜2012年 1月15日(日)
カフェ豆ちゃんは、基本的に 月曜及び火曜日が定休日で、
お正月は、12月31日〜1月3日 までがお休みのようです。

20111218tanakasan.jpg


カフェ豆ちゃんの営業時間等詳細につきましては、
カフェ豆ちゃんまで直接お問い合わせくださいますように。


posted by たみ at 16:14| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

急に寒くなった日の朝。


先日の月蝕からふたご座流星群と、夜空をぼんやり見上げている日々です。

だから って訳でもないけれど、
今日はなんとなく朝日を見ようと。


朝は 予感のように 啓示のように
やってくるのでした。

20111217asa.jpg


日の出の瞬間。
20111217asaa.jpg

山が燃えるぅ と唱ったのは誰だったでしょうかしらん
とまれ
こんな風にして今日一日が始まるのでした。


それにしても寒い朝です。
皆様、風邪など召されませんように。

(そういえば以前、風邪など の「など」って、
 なんなんでしょうね なんてハナシを呑みながら・・・) 


posted by たみ at 08:55| 長崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

雲間から皆既月蝕 


時折雨もぱらついたりする、寒い夜でした。

雲間から、皆既月蝕。
いつものように、手持ちですので、
いつものように(凹)ぶれぶれです。

時間を追って。

2011/12/10 22:15

20111210a.jpg


2011/12/10 23:32

月食中。
赤い月がはっきりと見えて、
不思議でちょっと不気味。
20111210b.jpg


2011/12/11 00:10

光が。
20111210c.jpg



天体ショーはいつも、考えられないほどの壮大な出来事が
全くの無音のまま淡々と始まり、静かに終わっていく。
その分こちらに想像力を働かせる余地を残しておいてくれていて
それをロマン(うーん、書いてみて、なんと昭和な物言い と(笑))
と呼んだりするのでしょう。


東京に住むコドモに、思わず電話をかけたりする、
おっさんである私なのでした。
あー、あとで考えてみると、なんか訳も無くこっぱずかしかったりする・・・(笑)。

posted by たみ at 21:27| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

半島で、うなぎと言えば、の「入口屋」


以前こちらでチラッと触れた「超有名な」うなぎやさん へ
苦節「ん年」の末(おおげさですが)ようやっと(笑)。

という訳で行ってきました、うなぎの「入口屋(いりぐちや)」。

国道202号線を北上、さらに北上。
お菓子のいわした(ブログ内リンク)を通り過ぎて1kmほど行くと右側に

2011111irigutiya1.jpg

と、こんな具合ですから、「たどりつくつもりで気をつけながら」走っていくと、
必ず気がつく「はず」です。
(ちなみに 大島大橋(ブログ内リンク)への交差点に着いてしまったら、
 行き過ぎですよん。)


実は我が家は、この「入口屋」さんとは相性があんまりよくないらしく、
最初に行ったときには「お休み」。
2度目は「ご予約が必要です」と、ケンもホロロに(凹)。
(そもそも調べていかなかったコチラが悪いんですが)


で、今回 ま、食べることが出来たらラッキー くらいの感じで、
お昼に(勿論、予約ナシで・・・こうなったら意地ですからね(笑))
(必要か?その意地・・・さておき)


さっきの旗を目印に細い道(旧道ですね これ)入っていくとすぐ
最初の建物が、
201111irigutiya2.jpg
入口屋さん

創業明治34年(創業110年?あってます?)と言うことですが、
201111irigutiya3.jpg
ありがちな「墨痕あざやかな立派な看板的なもの」も無く、
さらっとした入り口。

最初行ったときには、
「ここだよね、間違いないよね」と
思わず見上げて、看板を再確認したりしたのでした。
201111irigutiya4.jpg

よしよし、間違いなし。

と言うことで
おそるおそる入り口をあけて・・・・・・



やりました
ようやく「入口屋の鰻」に到達です。





それやこれやで、

じゃーん!

201111irigutiya6.jpg


じゃじゃーん!!

201111irigutiya7.jpg

あの、
鰻って明らかに ハレ の食べ物ですね。
おこちゃまな私は、いやでも
(それでも、何でもない風情を装って。見た目オトナだから(笑))
ハイテンションに。




メニューは潔く「鰻」のみ。飲み物のバリエーションも きっぱり。
201111irigutiyamenu2.jpg


201111irigutiyamenu1.jpg

お持ち帰りや、お取り寄せ もあります。


鰻、ふっくらとしていて癖が無く、たれも優しいお味で
美味しかったー。
苦節「ん年」のかいはありました。

が、
ひとつ。

出てきた お茶 が ちょっと残念で。

んと、
なんて言うんでしょう、
小学校の給食に出ていたような って言うか・・・。
せっかくこんなに美味しいうなぎなのにぃ と
カミさんと。

たまたま だったら良いんですけどね。

長崎市内からだとちょっと遠いですが、
行ったかいはあろうかと。

「入口屋」名前の由来聞けばよかったなー。

で、
(あの、ここからは「鰻」とは全く関係の無い話ですよん)
鰻の宴を済ませて、窓を開けてぼんやり外を見ていた5分ほどの間に、
凄い!(当社比・・・笑)ドラマが。


お、なんていう鳥だろ。
201111irigutiyanite1.jpg



あ、
ね、
もしかして今の 猿じゃない?

201111irigutiyanite5.jpg

うっそー


ほらほらやっぱり あそこに 猿!

201111irigutiyanite7.jpg

うわ 猿だ。


ね ね
あの鳥狙われてるよ。

201111irigutiyanite9.jpg



わ、なんか知らんけど、猫参戦
201111irigutiyanite8.jpg
尻尾 すごいことになってる。


(この後、なんでだかこの猫、やられてもやられても猿に向かって行きました。
 なんで?)


201111irigutiyanite10.jpg

あーあ 逃げちゃった。
やっぱり鳥捕まえるのは難しいか。
猫も煩いし(猿 談・・・)。



ドラマにはつきものの、野次馬も約2名(?)。

201111irigutiyanite4.jpg


201111irigutiyanite2.jpg



って言う訳で、
きっと、茶飲み話で何度も出てくるなぁ このドラマ
と、
カミさんと。

あの・・・
今日はこんな オチで・・・。


という訳で
鰻の「入口屋」の公式HPは、コチラ

お越しの折りには是非
「定休日」をご確認の上
「予約」を入れて(笑)
鰻 お楽しみくださいますように。

・・・お茶、おいしくなってるといいけどなー・・・・。


201111irigutiya8.jpg



posted by たみ at 06:55| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島で食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

西彼杵半島形上湾 大子の おおいちょう。


・・・・と言うわけで(わかんないですよね。いいんです(笑)

西彼杵半島 琴海形上町 大子の塩釜神社脇の おおいちょう。

201112033.jpg


20111203.jpg

ここのところの気温の低下で、
急速に色づき、散りはじめました。

散っても散っても散り止まない

大銀杏。

いちょうは、公孫樹 って書くらしいけれど、
おおいちょうは、どうしたって大銀杏 ですよね。
posted by たみ at 10:57| 長崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする