2011年09月29日

例の(笑)謎の案山子。


M田さんちの稲刈りが(ブログ内リンク)始まったので
やっぱり見とかんばなぁ と
例の(・・・)謎のかかしの立つ某所へ。

謎のかかしについては、こことか こことか こことかへ(何れもブログ内リンク)


いたいた。
今年もちゃんといた。
なんか嬉しいのは、何故?

110929kakasi1.jpg

おー
相変わらず、ちょっとコワイ。

110929kakasi2.jpg


慣れてくると くせ になる・・・・。

110929kakasi3.jpg



110929kakasi4.jpg


稲刈りの真っ最中でした。

110929kakasi8.jpg





(この後、ちょっと刺激の強い写真が。
 部屋をできるだけ明るくして、
 ほら 振り返って背後を確かめてから
 先へお進みください・・・なんちって(笑))


110929kakasi5.jpg



えっと、
ナニカがおきた にしては、あまりにも静かな風景なんですけれど
なんかシュール・・・・・。

110929kakasi6.jpg



posted by たみ at 08:19| 長崎 | Comment(4) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

社が丘花園 彼岸花満開 2011年9月28日。(戸根川もね)


西彼杵半島旧琴海町辺りの 花便り。

「社が丘(やしろがおか)花園」 彼岸花満開(2011年9月28日昼。)


国道206号線沿い
琴海のマックスバリューから(時津町のミスターマックスじゃなく)
4キロほど北上。
左側にそれはあります。
北上すると「ちょっと振り返る」感じになりますが、
とにかく今は 真っ赤 になっているので、
すぐにそれとわかります。

110928yasirogaoka1.jpg

国道を左折してすぐ
この看板の下あたりに5〜6台分の駐車スペースが。

1ヘクタールほどでしょうか
そんなに広くない「花園」ですが、
とにかく曼珠沙華びっしり。
晴れてて光の具合も良いし、っていうんで、
でっかいカメラを構えた人で駐車場が一杯
(って言っても4〜5台ですが)になっておりました。

110928yasirogaoka2.jpg

暗くなると、真ん中の大きな木がライトアップされて、
なかなか幻想的なのです。

ここ、
春には、菜の花が咲き乱れています。
昨年からは蕎麦も植えはじめられたようですので、
来年の春はどんなかな?

春は菜の花だと、普通秋はコスモス としたもんだけれど、
ここは断固(笑)「曼珠沙華」
(なんか 彼岸花というよりは、曼珠沙華と呼びたい。)

とにかく
琴海戸根町「社が丘(やしろがおか)花園」
2011年9月28日昼 曼珠沙華満開。

曼珠沙華は、ピークがとても短い花です。
みんな 現場へ急げっ!!(笑)


あのー、
ついでと言っては あれ なのですが、
戸根川(ブログ内リンク)沿い 桜の木の根元にずらーっと並ぶ彼岸花も、
咲きそろってきました。


110928tonegawa.jpg

なんでだろ、
こちらは、「社が丘花園」よっか、1〜2日くらい、遅い感じ。


posted by たみ at 13:50| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツクツクホウシ  一日の終わりに。


秋とは言え、
昼間はまだまだツクツクホウシ。

夕方急に気温が下がりはじめてふと気づくと
知らんまに秋の虫の音に変わっている感じ、なのだけれど、
ここ何日か、
一日の終わりの一匹は
何故だか この 電柱にとまって鳴いているのでした。

何故この電柱?

110926aki2.jpg

もしかすると、
一日中陽を浴びてまだほの温かい この電柱 で、
その温もりに支えられて
最後の力を振り絞って鳴いているんじゃないかと。
(いくらなんでも感情移入しすぎか・・・
 しかし昼間の三倍くらいの時間をかけて
 「ワンコーラス(?)歌い切る」ようにして鳴くしなぁ)

いずれにしても秋の夕暮れ、
電柱で懸命に鳴くツクツクホウシは、
見ていてるおっさんを(私ですね)
なんだか切なくさせるのでした。

posted by たみ at 05:51| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

稲刈り始まる。


いよいよ
M田さんちの田圃で稲刈りが始まった。

110926inekari.jpg

毎年一番最初に稲刈りをするM田さん、
今年も一番乗り。

こんな、
人の営みが造り出す風景が大好き。


だから、って言うんじゃないけれど、
来年は、近くで「合鴨農法」を実践中のK田さんに頼んで、
お米を作る手伝いをさせてもらおうかと思案中。

この風景に加担できるというのは、
嬉しいに違いない と。




posted by たみ at 13:14| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

折り目正しい。


昨日、
最寄りのファミリーマートで。

110926aki1.jpg

何日か前にはなかった「おでん」の幟。
写真ではわかりにくいけど、
「折り目」が残っているのでした。

折り目のついたおでんの幟 かぁ
と、
こんな所にも季節の移ろい。

posted by たみ at 07:49| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目にとまったものだから。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

彼岸花

律儀といえば、彼岸花。
お彼岸になると、
何もなかったはずのところに
え、とおもうくらい、ふいに。

110922higanbama0.jpg

曼珠沙華って言う別名も妙にそそるものがありますし、
細い花茎に支えられて何の構えもなくすっと立って咲いているだけ
に見えるその佇まいも不思議ですし
よく見るととても複雑な形をしている不吉なほどに赤い花も
魅力的です。
さすが人の生き死にの先にあるようなものの名前を持つ花。


110922higanbana2.jpg


昨日お邪魔したお宅の玄関に彼岸花が活けてあるのを見て
ふと思えば
なんでだろ
好きな花であるはずの彼岸花、
まだ手折って部屋に活けたことがありません。

なにか こう 微妙なナニカがあるんでしょうね・・・。
posted by たみ at 10:15| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栗 風の強い日には。


今頃の季節
強い風の吹く日には、
律儀な毬栗がそこの角を曲がって挨拶にやって来る。

110921kuri1.jpg

今日の風は(あ、昨日だ)強すぎて、
青い毬栗がたくさん。

青い毬栗のとげとげは、
まだ(そんなに)とげとげしていなくてやや友好的なので
素手でも両手でふわっと持てば、大丈夫。
これが、十分美味しくなった身(実)を守るために
茶色く好戦的になった毬栗だと
二枚重ねの軍手なり、火箸なり
こちらもそれなりの「正しい姿勢」が必要になってくる。
油断すると後で後悔することにもなりかねない。

・・・いやいや、毬栗の話でした(笑)。


110921kuri3.jpg

毬栗を並べて
なんつーかこの「ちょっとシアワセ」な感じが、
いいなぁ。

東京に住む息子が、
止まった電車をあきらめて4時間かけてびしょぬれで歩いて帰ったそうで、
自分だけ申し訳ないようだけどね なんて書いてみる。

秋だし。

posted by たみ at 03:46| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

大分市美術館へ テオ・ヤンセン展を見に行く。


2011年9月18日
大分市美術館

110918ooitabi1.jpg

どうしても見たかった
テオ・ヤンセン展へ。

110918ooitabi2.jpg

逢えてよかった と、
たいへん満足!(上目線失礼(笑))。

ただ欲を言うと、
絶対的なスペースが足りないので仕様がない
と言うことは理解しつつ、
大きな作品がもっとたくさん見たかったなぁ と
素直な感想。


「注意」
会期が残り少ない事もあってか(2011年9月30日まで)
大人気な様子で、
駐車待ちの車が凄い事に。

110918ooitabi3.jpg

大分市内の駐車場事情はよくわかりませんが、
次の連休 大分市美術館へ テオ・ヤンセン見に行こう とお考えで
11時を過ぎてお出かけになるようでしたら、
他の駐車場に停めて歩いて美術館へ を
選択肢の一つに入れられる事をお勧めします。
(ま、美術館の駐車場は「無料」でしたが、
 でも、美術館への道は、駐車場待ちの車でにっちもサッチモに・・・)

「いつもこんなですか?」と係の方に尋ねると
「昨日デモンストレーションが生放送で紹介されたせいか
 今日は多いです」とのこと。
会期もわずかなので、きっとさらに混むかも。ですね。


ストラントビースト(ビーチアニマル)と名づけられた
生き物達。
 
今回デモンストレーションに使われたのは、2体。

「大人の科学」の付録の「ミニビースト」みたいに
風を直接動力源にするのではなく、
そこからさらに進化した
「風を食べて生きている生物」
というコンセプトからうまれたもので、
風を受けて、羽ばたいて、
そのチカラで空気を圧縮し、
圧縮した空気を体内のペットボトルに貯めて
それをエネルギーとして使う という事になっています。
1時間風に吹かれると、3分動く事ができる んだそうです。



1体目は、
『アニマリス・シアメシス』と名付けられた固体(?)です。



プシュー とか かちかち とか、
なにやら不思議な音がして、
細部の「雑」(良い意味で、ですよ良い意味で)な感じとあいまって、
妙に生々しいのでした。
加えて
「空気圧が徐々に下がって動けなくなっていく感じ」が
これまた妙にリアルで、さらに生々しいのでした。


2体目は、
『アニマリス・モデュラリウス』という固体。



動きが違いますね。
アニマリス・シアメシスは、圧縮空気でクランクをまわして
「足を動かして移動する」システム。

アニマリス・モデュラリウスの方は、
空気圧で(イメージとして)下についた「杖」で地面を蹴って、
それに足がわらわらっと付いて行くようなシステム。

動いたときの感じ、
どちらもすごくインパクトありますよね。

どちらの「生き物」も、こんな動きを(向きを変える も含めて)
「空気圧によるメカニカルな動き」だけで実現させているのは、
すごい。

素材は、ビニールチューブとペットボトル。
重量は、
アニマリス・シアメシスで、200sだそうです。



砂を敷き詰めた部屋もあって、
そこでは、
もう動かなくなったストラントビースト(「化石」と呼ばれていました)たちを展示。
110918ooitabi8.jpg

靴を脱いだ子供たちが「化石」の横で遊ぶ姿は、
なにか妙に象徴的で、とても印象的なものでした。


その他
テオ・ヤンセンのイメージスケッチとか

110918ooitabi4.jpg

110918ooitabi5.jpg



完成に至る過程の模型とかもあって

110918ooitabi6.jpg

110918ooitabi7.jpg

とても興味深いものでした。


場内は写真撮影 OK。
デモンストレーションの際は、
皆さんそれぞれの映像機器(笑)を構えて
前のめり!


番外編

テオ・ヤンセンと楊志館高等学校生との
コラボレーションから生まれた作品のデモンストレーション。
テオ・ヤンセンの「風を食べる生き物」というコンセプトとは違って
こちらはモーターで歩く電動ビースト。

二人乗りで、時速1.5kmでの歩行が可能だそうです。

ものすごくクオリティー高くて、
びっくり。



台風でどうかと思いましたが、
行けてよかったー。



例によって
数字の間違い等ありましたら、
是非ご指摘の上、
ご容赦下さいますように。

posted by たみ at 09:11| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

神浦散歩未知  9月17日〜19日


先月くらいから国道202号線沿いや、半島山間部に
にこんな看板が。

110916kounoura.jpg

たぶんすでに何度か回を重ねた催しの筈ですが、
残念ながら私、内容を全く把握していませんし、
期間中半島を留守にする予定ですので、
今回行ってみることもできません。

どんな催しなのか内容をご存知の方居られましたら、
お教えいただければ幸いです。
posted by たみ at 09:59| 長崎 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

20110913 IZAYOI


自宅縁側。

Mさんのインスピレーションに刺激されて、
魔王を聞きつつ

110913izayoi2.jpg

曇っていた空も、11時頃にはすっかり快晴(って言うのかな?)

十六夜。
110913izayoi.jpg
右下の輪郭がすこしにじんでいて、
欠け始めているのが(なんとなく)わかります。



それにしても便利な時代になったもので、
(うーん。音楽著作権を保有しているクリエーターにとっては、
 受難の時代とも言えますね。)
Youtubeをザッピングして、
好きな「魔王」を選択してBGMにしたのでした。


(やや音が小さめです)





今朝(9月14日)
植えた覚えもないのに、零れ種でだんだん増えていっている
黄花コスモスを、朝日の透過光にて。

110914kibana1.jpg


「普通の」コスモスより繁殖力が強いらしく、
以前植えていたコスモスはどうやら駆逐されてしまったようです。
こんなこと言うと あれ ですが
わたしゃ「普通の」コスモスの方が好き(・・・)。


後姿だけでは なに なので(笑)

110914kibana2.jpg


posted by たみ at 07:54| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

2011年9月12日 今宵の月 赤水公園にて。


aotantさんの書き込みにいざなわれて
月を見に琴海赤水公園へ(ブログ内リンク)。



昼間は、あんなに晴れていたのになぁ・・・・。
オートキャンプ場あたりから大村湾見下ろすと


110912tsuki1.jpg
対岸に瞬く灯りは、空港・大村あたり。

二島(ここ とかここ とか(何れもブログ内リンク))と黒島が見えています。



110912tsuki2.jpg

時折雲間から月。
昼間は、あんなに晴れていたのになぁ・・・。と
やっぱり思わずにはいられないのでした。


酔狂な人はいるもんで(笑)
到着したときはウチだけでしたが、
オートキャンプ場あたりから戻ると
駐車場には、何台かの車が停まっていて、
皆さん月見。


それにしても
満月の持つチカラはすごい・・・。




posted by たみ at 22:55| 長崎 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

猫。


小さな生き物たちと一緒に暮らしています。

我が家の散歩コースに捨てられていて
(ほぼ としご です。
 また遭遇しちゃうんじゃないか と、
 山の方へ散歩に行くのが怖くなって
 最近は、ほとんど行かなくなってしまいました。)
里親を探してお願いして、残った猫たち。
何故か全員がメス。


さすがに声裏返して「おーよちよち」みたいなことは
してない ような気が しなくもない もしかすると知らん間に
いやいやそんなはずはない・・・・・えっと(笑)。
でも、
足元に居るのに気づかないで躓いたりすると、
「あ、ごめん」とか、普通にあやまってしまっています。

これ以上は無理 とカミさんにきつく言われていて、
最後にウチに来たコは、命名「とどみ」と。
「とどめ」にしようと言うカミさんに、
あんましだからと妥協してもらい、
「とどみ」になったのでした。

かわいそうかもな と思いつつ、
三匹共に不妊の手術は済ませてあります。

捨てる人も「このあたりなら、もしかしたら拾われるかも」
なんていう自己弁護の都合もあるのでしょうか
「人の気配の完全にはなくならない里山」なウチの近くには、
時折捨て犬捨て猫が。

小さな生き物、捨てるのやめましょうね。

ねえ猫。



末っ子の(・・・)とどみ。
110909neko2.jpg
顔が迷彩で(笑)表情が読みにくい猫です。


長姉。
110909neko1.jpg
すっごい神経質。
あのねー あんたねー と突っ込みを入れてしまいます。



110909neko.jpg
こらこら。
いつもこんなです。


・・・・
どうして唐突に猫の話しを始めたかっていうと、
昨日近所にすむ友人が
「捨て猫に遭遇しちゃって、あと一匹どうしても・・・」と
子猫抱いて玄関に。

事情を説明して断ったんですが、
なんか切なくて、どうしても の一言。

posted by たみ at 10:06| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫と暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

中高年カヤック体験 大村湾。


中高年カヤック体験 なんていう、
ちと失礼なタイトルのイベントのお手伝いをしてきました。
体験の方9名(2人艇2艇を含む7艇)とサポート6名6艇
総勢15名13艇。


1109040.jpg
クラブ所有のシーカヤック総動員。
壮観。


あいにくの天気でしたが
琴海シーカヤッククラブの艇庫前から出艇します。
今日は波浪注意報が出てたので、
湾内を中心に。

1109041.jpg
風裏の 嶽島(ダケク島)でお昼を。
壮観。


「楽しむ事」の達人Yさん持参の
(自家製!)西瓜をいただきました。
1109042.jpg
アリゃマダチョットハヤカッタカナ?
いえいえ、
ちゃんとつめたく冷やしてあって、
ちゃんと瑞々しくて、
とても嬉しい楽しい美味しい!




前島にも上陸
1109044.jpg
もうね、壮観(くどいですが(笑))


前島で出会った木彫りの恵比寿様。
彫った人の願いが通じますように、と、
事情を知らない私でも、思わずにはいられない佇まい。
1109048.jpg


うしろから見たお姿。
1109046.jpg



向かい風の中、やっぱりみんなでくぐりましょう と、
いつもの橋まで漕いで
1109047.jpg
帰りました。


皆様、お疲れ様でした。
楽しんでいただけたのなら 嬉しいのですが・・・。


posted by たみ at 18:55| 長崎 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

琴海赤水公園 (例えば第4回ふれあいまつり)


赤水公園について。

正式名称は、「琴海赤水公園」と言うらしいです。
とにかく、大村湾一望のロケーションがすごい!


国道206号線明誠高校の交差点から
県民の森(県道204号線)方面へ。

西山緑樹園さんの前を通り過ぎて(ブログ内リンク)

ここから道なりに斜め右へ。
1109akamizu.jpg

500メートルも行かないうちに、
1109akamizu1.jpg
「琴海赤水公園入り口」。

1109akamizu2.jpg

えっと、
草刈りの真っ最中でしたので、
当日にはこの看板も見やすくなっていると思いますよん。

全体。
1109akamizu3.JPG


注意事項
1109akamizu4.jpg


オートキャンプのサイト(10区画分)があって。
1109akamizu9.jpg


市民農園もあります。
1109akamizu10.jpg

「「猪よけの電柵」がついとって「管理棟」のある市民農園は
 ここくらいのもんばい。
 眺めもよかし、よかよ。
 あんたもしてみんね。」
と、作業中の方が(笑)。

この市民農園
琴海町が整備してそのまま長崎市に移管されたようで、
この類の施設としては なかなか らしいです。


あと、草スキー場も。

きちんと整備されていて、
とてもきれいな印象の公園です。


ぐるりと散策路がめぐらされた池。
1109akamizu7.jpg


こういうわけで、
1109akamizu6.jpg
親水性は高くありません。



1109akamizu6 - コピー.jpgえっと、わらうとこ? さておき




今咲いている花でめだったのは、これくらい かな。
1109akamizu8.jpg
サルビアかと思ったけど、ちょっとちがうみたい。



キャンプサイトからも、
市民農園からも、
大村湾一望。
1109akamizu5.JPG
とにかくロケーションが素晴らしい!
(すみません。もやがかかっていて、写真は とほほ になってしまいましたが、
 ほんとうに気持ちの良い場所なんですよーー!)




琴海赤水公園で行われた催し。

例えば
第4回赤水公園ふれあいまつり

きなっせ!!琴海

日時  2011年9月11日 10時〜15時(雨天中止)


大村湾を一望できる「琴海赤水公園」でミニイベントを開催します。
初秋のさわやかな風に包まれて、人や自然とのふれあいを楽しみませんか。


竹細工(おもちゃ)教室  10時〜14時30分

大声絶叫大会   11時30分 (参加受付10時開始。)

スケッチ大会   10時〜14時

水鉄砲競技会   13時30分から (参加受付10時開始。)

豚汁をどうぞ  整理券配布11時30分開始、先着300名

等の催しのほか

地産の 野菜 栗 なし 葡萄 の販売もあります。

主宰 琴海地区まちおこし委員会(事務局 琴海商工会)

(以上 フライヤーより)

詳細につきましては、琴海商工会にお尋ね下さいますように。



とかね。




posted by たみ at 12:42| 長崎 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする