2011年10月31日

何年ぶりだろう 本気の餅つき。


大人の事情で
某バザーの餅搗きに。

もち米50kgを交代で捏ね、
20111030moti.jpg



交代で搗く。
20111030105350[1].jpg

もう、あちこちが痛くて痛くて って言いたいけれど、
そんなでも無い。
(手の豆は痛いケド・・・)

この歳になると
筋肉痛は翌日よりも翌々日がコワイのでした。

それにしても餅つき
妙な連帯感が生まれるし、テンションが妙にあがる。
オマケに
来年もお願いされてしまってさあたいへん。

posted by たみ at 21:21| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

諫早自然干陸地フラワーゾーン コスモス満開! 2011年10月24日)


諫早自然干陸地フラワーゾーン コスモス満開!

100万本のコスモス祭り (諫早自然干陸地フラワーゾーン)顛末。
(ブログ内リンク)
続編(笑)。


003 (500x333).jpg

イベントから10日ほど過ぎましたが、
諫早自然干陸地フラワーゾーンのコスモスが、今 見頃です。
(写真は、10月24日頃のものです。)

今週末まではいけるんじゃないか と、
関係者談。

自然相手だからしようが無いんですが、
あの時これくらい咲いていれば・・・・。

posted by たみ at 10:54| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

鯖くさらかし岩 再び。


この写真(ブログ内リンク)あんまりだったので、
いつかきっと と思っていました。
で、
鯖くさらかし岩(さばくさらかしいわ)再び。

国道206号線を北上。
井出園交差点へ向かって打坂を下る途中からちょっと見上げると
20111038 (500x333).jpg



20111035 (333x500).jpg
以前は、岩の足元(?)までしっかり見えていましたが



別の角度から。
20111047 (333x500).jpg



かつて時津街道を通ってやってきた人々を、
継石坊主は、こんな顔して迎えていたのね。
20111050 (500x333).jpg



国道沿いに、時津教育委員会が設置した
案内板が。
20111041 (500x281).jpg

それによると


継石坊主 つぎいしぼうず(鯖(さば)くさらかし岩)

雲の流れ、陽の光によって面相が変わるという。
徳川時代 一世の狂歌師として有名な蜀山人
太田南畝(長崎奉行支配勘定方)が長崎在勤中の
文化二年(西暦1805年)時津に遊び、この奇岩を眺めて
「岩角にたちぬる石をみつゝおれば
       になへる魚もさはくちぬべし」
と歌ったので一躍名高くなった。
  平成13年12月28陽 記念物(名勝)として町文化財に指定。
 
              時津町教育委員会

とあります。


最初「鯖くされ岩」って聞いたような気もしたけれど
やっぱり「鯖くさらかし岩」が正しいのか。
posted by たみ at 06:01| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

国道206号線 時津日並辺り あーあそこの の コスモス。


コスモス情報をひとつ。

2011年10月24日現在の、
国道206号線 時津町日並あたり。

日並バイパスと、旧道(オサダのあるほうですね)の交差点。

北上すると、左側にわーっと。
通った事のある人ならば、ああ、あそこね と、
すぐにわかると思います。

111024kosumosu1.jpg

咲いてからずいぶん経ちますが
おー というくらいの「満開感(笑)」。

111024kosumosu2.jpg

近くで見ると
もう散った花も沢山あるけれど、つぼみもまだまだあるので、
もうしばらくは楽しめそうです。

わざわざ見に行くのは あれ ですが、
通りがかったら是非。
花の中のワタシ な写真も、きっときれいに撮れる
フォトジェニックなコスモススポットですよん。



えっと、

ここ ですね。


より大きな地図で コスモススポット1 を表示

ここ、夏は向日葵がおんなじ様にわーっと咲き誇るのですが、
何処のどなたが管理してるんでしょうかしらん。
posted by たみ at 22:14| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄金比と白銀比


覚え書き

「黄金比」

1:1.618≒約5:8

調和、バランスのとれた縦横割合

古代ギリシャ時代のミロのビーナスやパルテノン神殿等でも使用されていると言われる。
自然界においても、分析すると黄金比になっているものが多い。

「白銀比」

1:√2≒1:1.4142≒5:7

人工物や建造物で安定した美しさになると言われる。
日本では「大和比」と呼ばれる程古くから親しまれている。

posted by たみ at 11:08| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

柴田健一アンサンブルライブ ボディUソウル


111022sibaken2.jpg

2011年10月22日
トロンボーン奏者の柴田健一さん率いるアンサンブルの
レギュラーライブ を聴きにボディUソウルへ。

111022sibaken1.jpg

柴田健一さん(シバケンさんのブログ)
ボディUソウル ここ とか ここ とか。(何れもブログ内リンク)

今回の隠しテーマは、
祝上海航路 アラウンドザワールド(?)

わたしゃ、アフロブルーの緊張感と疾走感が、すんごく気持ちよかったです。
柴田健一さんのトロンボーン聴きに行こ、と言いだしっぺのカミサンは、
アンコールの曲で、あんまり気持ちよくて、寝ちゃった と。

20時開演で休憩を挟んで終わったのが22時30分
楽しい時間は、ほんとうに短い(わたしゃコドモか(笑))
なんか、あっという間でした。


ライブ終わりに配布されたフライヤー掲載の
柴田健一アンサンブルのライブ情報を。

111022sibakenn3.jpg
(長崎歴史文化博物館発行のフライヤーより)

タイトル、
 「夢見て上海 恋して長崎」

日時

  2011年11月23日(水曜日・祝日)

  18時30分開場 19時開演

場所

  長崎歴史文化博物館エントランスホール

出演
  高浪慶太郎と柴田健一アンサンブル
  長崎検番 琴音

詳細は、長崎歴史文化博物館へ。(歴史文化博物館公式HP)


柴田健一さんは、
偶数月に催されるボディUソウルでのレギュラーライブの他に、
カフェ豆ちゃん(ブログ内リンク)でも、
昼ジャズ、夜ジャズ と銘打って定期的に演奏をされています。

機会がありましたら、是非是非!!!

じゃ、いつものセリフで。
(上から目線でゴメンナサイ・・・)
シバケンに外れ無し!。

ちょっと風邪気味のようでしたが、
お大事に。
と、今日はこんな〆で。



mitsuさま、
洪水お見舞い申し上げます。

いよいよバンコクも、というニュースを見ました。
くれぐれも お気をつけ下さいますように。





posted by たみ at 03:03| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

長崎合鴨農園 稲刈り体験。


長崎市西海町岩立(いわだち)地区に、
「長崎合鴨農園」と言う、
合鴨を使った無農薬の稲作を中心とした「農園」があります。

「今日、保育園児の稲刈りの体験のあるけん
 時間のとれるごとあれば手ぇ貸して」
ってことで猫の手なワタシ。

猫の手のご褒美(笑)は、
勿論、合鴨農法で育ち収穫されたばかりの 新米!!
これを薪釜で炊いたちょいとお焦げの薫る、つやつやご飯。
111019makigama.jpg
一度食べたら病み付きで、次に声がかかるのが、楽しみで楽しみで(笑)、


さ、
体験の始まり。
111019aigamo1.jpg
鎌を使って なので、先生達の緊張感が伝わってきます。


はざに架けたら、脱穀の体験へ。
111019aigamo2.jpg
子供たちの行列は、
見ていてなんかほっこり優しい気分になりますね。


足踏み式脱穀機
111020aigamo1.jpg


唐箕(とうみ)
111020aigamo2.jpg

どちらも、農家の納屋に仕舞いこまれていたものです。

子供たち、真剣(まじ・・笑)。



で、お昼を食べたら、本当はこっちが楽しみだったにちがいない、
合鴨農園(あいがも水稲会)名物、手作りアスレチック。

111019aigamo4.jpg

111019aigamo5.jpg

111019aigamp6.jpg
しんそこ楽しそうな子供たちの歓声は、
聞いてるこっちまで、なんかシアワセな気分に。


長崎合鴨農園代表のコウダさん。
111019aibamo7.jpg

見学大歓迎。ということで、
半島日和までメール(タイトル下に、アドレスが)
をいただければ、取り次ぎますです。はい。



毎日のように姿をみせる(らしい)
猪たち。
111020inosisi2.jpg
今年は、被害が大きい との事。

猪の世界 と 人間の世界 の境界でもある「里山」は、
111019satoyama.jpg
絶え間ない人の営み によって形成され維持されている
「サンクチュアリ」のようなものだと
思います。

野生の生き物との緩衝域であり、洪水の予防域であり、
人間の力の及ばない様々なモノ達との結界でもある里山。

そういう場所の事を、意識の隅においておくことは、
とても大切な事だろう と。










posted by たみ at 22:23| 長崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日の事  おっさんだって


昨日もツクツクホウシが鳴いていたことだとか、


今朝、差し込んできた光の作った影のことだとか

111019a.jpg


消え残る月がとてもきれいだったことだとか

111019b.jpg



秋だからさ
おっさんだって多感になるのさ・・・(笑

posted by たみ at 08:08| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

100万本のコスモス祭り (諫早自然干陸地フラワーゾーン)顛末。


100万本のコスモス祭り (諫早自然干陸地フラワーゾーン)。
の、コスモス。

(2011年のコスモスの開花状況については、
 こちらに続編があります。(ブログ内リンク))


111017isahaya6.jpg
(2011年10月16日「諫早自然干陸地フラワーゾーン」の、開花状況ですね。
 ところで、干陸地 って、どう読んだら良いんだろ・・・さておき)

うーん、微妙な・・・・。
それでも、向こうの一角はまだ まし かな。
それにしても 微妙な・・・・。

今年は種を蒔いた後の天候不順で「根腐れ」を起こして、
「種の蒔き直し」をしたのだそうで、
その分「微妙な」事になったようです。


ぼんやりと霞む多良岳を見上げると、
お、白木峰は、なんとなくピンクに染まっているのでした。

111017isahaya2.jpg

今日は、白木峰の、勝ち(・・・)

で、何をしに行ったのかと言うと、

100万本のコスモス祭り の催しで企画された
カヤック体験 の、お手伝い。
先日の「小江川」のカヤッキングは、今日の下見だったのです。

111017isahaya3.jpg

トータル15人程の方々が、カヤック体験。
喜んでもらえたのなら かい があったと言うものなのだけど、
どうだったのかな?

111017isahaya4.jpg

なんだか、ぐったりと疲れて、ぼんやりと沈む夕日を見ながら、
帰りました。
帰り、遠かったぁ・・・(笑)。



今日のびっくり。
111017isahaya5.jpg
おお、どした?


posted by たみ at 21:09| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

100万本のコスモス祭り (諫早自然干陸地フラワーゾーン)


(西彼杵半島の情報ではありませんが)

コスモスのイベントをひとつ。
(あくまでも コスモスの名を冠したイベント と言うことで、
 開花情報ではありません)

2011年 
第10回 100万本のコスモスまつり
ーガンバロー東北ガンバローニッポン!諫早から届けよう元気溢れる活力!ー
(フライヤーより)

と言うことで、


日時

2011年10月16日(日)

※フリースペース(地域特産物産市 等)
   11時〜

※各種体験
 (木工・ちょっと昔の農機具・フリーフライト 等)
   13時〜16時

※ライブステージ
   13時〜

   (陣内六弦・古賀涼・サンデートリップのライブは
     16時からの予定です)

※花火大会 
   18時過ぎより(2000発)

以上、「第10回100万本のこすもすまつりプログラム」より。


駐車場有 (未確認ですが、16時まで200円。
      それ以降は「花火協力金」として500円が加算されるようです)


場所 

諫早自然干陸地フラワーゾーン
(諫早市高来町 のHPへ)

国道207号線を諫早から小長井方面へ。
JR肥前長田駅を過ぎたらおおよそ3.5キロを右。


このあたりですね。


より大きな地図で 諫早自然干陸地フラワーゾーン を表示


開花状況は確認していませんが、
並々ならぬ関係者の努力を拝見して、きっと大丈夫でしょう と。

なお「100万本のコスモス」につきましては、

「たぶん200万〜300万本はあると思いますが、
 きり と ごろ が良いところで100万本と言っています。」
(関係者 談)
と言うことで(笑)
当日は「看板以上」のコスモスが咲き誇っているとおもいますです。

近くにはこれまたコスモスの名所 白木峰 がありますが、
「本数は断然こっちが多い」と言う事ですよん。

コスモスの「はしご」などいかがでしょう・・・。

是非。

主催 NPO法人 拓生会(内閣府NPOホームページ(特定非営利活動法人編)より)

追記
上のリンク、つながりませんよー とメールを頂きました。
確かにつながりません(凹)
拓生会 ← 検索 ということでひとつ・・・。






posted by たみ at 09:17| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

西山緑樹園 琴海・秋の収穫祭コンサート

西彼杵半島の情報です!
(常時・鋭意募集中!情報をお寄せいただけると大変嬉しいです)

西山緑樹園さん(ブログ内リンク)で行われる
「琴海・秋の収穫祭コンサート」のお知らせです。

日時

2011年11月6日(日)
収穫祭    11時オープン
コンサート  13時開演

琴海でとれた野菜や米、手作りのケーキ、パン の直売
焼き芋、コーヒー
西海(にしうみ)太鼓や、地元演奏家のコンサート。

石窯ピザ焼きの体験(先着20名、体験料お一人1200円)
もあります。

詳細につきましては、
「長崎琴海グリーンツーリズム研究会」
(公式ホームページ。なかなか更新されませんが、連絡先が記載されています)
へ。

posted by たみ at 03:19| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

結局おくんちへ(知人が神輿を担ぐって言うんで)


くんち後日(あ、あとび って読みます。くんち最終日)
お旅所を出て県庁坂の下でスタンバイする、
1110kubto1.jpg
諏訪、森崎、住吉 の、三社の御神体を奉った御神輿。

この後この三体の御神輿は県庁坂を駆け上り、
最後に諏訪神社の長坂(諏訪神社への参道の、一番上の長い階段の事を、こう呼びます)
を駆け登るのです。
(今年は、先頭の御神輿が、長坂ですこし崩れたりしていましたが、
 (怪我は無かったのか知らん・・・)
 あの長い長い階段を御神輿を担いで駆け上がるのは、大変。)


ことしのくんちの一番のお目当ては、
(申し訳ないですが)やはりなんと言っても
コッコデショ。
1110kunti2.jpg
何度も何度も御神輿を空中へ投げ上げそして受け止めます。
(3日間で 700回とも800回とも言われます)
なんかもうね・・・・・ただただ すごい。
(Youtubeに沢山アップされているようですので、
 是非担ぎ手の「声」も聞いてください。トリハダたててください。)

スミマセン。
同じ写真をトリミングしたものです。
111007kuniti0.jpg
思った以上に、高い・・・。

そして、
この投げ上げられる神輿の上で動じることなく太鼓を打ち続ける
4人の囃し方の子供たちも、すごい。


がんばれー、すごいぞー。
1110kunti5.jpg

1110kunti6.jpg



祭りの後、路上に残された謎の印
1110kunti3.jpg

大 は、大黒町 (本踊り、唐人船)
ヒ は、東古川町(川船)
コ は、紺屋町 (本踊り)
本 は、本古川町(御座舟)
小 は、小川町 (唐子獅子踊)

の略(たぶん)。
で、今年はこの他に、樺島町 (コッコデショ)と、出島町(阿蘭陀船)
の七つの町が 踊り町 として参加していました。

posted by たみ at 11:48| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

帰り花(忘れ花)


帰り花(忘れ花)
なんだか美しい響きの言葉です。

季節外れに咲く花 ま、ありていに言ってしまうと
「狂い咲き」の事なんですけれど、
俳句の冬の季語にもなっていたりします。

ウチから「徒歩1時間」圏内で見かけた
帰り花たちを。


111006hana1.jpg



111006hana3.jpg



111006hana2.jpg



111006hana4.jpg



見ているとさまざまなことが起想されて
不思議な感情が湧いてくるようなこないような(笑)。


posted by たみ at 08:50| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

ジャコビニ流星群が

ジャコビニ流星群が極大だっていうんで
4時半に起きて天を眺める。

なんかの拍子に油断していたらカミサンが
「あっ、今流れた」って。

うわ、なんかものすごく損した気分(笑)。

寝起きのTシャツで次こそは と空見上げていたら
ずーんと寒くなってきて、今日はギブ。

なんか、かえすがえすも 無念・・・。

昨日の夕方の、ウチの正面(南南西)に見えた白い月が
それはそれは魅力的だったからいっか と、
訳のわからん「気持ちの辻褄あわせ」をして、
無理やり納得する午前5時 なのでした(凹)。

posted by たみ at 05:47| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

ニ島(ふたしま)でカップラーメンを。


ニ島(ふたしま・大村湾の無人島)で
カップラーメンとコーヒーと昼寝を
と思い立って
今朝9時に、フネを出しました。
111008umi1.jpg
例によって、琴海シーカヤッククラブ所有の、黄色いポリ艇「ペンギン」


111008umi2.jpg
さだまさしさん所有の詩島(うたしま)を横目で見つつ


111008umi4.jpg
岩礁を過ぎ(奥左側が黒島 岩礁の向こうに隠れているのがニ島です)



111008umi5.jpg
黒島(こんな生簀 あったっけ)



111008umi6.jpg
生簀のそばでスタンバイしている鴎の横を通り



水母の群れをつっきって
111008umi8.jpg


111008umi20.jpg
因みに、この下の写真のミズクラゲは雌で、
ほんのりとピンクのよっつの輪っかは、生殖器なのだそうです。
そう思ってみると、セクシー(?)



111008umi9.jpg
道草をいっぱいして(笑)
微風の気持ち良い向かい風のなか、
1時間35分かかって二島到着。


111008umi11.jpg
さ、お湯お湯。

ここで食べれば、
カップラーメンだってご馳走。


先日海が少し荒れたので、
111008umi10.jpg
流木がいっぱい。


何は無くても 焚き火。
(えっと、許可なく火を使うことは、禁止されていますので、
111008sima15.jpg
ここのくだりは、幻想です(・・・))

111008umi12.jpg
両手で掬えるくらいのサイズの小さな小さなさな焚き火でお湯を沸かして、
コーヒー。


・・・・・・・zz


夕方から急な用事が と、
カミさんからの電話で起こされてしまいました。
日焼けで足真っ赤。



今日はいつもの橋(参考映像(笑))
1109047.jpg
はスルーして帰ることに。


帰りは無風。
ねっとりとした凪の海を漕ぐと、
カヤックに纏わりつく水が、いつもより重いように感じます。

12時25分に二島を出て、
ちょうど1時間で艇庫へ。
直線距離にして6.9km(地図上にて実測)


111008umi15.jpg
いつものように、無事帰還のお礼。

カヤックを洗いながら、
ゆっくりと日常に着地していきます。


そろそろ外海(そとうみ)も漕ぎたいなー と
帰り道で。


そういえば海の上で、
何処からかやってきた蛾がカヤックに止まって
しばらく休んでそして飛び去っていきました。
111008umi13.jpg
なんか妙に印象的な出来事でした。

posted by たみ at 23:13| 長崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の命は


花の命は短くて。


111007hananoinoti1.jpg




111007hananointi2.jpg



111007hananoinoti3.jpg



曼珠沙華の花の終わりは、
なんだか壮絶。

それでも花は、いつでもその最後に「再生」の予感をはらんでいる。

posted by たみ at 00:15| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

くんちの朝半島は。


くんちの朝 半島の日の出です。

111007asa.jpg

町全体が「躁」のような状態になる長崎の「まち」と比して
西彼杵半島の朝は、静かなものです。
テレビの映像と
土日にかけての国道206号線の渋滞だけが、
おくんちの波動を伝えてきます。


posted by たみ at 09:39| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

今朝の曼珠沙華


今朝の我が家の
曼珠沙華

1001006tusu1.jpg



111006tuyu2.jpg



111006tuyu3.jpg

変色しはじめています。


朝の空気とこの時間の水平に近い光は
いつもの風景をすこし変化させるチカラを持っているようです。


ああ、もうくんちが始まるんだなぁ・・・。





posted by たみ at 08:12| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

本明川 諫早湾調整池あたり。


諫早湾本明川河口付近。

111003isahaya1.jpg

遠くに見えるのは、雲仙普賢岳。

調整池に向かって漕ぎ進めていくと、
ちょっと どぶ臭い ようなにおいが。


わかりにくいですが、
右奥にちらっと見えるコブラのあたま状のものが
111003isahaya2.jpg
例の、「ギロチン」で有名になった 潮受け堤防 の
常時開放か否かで意見が分かれている開閉門・・・。
(環境アセスメントをした 学者さん は「言いっぱなし」なのか
 と、いつも疑問におもうんですよね。 さておき)



本明川もこのあたりまで来ると、
流れにあたる風の向きによっては、結構な波がたちますね。
横波を受けると、ばしゃっと濡れたりしましたが、
あんまり濡れたい水じゃないなー と。

posted by たみ at 10:10| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋だし。


さすがに今日は、半ズボン姿の私
「寒くないですか?」と言われてしまいました。

111001akinosora.jpg

111007akidasi.jpg

もうおくんちが始まるなー。

ニュースで流れる雪景色に ちょっとびっくり。

あ、そう言えば
雑誌 「風の旅人」が
10月1日発売の 44号 をもって休刊 のおしらせにも びっくり。
非常に残念。

バックナンバーの「お得な販売」決行中のようですので、
是非。


posted by たみ at 00:24| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする