2011年07月30日

ジャズライブの情報をもう一つ。


以前から「やるよー」と聞いていたライブの詳細がわかりましたので、
アップします。

タイトル

高野正幹Quartet&溝口一博at「BODYUSOUL」

日時
2011年8月17日(水) 19時30分開演。

会場
「BODYUSOUL」(ボディトゥソウル)(ブログ内リンク)


チケット
3500円(ワンドリンク付)


出演

高野正幹カルテット

高野正幹 テナーサックス
小池順子 ピアノ
成重伸也 ベース
成重潤蒔 ドラムス

ゲスト
溝口一博 テナーサックス

お問い合わせ
「さろまにあん」(サロマニアン)
「BODYUSOUL」(ボディ・トゥ・ソウル)
(詳細は、お調べ下さいますように
 下のフライヤーの写真をクリックすると、
 連絡先読めるかも です。)

えっと、
「ゲスト」の溝口一博さんは、
いわずと知れた「さろまにあん」のマスターで、
一部がカルテットの演奏。
休憩を挟んで、二部で一緒にやる って感じかなぁ
なんてこと言っておられました。

「さろまにあん」(サロマニアン)(ブログ内リンク)

フライヤー
110730mizogutilive.jpg


しばけんさんのライブ(ブログ内リンク)ともども、
是非是非!

柴田健一さんのライブのフライヤー入手しましたので
110730sibaeknlive.jpg

(うーん、もうほとんど「まわしもの」の領域ですね・・・
 とりあえずワタクシ、「小心もの」ではありますが
 決して「怪しいもの」ではありません
 が。
 すでに「まわしもの」と化してしまった恐れは充分に・・・(笑))


7月29日の、さろまにあん。
何故だかわたしゃ、(じゃんけんに負けた てい で)いっつも、コーヒー・・・。
ほろ酔いのよめの運転手として(ま、たのしく)帰るのでした。
    110730saromanian.jpg

    110730saromanian1.jpg

posted by たみ at 08:38| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

(大きな声で言うほどじゃ無い)長崎のお勧めスポット。

(大きな声で言うほどじゃ無い)お勧めスポット。

ってことで、
以前から気になっていたここをご紹介したいのです。

場所は、国道499号線の、税務署のちょっと先。

これです!!

110728uturu2.jpg

最初見たとき「おお」と。

ちょっとわかりにくいですかしらね。

110728uturu3.jpg

うーん。
以前はもっとくっきり写っていたような気がするんだけれどなぁ。

屋上の看板から会社名が撤去されているようですので、
もしかしたら、
ここんところガラスが磨かれていなくて汚れたままに・・・
なんて事になっているのかもしれません。


このビルに、これが映りこんでいるのでした。
110728uturu1.jpg


このあたりは海岸沿いにクレーンがにょきにょき生えてたりして、
海の無いところから越してきたばかりの頃、
こんな市街地の景色の中に造船所なんかがあったりするのがもう嬉しくて嬉しくて
造船所の下請け会社でバイトした事もあるくらいなのでした(笑)。

そのころにはこんなガラス張りのビルなんてありませんでしたが
ある日気がついて「おお」と。

まだ気づいていないあなた
いつか是非通りがかって(笑)「おお!!」となってくださいね。

そのときには、
せっかくだからガラス磨かれているといいなぁ・・・。

posted by たみ at 11:13| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 目にとまったものだから。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

シーボルト邸跡、草刈り情報 続編。ちょっと散歩も


ここの続きとして(ブログ内リンク)

シーボルト邸跡、

110720narutaki8.jpg

草刈の最中でした。

ここが、
110707siebord8.jpg

こんな感じに。
110724narutaki1.jpg


110724narutaki2.jpg

なんか、よかったー。ほっとしました。(笑)。

あ、
追加情報です。
110724narutaki3.jpg
第2月曜日が休館 だそうです。

これ、実は6月に訪れたときには
こんな風に
110724kyuukann2.jpg
お正月の時期のみ休み と言う感じで表記してあり、

7月の第2月曜に訪れたときには
110724kyuukann1.jpg
こんな(乱暴な)感じで(失礼)休館しており、

今回ようやっと第2月曜が休館日だと言う事がわかったという、
なんかちょっと「おいおい」な感じでしたが、
ま、いっか。


鳴滝あたりをちょっと散歩してみましょう。


シーボルトと言えば、やっぱり「紫陽花」。

110720narutaki1 .jpg

長崎市の花でもある紫陽花をモチーフにしたあれこれがそこここに(笑)。

110720narutaki2.jpg


標識・看板はいくつか見かけたのですが、
イマイチ実態のわかりにくい「シーボルト通り」

110720narutaki14.jpg
(あ、何故かここにもあじさい。)


110720narutaki9.jpg

110720narutaki10.jpg

うーむ・・・。


「石橋群」も、このあたりから始まります。

この橋が、
110720narutaki7.jpg

中川橋 古橋
110720narutaki6.jpg


すこし歩くと、また別の。

110720narutaki5.jpg


川では、子供たちが遊んでいました。

110720narutaki12.jpg

急峻で家が建て込んでいる鳴滝川
雨の警報なんかが出てる日には、
110720narutaki3.jpg
すぐにこんな事に。(ほぼ同じ場所です)


でも、

110720narutaki4.jpg
川への階段もあって、親水性高し。



こんなバイクとすれ違って
おもわず おっ と振り返ったりもして

110720narutaki11.jpg

なんか良いんですよ、この界隈。
ここから伊良林小学校方面へ出て、
中島川沿いを歩いて中央橋まで
昔、彼女(今のよめですけれど(笑))と、よく歩いたもんです。
(実は、この伊良林小学校の近くに住んでたことがあるものですから)

中島川と西山川の合流するあたりに、屋台のうどんやさんがでていたのは、
いつごろまででしたでしょうか。

・・・・・・・。


最後に、
今日シーボルト邸跡で見た花たちを。


110724hana1.jpg

110724hana2.jpg

110724hana3.jpg

110724hana4.jpg






posted by たみ at 23:34| 長崎 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

角力灘に沈む夕日〜城山 あるいは 大城公園展望台〜


城山 あるいは 大城公園展望台(ブログ内リンク)からの、夕日を。



19時22分くらいから、太陽が見えなくなるまでの5分間。

なんか、新しい玩具を手にしたサルのようになっていますが(笑)。

見えている島は、
後ろの大きな島が 池島
穴の開いている特徴的な島が 大角力
手前右の島が 小角力
真ん中が 母子島


今日(2011年7月22日)
長崎市の日没データは、19時27分ということです。
ほぼその時刻に、夕日が雲に隠れてしまったので、
海まであと1〜2分ってとこでしょうか。

110722sotomeyuuhi1.jpg
展望台から。(19時17分。)

110722sotomeyuuhi2.jpg
日没後に赤くなる空(19時47分)

110722sotomeyuuhi3.jpg


えっと、
もし、もしですよ あの展望台から夕日を見てみようかな
と思ったあなた
日没後もしばらくぼんやり眺めたりしていると、
帰りはすでに「足元が暗い」です。

懐中電灯と虫除け対策 は、是非もんで。

道の駅そとめ の駐車場から、
ちょうど15分で、現場に到着しました。

くれぐれも、お気をつけて。

posted by たみ at 22:37| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕焼け半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひぐらし 西彼杵半島 朝 編 2011年7月22日版。


ウチのあたりでは、
午前5時くらいから3〜40分ほど
ひぐらしが鳴きます。

今朝、雲が「良い感じ」に散らばって
きれいな朝焼けが見られるかも、と動画にしてカメラを放置してみましたが、
空振りでした。

えっと、
凝りもせず
「今朝の西彼杵半島」として、Youtubeにアップしてみました。





東の空(日の出より1時間前くらい)5時から5時15分。


反省点
朝の微妙な色とかは、
ホワイトバランスをオートにしていては
ちょっと駄目なようですね。


次こそ(・・・つぎもあるんかーい(笑))


posted by たみ at 17:28| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

柴田健一さん(トロンボーン奏者)のライブのお知らせ。

リンクを貼らせていただいているトロンボーン奏者の、
「柴田健一」さんのライブのお知らせです。


楽しい時間をすごせる事 うけあい です。
是非!!


タイトル

柴田健一アンサンブル
LIVE AT MATSUGAE Summer Jazz Live Vol.4

日時
2011年8月6日(土)  18時開場  18時30分開演

会場
松が枝国際ターミナルイベントホール   


チケット
学生(高校生以下)1300円(ワンドリンク付)  
一般(大学生以上)2800円(ワンドリンク付)  

当日は200円増し
未就学児無料


出演
柴田健一アンサンブル」  

市場美奈 フルート  
柴田健一 トロンボーン  
尾口陽軌 ギター  
吉岡かつみ ピアノ
田川遊人 ベース  
木下恒治 ドラムス

チケット取扱
浜屋プレイガイド・かくうち良県庁坂店 

です。
詳しくは、
トロンボーン奏者 シバケンさんのブログ(シバケンさんの公式(?)ブログ)
まで。


追記。
行ってきました(ブログ内リンク)
posted by たみ at 17:37| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

初めてエンジン式刈払機を買おうと思っているあなたへ 私のできる助言。


初めて エンジン式刈払機(エンジン付き草刈機)を買おうと思っているあなたへ、
(今まで6台くらいを使ってきた)私のできる精一杯の助言を聞いてください(笑)。

充電式のモーターで動く草刈機は一度も使用した事が無いので、
スミマセン情報を全く持ち合わせません。
あと、メーカーに関しての助言も(情報不足で)ようしませんので、
あわせて、スミマセン。


これですね、エンジン式の草刈り機
110719kusakari1.jpg
ホームセンターなんかに行くと、
思いの外種類があって、「おっ」となってしまいます。

さ、選ぶにあたっては
先ず、エンジンの排気量を見てください。
1番安いものは、排気量「20cc」だと思います。
安さは魅力ですが、諸事情が許すならば、
それはパスしていただきたい。
せめて最低「23cc」
できれば「25〜26cc」くらいのものを選んでいただきたい。

20ccのエンジンのものはトルクが細いので
どうしても回転を上げ気味にして使用する事になります。
(とくに草ぼーぼーだったりすると
 「相当スロットルを開か」ないと止まってしまったりします。)
結果、結局燃費が低下したり、
かえって騒音が大きくなったりしかねません。
(3ccとか5ccとか、ほんのちょっとの事なんですが、
 実際使うと、思いの外違う ものなのです。
 それと、
 後で書きますが、
 ナイロンカッター(ナイロンコード)を使用する場合にも、
 排気量が大きいほうが、断然使いやすい。)

ですので、できれば「20cc」はパス と言う方向で・・・。


で次に「刃」なのですが、
なんと言っても「チップソー」が
断然良いと思いますです。

110719kusakari2.jpg
(わけも無く2枚重なって写っています。気にしないでね)

かつて「チップソー」はとても高くて
(他の4枚刃・8枚刃・12枚刃とかは500円程度ですが、
 かたやチップソーは、1枚5000円くらい と、1桁違っていました)
よう買いませんでしたが、
今は値段もずいぶんこなれてきたので、
これはもう、迷わず「チップソー」を選んで大丈夫だと思います。
(って言うか、今ではチップソーとナイロンカッターしか置いてない
 くらいのイキオイですね。)
ただこのチップソー、安いものは歯がどうしても軟弱で、
使用頻度が低いあなたには十分実用的なのですが、
(イメージで言うと、百均で買った包丁 みたいなもんかな)
ヘビーユーザー候補のアナタは、
一番安いそれ(2枚組大特価みたいな)は、
避けた方がストレス溜まらないかも です。


追記(2013年8月4日) 
今日、町内の草刈りがあって「刃」の話になったのですが、
「8枚刃」もなかなか使いやすくて良い と言う見解が。
集まったエンジン式刈払機13台の内4台がこの8枚刃を装着しており、
(残り9台はチップソーを装着)
この8枚刃を使っている人が皆
「刃を研ぐ」ことが出来るなら、こっちの方が使いやすいし安上がり
という意見でした。
メンテを厭わないヘビーユーザーには、
8枚刃もお勧め 
そんなことは到底できない と言うワタシやアナタは
やっぱりチップソー1択ということで。
逆に(笑)言うとつまり
エンジン草刈機の刃を研磨するだけの「スキル・ノウハウ・ガッツ」
を持っているアナタは、
8枚刃 がベスト と言うことに。
(あの、あれやこれやで、「チップソーを研ぐ」は、考えない方が良いようですよ)


以上参考までに。
追記終わり。


110719kusakari3.jpg
(いくらなんでも換え時のチップソーと、新品のそれ)


もしあなたが刈ろうとしている草のなかに、
50センチを超えてしまったようなセイタカアワダチソウだとか、
110719kusakari6.jpg

ちがや とか すすきとかの、イネ科の葉っぱの長いもの だとか、
110719kusakari5.jpg

蔓だとか、
110719kusakari4.jpg
(特に、ちがや、すすき、蔓系の植物 は、
 ナイロンカッターの大敵ですから、
 まずはチップソーで刈って、その後こまめにナイロンカッター。
 というのが、理想です。)

が生えていなくて、
(例えば)このページの一番上の写真 くらいの
ぽつぽつ生えはじめた草を刈ろう
ということでしたら、
ナイロンカッターをお勧めします。

(これも種類がいろいろありますが、
 「勝手に長くなる」とか「ノックすると長くなる」とかの
 仕様のものが、使いやすいと思いますです。
 なんか、知らない間にナイロンコード切れて(ちぎれて)
 どんどん短くなっていってしまうんですよね どうしても。)

これは今ウチで使用している 勝手に長くなる仕様 のものです。
110719kusakari7.jpg

ナイロンカッターで草刈りをすると、
刈った草が粉砕されてしまうので、
草刈り後の草の処理の必要がほとんどありません。
この事の、どれほど 楽ちん なことか。

ただし、その粉砕された草があなたにも
情け容赦なく襲いかかって来ます(笑)ので、
パンツ、靴下、靴 は、なかなか大変な事に!
しかも、これ、洗濯しても落ちにくい・・・。

ですので、ナイロンカッターをお使いの際には、
薄いオーバーパンツ
(例えば、ホームセンターで買える1番安い雨具のズボンとかね)
もしくは長いエプロン(草刈り用 として販売されてるものもあったりします)
そして長靴 を、是非もんでお勧めします。

このナイロンカッター、
ある程度長くして使ったほうが草刈りがしやすいのですが、
長くすると、急にトルクが必要になって、
力が弱いとなかなか回転数が上がりません。
回転数が上がらないと、上手く草が刈れなかったりする。
ここの兼ね合いで、やっぱり「20ccのエンジン」だと、
トルクが細くて、とても使いづらかったりするんですね。
ですので、ナイロンカッターを使いたいとお考えのアナタこそ、
排気量は大きい方が使いやすい と思いますです。


さらに追記

コメント欄に「2サイクルと4サイクルでは?」
と言う質問がありましたので、
こちらにも返事を。

小さいエンジンですので、
燃料の若干のめんどくささ
(「オイル混合燃料」ですね。最悪「草刈り機用の燃料」として
 DIY店なんかで売っています。
 半年に2回くらいしか使わない なんていう
 使用頻度の少ないあなたは、
 断然こちらの方が良い かも・・・(ずいぶん割高ではありますが))

燃費悪い・音やや大きい とかのネガティブも込みで
やはり同じ排気量でしたら
2サイクルのほうがチカラがあって軽くて
使いやすいと思います。

でもそのうち、
原付バイクのように「排ガス規制」で
販売されなくなってしまうかもですね。
2サイクルエンジン・・・。


注意事項がひとつ。
(この後、本文でもちょっと触れていますが
 ここが4サイクルエンジンに比べて1番面倒なところかもしれません。)
2サイクルエンジンの燃料は「混合燃料」で、
ガソリンと専用オイルを混ぜたものです。
この燃料が劣化してキャブレター等に詰まる のが、
たぶん故障の原因の多くを占めるのではないかと思われます。
1ヶ月以上使わない なんていうときには是非
エンジンが止まるまで燃料を「使い切って」下さい。
(次に使用する際、始動までにちょっと時間がかかったりしますが
 プライマリーポンプでしっかり燃料ポンプアップして
 プラグかぶらないようにチョークを操作して
 あとは気合で・・・(笑))
これだけでもキャブレターの詰まり等、燃料の劣化に関する故障は
ずいぶん軽減されると思いますので。


以上追記おしまいです。


最後に、
是非お伝えしたいアドバイスなど。

エンジンばりばり言わせて草刈っている時には、
思いの外テンションがあがっていたりするもんです。
(植えたばかりのあれこれを「気をつけなきゃな」なんて注意していたはずなのに
 ばつっ とやってしまった事は、一度や二度ではありません)
加えて、エンジンが相当「ばりばり」言っているので、
他の音がほとんど聞こえません。
小さいお子さんとか犬とか、
とにかく「危ない」ものは、最初から遠ざけておいてください。
気をつけているから大丈夫 は、「ありえません」。

あと、
ゴーグルみたいな作業用のめがね ありますよね
あれ、是非お使いください。
うっとおしかったり、なんだか大袈裟だったりして 
ちょっと なに なのですが、
重ねて、是非お使いくださいね。

ナイロンカッターだと、
見た目あんまり「危ない」感じがしませんが、
石とか飛んでくる勢いは、チップソー以上のものがありますし。

イナカで暮らしていると、
一家に必ず一台はある、という必需品で便利な道具ですが、
とにかく、
なんていうか、チェーンソーとタメはるくらい の凶器ですから、
くれぐれも気をつけて。
(慣れちゃいかん と自戒もこめて)

何ヶ月も使わないでおくときには、
(燃料である「オイルの入った混合油」は、
 古くなるといろいろ「不都合」がありますので)
燃料を使い切ったほうが、良いようです。
あと、
(そんなやつは私くらいしか居ないと思いますが)
歯の方を上に向けて雨ざらしのまま置いておく みたいたなことしてると
水が浸透して草刈り機のクラッチのところが錆びちゃう
なんて事も起こったりしますのでご注意を。

そういえば、ウチでおきたトラブルの中に、
エンジンかからなくなってあれこれ見てみたら
土蜂が排気口に卵を産み付けていた っていうのがありました。
これは、超レアな例 ですよね・・・。



刈り方のちょっとしたコツみたいなものも少し。

草刈り機使うときにぶんぶん振り回しておられる方がいますが、
エネルギー勿体ないです。
草は草刈り機が刈ってくれますので
グリップをしっかり握る を意識して、
肩の力は抜いて、
ゆっくりゆっくり草刈り機を動かしてください。
ほら、力入れなくったって、草刈れてく刈れてく(笑)
その際には、
往復で刈るんじゃなくて、
(上から見て、反時計回りに歯が回転している場合)
右から左方向へ動かしながら刈る
一度右へ戻して
又右から左へスウィングしながら刈る と。
草刈り機はゆっくり動かす。
グリップはしっかり握り 肩の力を抜く でね。

ナイロンコード使用の場合は
むしろ コードが回転する「へり」を意識しながら
すこし右に傾け気味にして左から右 のほうが刈りやすいかもしれません。
その方が草が飛んできにくいですし。
それと、ナイロンコード使用して背が高い草を刈る場合には、
真ん中位を刈る、根元を刈る。
と上から順に2〜3回に分けて刈って行くと刈りやすいですし
草もいい具合に粉砕されて良いと思います。

上にも書きましたが
つる植物やイネ科系の葉っぱの長い(ススキとかちがやみたいな)草が
沢山生えている場合は、潔くナイロンコード諦めてチップソーにした方が
たぶん幸せです・・・。

チップソーとナイロンコード
どちらか片一方だけしか使っちゃいけない んだとしたら、
(ま、そんなことは起こりませんが)
チップソー一択なので、
この二択で迷ったときには、チップソー ということでひとつ(笑)。



以上長々と書いてきましたが
ナニカのお役に立てれば幸いです

と、
今日はここいらで、おしまい。


posted by たみ at 17:12| 長崎 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 半島人の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

花を。


耕作放棄地に花を。(ブログ内リンク)
で、
おぢさんたち 頑張る編(笑)。

最初は ひまわりの種を植えよう というような話から始まったのですが、
なんだかんだと今になってしまい、

110717ryokuka1.jpg

結局 ひまわりの苗と、コスモスの種 を、同じ所に、畝ごとにわけて
ということになりました。

110717ryokuka4.jpg

コスモスの種を撒く◎崎さん。
農業のプロ。なんか種撒くカタチに、惚れ惚れしてしまいます。

110717ryokuka3.jpg

こちらはシロウトの◎本さん・・・。
◎崎さんと「同じ事」をしているとは思えないようなお姿。
(ワタシも一緒。どうりで腰痛いはずです。)

110717ryokuka5.jpg

えっと、これは何かって言うと、
猪が蔓の根をほじった跡。
今年は猪の被害が、多いようです。

こうして暑い中、おぢさん達は、
ひーひー言いながら、放棄地に花を を、少しづつ始めたのでした。

花、咲くといいなぁ。

そんで、あれこれ終わった後、
いやぁ ビールが旨い
(って、結局そこかい!と自分で突っ込みを入れつつ、今回はこれで)

posted by たみ at 22:35| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーボルト邸跡・シーボルト記念館 に行く。


まだ梅雨のさなかの2011年6月某日、
シーボルト邸跡 と、シーボルト記念館 へ行ってきました。

このふたつは「同じ」だと思っていたのですが、
シーボルト邸跡 は、国指定の史跡
シーボルト記念館は、長崎市管轄 で、
どうやら「別のもの」らしいのです。

だからなのか、
記念館で配布している資料の中に「シーボルト跡地」の説明があるものは、
ありませんでした。
後に出てきますが、駐車場も「シーボルト記念館専用無料駐車場」となっていて、
記念館休館日には閉鎖されます。


シーボルト跡地

あ、ここに関しては
注意事項を先に。
このシーボルト跡地、「血に飢えた蚊」が「異様」に多いです。
(殊に、朝夕は、ものすごいものがあります)
ですので、肌の露出の多い方(短パン・タンクトップとかね)
特にお気をつけ下さいますように。
もうね「うわ!」って言ういうくらい寄ってきますから、間違いなく。

さておき、

シーボルト跡地

110707seibord1.jpg

シーボルトは、なんでこんな怖い顔で銅像にされたのでしょうか?
というような険しい表情(笑)。

110707siebord2.jpg

まだ梅雨開けしていない っていうこともあるのでしょうが、

110707siebord7.jpg

110707siebord8.jpg

なんか妙に「荒れた」感じの、シーボルト跡地 なのです。

110707siebord9.jpg

ちがいますよね。
これ、れんぎょうじゃあ、ありませんよね。

とか、

110707siebord10.jpg

なんかこう・・・・・。



気を取り直して、
記念館。

110707siebord4.jpg

110707siebord5.jpg
若き頃のシーボルト像 ですって。

110707siebord6].jpg

建物はオランダ・ライデン市のシーボルト旧宅を
玄関は、シーボルトの祖父カール・カスバル宅を、
それぞれイメージしたもの(パンフレットによる)らしい。

入館料は大人100円 小中学生50円ということでした。


「医師」としてのシーボルトの遺品が多かったように思います。
展示はいろいろ工夫もしてあり、
興味深く見ることができました。

ただ私としては、
もうすこし「植物誌」「動物誌」に関した資料がたくさんあればなぁ
と。
「川原慶賀」の絵とか沢山見られるかな と、ちょっと期待して行ったので
そこ、残念でした。

それにしても、「シーボルト邸跡」は、もう少しどうにか・・・。
定期的に草刈りするとか・・・。

もしかしたら梅雨明けに整備されるのかな?
ということで、この項保留 
梅雨が明けたら、もう一度訪れてみる事にしましょう。


アクセス

路面電車 をご利用の場合、
新中川電停で下車。あるいは、終点蛍茶屋で下車してもあんまり時間は変わりません。
ゆっくり歩いて10分もあれば着くとおもいます。
えっと、
ホントは
たとえば、蛍茶屋で下車して、進行方向左側の路地へ入ると、
そこは長崎街道ですし、
(あ、蛍茶屋まで行くと、行き過ぎている ことになりますので、
 長崎街道を、「戻る」感じで歩いてくださいね。
 わかりにくくて、ほんとにすまぬ。)
たとえば、桜馬場中学校を右に見て
その手前 田尻米穀店 のところを右に曲がる細い路地も、
なんか良いですし、

もしあなたが 路地がお好きで、時間があって、
できれば地図をお持ちで、さらにそこで迷ったりするのがお好きな方であれば、
このあたり、是非歩いてみてください
(長崎弁で、さらく あるいは さるく と言いますです。)
と、限定的な「あなた」に向けた、超個人的な感想(笑)。


車で行かれる場合

スミマセン。私には、説明不能。
どの道を辿っても、「大丈夫?」というような
細い道ばかりです。
(いま、拡張工事をしている道があって、
 あと2年(推定)もしたら、
 いまよりずっとアクセスしやすくなっているとは思いますが)

とにかく「長崎県立鳴滝高校」までたどり着いてください(笑)
そこのグラウンドの奥に
シーボルト記念館の「無料駐車場」があります。

110707siebord13.jpg

私が行ったときには、
どこかの会社の車がとまっていました。
(向かって左側のフェンスの奥は、鳴滝高校の駐車場です。)
110707siebord14.jpg

先にも書きましたが、
この駐車場は、記念館が休みの日には閉鎖されるのですが、
「シーボルト邸跡」の方は、記念館の休館日でも9時〜5時 でゲートが空けられているようです。
駐車場が閉まっていても、
「鳴滝高校」のグランド沿いに、パーキングメーターが設置してありますので、
(一時間200円。)とりあえず大丈夫。

詳しくは記念館のHP(シーボルト記念館公式HP)を。

そんなこんなで、
シーボルト跡地、後日もう一度確認してみましょう。

と言うわけで行ってみました。
7月24日のシーボルト跡地(ブログ内リンク)。



鳴滝川
実はこの鳴滝川上流あたりは、
昭和57年7月23日に起こった長崎大水害で(ブログ内リンク)
大きな被害を受けた地区でもあります。
まもなく「その日」がやってきますが、
なんか、そんな事も少しアタマの片隅において、
このあたりさるいていただければ、嬉しいです。

なんかいろんな思いもあってとっちらかってしまい
(ま、いつもの事っちゃいつもの事ですが・・・(凹))
いつにも増して読みにくくわかりにくいページになってしまいました。

加えて、訪れた当日は
けっこうな雨降り(警報が出ていました)でしたので、
写真が「しらしら」しております。

諸々ご容赦くださいますように。

posted by たみ at 06:15| 長崎 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

ひぐらし。半島の夕暮れ 再び。


再度、ひぐらしの夕暮れを(・・・)。

http://youtu.be/eRAPEWY8WUE (You Tube へ)


台の上にカメラのっけて、15分間放置。
だんだん間遠になっていくひぐらしの声と、
ゆっくりと流れていく雲と、
少しづつ暗くなっていく空だけの映像です。



 今回気づいたこと

カメラを音源の方向に向けていないと、
音がぼんやりとした感じになる。(あたりまえか)

思いのほか「くどい」自分の性格の(今更ながらの)再発見(笑)。


 反省点。

満月前の月がとても いい感じ だったので、
どうせ音源の方向に向けなかったのだから、
カメラ、
月に向けて置けばよかった・・・残念。



今日、今季初めて、つくつくほうしの鳴く声を聴きました。
ぼんやりしているうちに、季節はどんどん進んでいくのです。


と、
そういうことで 今日はオシマイ。



posted by たみ at 05:16| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

田園の緑  耕作放棄地。


この前 田園の緑の話(ブログ内リンク)をしましたが、
もう一つの田園の緑の事も。

110714kousakuhoukiti.jpg

いわゆる「耕作放棄地」です。
写真は、蛍の舞う川沿いにある松◎さんちの田圃
田植えをされなくなって3年目。
わかりにくいですが、背丈150cmほどのセイタカアワダチソウに
すっかり覆われてしまっています。

あと、◎ノ瀬さんちも、80歳を過ぎたご夫婦で続けられていた稲作を、
「もう、きつうしてのさんばい」
(からだにこたえてどうしようもない って感じでしょうか)
と、耕作放棄を。

そんなこんなで我が家のご近所でも、ここ3年ほどで、
2500坪近くの水田が写真のような状態になってしまいました。

耕作放棄地に花を、と、
今年から地区の有志の方達が活動を始めたのですが、
地主さんそれぞれの思惑もあったりして、
事はなかなか進んでいかないのでした。

うーん。

posted by たみ at 08:56| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

カナカナ・日暮・蜩 ・ひぐらし(みんな同じなんですケドね。)


2011年7月13日午後7時
あんまりカナカナ涼しいので、
デジカメかかえて撮ってきた音(絵も(笑))を



初めて YouTube にアップしてみたのでした。

鶯の声まで入って、
西彼杵半島山間部の初夏の夕暮れの、涼しい音。

短いし、画面ぐらぐらしていますが、
是非!(って言う程のものかどうかは「??」なのですが・・)

posted by たみ at 20:10| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨のあがった朝は・・・田園の緑。


雨上がりの朝
伸び盛りの稲が、とてもきれいです。

110713c (640x427).jpg

谷間のちいさな耕作地なので、
見渡す限りの と言うわけには行きませんが
なんか良いのです。

110713a.jpg

ホント、
なんか良いのです。

小さな頃、踏み切りで
だんだん細くなっていく線路を飽きずに眺めていた
(よい子はまねしないでね。 でも
 ばれないように(笑)そっと大急ぎで振り返ると、
 だんだん太くなっていっている線路が見られる
 なんてオトギバナシもあったようななかったような・・・。)
あの感じも、ちょっと思い出したりして。

110713d.jpg

いろいろ苦心の跡も。
ここは◎山さんちの田圃。
こんな風に眺めていると、
◎山さんや ◎崎さんや、◎田さん ◎口さん 
と、
それぞれを耕しているご近所のかたがたの顔も、
浮かんできて
(因みに、ウチで食しているお米は、
 ◎口さんからわけていただいています。
 近くに精米の自販機(?)がたくさんあるので、
 5sくらいづつ精米しています。)

こういう風景が、大好きです。



posted by たみ at 08:30| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

半島の雨雲 そして 謎のキノコ


110711nikki.jpg

7月10日日の入り前。

そんなこんなで、(ブログ内リンク)
今日も半島に雨が降るのでした。


110711kakiwakeru.jpg

その雨雲の隙間から、夏の雲。

なにか話し合っているようにも見えて、
どーやって半島の雨雲を押しのけて夏にしてやろうか とかね(笑)。


そしてこの時期恒例の(・・・)謎のキノコも。

110711nazono.jpg


因みにこれは2009年版謎のキノコ(ブログ内リンク)

しみじみ見てるとキノコってやっぱりなんか
ちょっとコワイ。




posted by たみ at 08:39| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

朝焼け 西彼杵半島梅雨明け(したと見られる(笑))


九州北部も梅雨明けと見られる と昨日(2011年 7月9日)。

で、今朝、
ヒグラシが鳴きはじめたころ、
ひさしぶりに、凄い朝焼けなのでした。

110710asa.jpg

ただ、
雲はまだ「夏」のそれではありませんね。
posted by たみ at 05:29| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ミロって言うから見る(・・・) 長崎県美術館へミロ展を見に。


2011年7月10日までの日程で開催中のミロ展に、
わ、もう終りじゃん と、急いで行ってきました。

110709miro2.jpg

エントランスや、渡り廊下のガラスには
ミロのリトグラフに繰り返し現れるカタチをモチーフにした
青い星なんかが飾り付けられて

110709miro1.jpg

美術館はミロ気分(笑)。

なんていうのか、
改めて、そっか、見知っているミロの作品は、ほとんどが
直接描く「油彩」とかじゃなくて、
リトグラフとかのいわゆる版画の技法で描かれているんだ と
今更ながら。
あの色も形も、「描いた時間のそのまま」が定着されたものとは
ちがうんだな と、そんな事考えながら見てると、さらに
写真なんかでみるよっか百万倍も訴求力のつよい(あたりまえか)
作品に、とても惹かれていくのでした。

チャンスがあれば(土日でおわりですので、急いで(笑))是非!!。


ただ、
豊田市美術館からやって来ていた油彩の「絵画」(作品名です)
っていう絵が、光線や背景のぐあいで、
非常に見づらかった(近づくとガラスの反射でほとんど見えなかった)事とか、
「ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子」っていう、これも油彩の
作品の「ガラス」が、なんだか妙に汚れていた事とか、
もう展もおわりだっていうのに、ずっと改善されなかったんだなぁ と、
そんなこともすこし。


一度美術館のカフェで茶でも と思いながら、
まだ実現していないのは・・・

110707kennbi1.jpg

なんかあんまり「おされ」すぎるばしょに気後れする
ヘタレな私だからなのです。


長崎県美術館は、

基本、

開館時間:10:00〜20:00(事業により時間変更あり。)
休館:毎月第2・第4月曜日(休日・祝日の場合は火曜日が休館)

です。(詳しくは、お調べ下さいますように(長崎県美術館公式HP))



そう言えば、過日、ルオーさん見に(笑)パナソニック電工美術館に行ったとき、
110709odekake.jpg
時間短縮で、17時閉館(16時30分入館締め切り)だったりして、
うわ、と、慌てたりする事があって、
彼の地の「節電意識」の厳しさにびっくりした事を思い出しました。

いつまで経っても不透明なままの原発は
いまだに正しい情報が出ているのかどうかすらわかんないし、
政治はあんなだし、
九電もここにきてもまだあんなことやってるし、

個人としてできることは多くはないのかもしれないけれど、
せめて、自分の問題 として考えていかなくちゃね
なんてことを ふと。


posted by たみ at 01:21| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

螃蟹(つがね)の滝 あるいは 螃蟹落(つがねおとし)の滝 本編


螃蟹落し(つがねおとし)の滝

tsugane0.jpg

螃蟹(つがね)  読めません。
 
モズクガニ(ドロガニ とも)のことなのだそうで、
そう言えば「がね」とりに行こ、と誘われて、
「がね」っていうのが「わたりがに」のことなんだと知ったのは、
長崎に越してきてすぐの頃でしたっけ。
現場で味噌汁の出汁にして食べましたが、
それはそれは美味しくいただきました・・・・・。

と言うことで、

螃蟹(つがに)  

やっぱり読めないことには、変りないのでした(笑)。

えっと、前回(ブログ内リンク)、どこまででしたっけ。

そうそう、トンネルでした。

tsugane00.jpg

このトンネルを抜けて行くと、
今の時期、緑がとても美しい小道を辿って、

tsugane1.5.jpg

tsugane1.6.jpg

tsugane1.jpg

110707tugane5.jpg


滝へと。

110707tugane2.jpg

110707tugane1.jpg

tsugane8.jpg

tsugane4.jpg

tsugane7.jpg

つがね落しの滝の大きな特徴の一つが、
写真でなんとなくわかるかもしれませんが、
「滝つぼが無い」って事。

すこし角度があって、水が垂直に落下していない事
滝の落下点が岩盤である事
そして、普段は流量があまり多くない事
等の理由が考えられますが、

滝で水遊びをするのには、なかなかよいのです!

110707tugane3.jpg

えっと、
ずらずら写真並べてはみましたが、
スケール感が全く伝わらない・・・。


実はこの日偶然
テレビカメラにNCCとステッカーを貼った人たちが
滝の撮影をしているのに出くわしたのでした。

右下にカメラマンと助手の方。

110707tugane4.jpg


つがねおとしの滝は、高さ20メートルなのだそうで、
すこしは大きさがわかりますでしょうかしらん。

因みに、
これは、2月某日のつがねおとしの滝。

tsugane9.jpg

倒木はあるし、
滝はちょろちょろだし、

tsugane10.jpg

おなじ滝だとは、思えないほどです。

やっぱり滝に出かけるのなら水量の多いときに ですね。

ただ、水量の多い時期は、途中の道が
こんなことになっている場合が往々にしてありますので

tsuganemiti.jpg

くれぐれもお気をつけ下さいますように。


      さ、

        110707tuganetonneru.jpg

(昼間じゃなければちょっとコワい)トンネルを抜けて、帰りましょう。


つがねおとしの滝 は、
国道202号線を北上。
標識に従って雪浦川手前を右折(途中、すごく道が細い所もありますが)

        tsuganekanban1.jpg

交差点ごとに設置してある(勢いの)標識に沿っていけば、
確実にたどり着けます。

が、
それにしても上の標識に始まってこの滝の表記のさまざまなこと(笑)

tsuganekanban3.jpg  tsuganekanban4.jpg

tsuganekanban5.jpg  tsuganekanban6.jpg

これほどまでに「ちょっとづつ」違うと、
誰かの「意地」だかなんだか(笑)
むしろ見事です。



この日、ずいぶん 蟹 を見ましたが、
私がみかけたのは、サワガニばかりなのでした。

       tsunagegane.jpg

うーん
結局 つがね って、どんなかに?

・・・今日はここまで。
posted by たみ at 04:43| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

街は晴れているのに・・・虫の事とかも。


アメダスの1時間あたりの降水量の日本タイ記録を持つ
「長浦岳」を有する西彼杵半島は
(因みに、同じ西彼杵半島に位置する大瀬戸幸物では、
 非公式ながら10分間の降水量の日本2位の記録を持っています・・・)

晴れている「街」から帰ってくると、
半島の山には雨雲が、って言う事がよくあるのでした。

110701.jpg

夜はひんやりしているのですが、なにせ湿気が多くて・・・。


そして、今の時期気をつけなければならないのが、
百足・毛虫 のたぐい。
台所や洗面所にさげてあるタオルとか、靴の中とか、
あと、傘さしたとたんの ぽとり とか。

今日は、いつついたのか、バッグのチャックの所に、
110701a.jpg

あんまりびっくりしたりはしないのですが、
なんかテンションさがる・・・。

それにしても、良くできてるなぁ。
美しい といってもいい ですよね。
よう触りませんが(笑)。


posted by たみ at 21:57| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする