2011年03月31日

2011年3月31日現在の桜の里運動公園桜開花情報(第4弾)。


2011年3月31日現在の桜の里運動公園桜の開花情報(第4弾)。

3月31日、朝8時30分現在の桜の里の桜。

「街」のさくらより、少し遅いようです。

110331sakura1.jpg
ここが1番「咲いてる」感じ。

110331sakura2.jpg
今週末花見はどうでしょう・・・微妙なところです。

110331sakura3.jpg
うーん。

ウチも、よめさんの御両親を誘っての花見を、
今週末にしようか、来週に延ばそうか、思案。

今週末は、まだちょっとサミシイよね。
来週はもう散りはじめてるかもね。

で、
よしんば散り始めていたとしても、
散る桜もまたよいかもね。と
おおむね「来週の土日天気の良い方」と言う方向。
(あくまでも、我が家では という我が家調べ(笑)で
 明日の夕方、もう一回チェックして最終決定の運び(・・・))。

長崎市内の一番の花見の名所、立山公園 など、
「お花見」のちょうちんやぼんぼりの中止 の話を聞きますが、
桜の里運動公園の桜は例年
そもそも
ちょうちんもぼんぼりも夜間のライトアップもありませんので、
焼き鳥屋の屋台が一軒(二軒?)あるきりの、
いつも通りの お花見 です。

posted by たみ at 09:39| 長崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

メディア・リテラシーのこととか。

スミマセン。
こういうことは扱わないでおこう
と思ってはじめたブログなのですがちょっと。


テレビに出てくる「専門家」のなかには、
(恣意的なのかどうかはわからないけれど)
「科学的なコトバ」と、「情緒的なコトバ」を
とても上手に使い分ける人がいる。
「根拠のある結論」と、「根拠を持たない情緒的な帰結」を、
まったく同じように扱う人がいる。

注意深く見てかなくちゃね。





posted by たみ at 09:30| 長崎 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 目にとまったものだから。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

今朝も霜。


半島には、
今朝(2011年3月28日)も霜が。

110328hantousimo.jpg

北の彼の地に春よ来い!!!!!
posted by たみ at 08:28| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

半島に氷 2011年3月27日。


2011年3月27日 午前8時40分。

20110327hantou.jpg

こんな時間になっても
まだ氷が張っていました。

花冷えっていうけれど、
それにしても、今の時期に・・・。
posted by たみ at 19:57| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

2011年3月25日現在の桜の里運動公園桜情報(桜情報第3弾)。


2011年3月25日現在の桜の里運動公園桜情報(桜情報第3弾)を。

フライング気味に咲いた桜がちらほら。
何部咲きとか言う、はるか以前です。
(ここまでは、去年より一週間くらい遅い感じ。)

110323sakura.jpg

写真は一昨日(23日)のものですが、
今日(25日)も、ほとんど変わらずでした。

ちらほら咲きはじめた桜の木が「ひとにぎり」なので、
今週末 花見には、まだちょっと・・・。

去年出ていた屋台(ブログ内リンク)も、まだ出る気配は無いようですし。

(25日22時。
 今日、なんと!焼き鳥屋さんの屋台が出てたので、
 上記訂正します。)

季節の小さな変化を愛でる風雅な心をお持ちの あなた は、
ぽつりぽつりと咲き始めている桜に目を細める と言う至福を
味わえると思います・・・。

posted by たみ at 19:07| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

骰展 始まる。


骰展(さいてん 骰は、さいころのさいです)
が始まりました。

長崎の美術家(今回は参加14名(まちがってたらごめん))によって
2年に1度開催されている「骰展(さいてん)」が

長崎県立美術館県民ギャラリーにおいて
2011年3月22日〜3月27日の日程で開催されています。

今美術館で開催中の
ザ・コレクション・ヴィンタートゥール も3月27日までですので、
あわせて是非。
posted by たみ at 11:59| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

鶴の北帰行 出水市からアムール川へ。


昨日(2011年3月18日)
沢山の渡り鳥が、大きな声で鳴き交わしながら、
次々と半島上空を横切っていきました。

ブイブイ言わせて飛んでいく
鹿児島県は出水市から来た(たぶん)ナベヅル。
(マナヅルは、2月中にほとんどが北帰行を済ませているのだそうです)
110319hantouwatari (500x462).jpg


よほどリーダーが信頼されているのでしょう(擬人化が過ぎる?(笑))
こんな大きな集団も。
110319hantouwatari1.jpg


風待ちなでしょうか、それとも高度を稼いでいるのでしょうか、
上昇気流に乗って、ぐるぐると回りながら高く高く昇って行く集団もありました。
110319hantouwatari2.jpg


2000キロにも及ぶ旅の途中なんだな
海峡越えは、難所のひとつなんだろうな と
しばらくは静かで荘厳な気持ちで、鳥たちが飛んで行った北東の空を、
なんだか呆然と眺めていました。


彼の地の皆様に、エールを。

posted by たみ at 08:07| 長崎 | Comment(15) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

2011年3月17日桜の里運動公園桜情報第2弾。


2011年 3月17日の桜の里運動公園桜情報第2弾

こっちの枝は
110317hantou.jpg
これくらい。


そっちの枝は
110317hantou1.jpg
ちょっと色づいてる。



先の日曜くらいから、ようやっと鶯が「ホーホケキョ」と鳴きはじめました。
去年より1カ月近く遅い感じ。

さて、桜はどうでしょうか。



posted by たみ at 23:24| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

投げ銭コンサート改め、チャリティーコンサートイン西山緑樹園


2011年3月13日
モンゴル馬頭琴の投げ銭コンサート(ブログ内リンク)が、
「チャリティーコンサート」として、開催されました。

ずいぶん迷われたそうですが、
収益を全額今度の地震・津波の被害のための義捐金として寄付する
と言うことで、開催の決断をされました。

私にとっても、こんどの震災に対する最初の(微々たる物ですが)アクションが
こういう形で取れたことは、とてもありがたい事でした。
琴海グリーンツーリズム研究会ならびに西山さんに 感謝します。


ナニカのチャンスがありましたら是非に!、と、つよくお勧めしている
大村湾を望む西山緑樹園の、ロケーションです。
110313nisiyamazenkei.jpg
芝生広場の先に見えるのが、舞台。

誰が為の というほどに晴れた1日でした。


炭焼きの窯、稼働中。
110313nisiyamasumigama.jpg


予約制だった石窯のピザ焼きは、すでに終了(・・・)。
110313nisiyamaisigama.jpg


馬頭琴・ホーミーの 岡林立哉さん。
110313nisiyamaokabayasi2.jpg


ホーミー。
(行った事無いけど)これがきっとモンゴルの風なんだなー と。
マイク無しの生音で演奏(っていうのか?)。
110313nisiyamaokabayasi1.jpg
倍音がはるばると琴海の空を渡っていきます。


馬頭琴。
110313nisiyamabatoukin1.jpg
馬の尻尾の弦に
馬の尻尾の弓
楽器の胴には野生のヤギの皮が張ってあるのだそうで
とても優しい響きの楽器です。

春の日差しと、心地よい風。
モンゴルの音楽が、西山緑樹園のロケーションと
不思議なくらいに溶け合って
申し訳ない程の午後でした。




あとすこし の、タラの芽と
110313nisiyamataranome.jpg

すこしとうのたった蕗の薹。
110313nisiyamafuki.jpg


そして、

張本人の西山さんと
110313nisiyamasan.jpg


琴海グリーンツーリズム研究会を牽引する、Fさん。
110313nisiyamafukuoka.jpg

ますます充実してきた、琴海グリーンツーリズム研究会。
4月に公式ホームページを開設すべく準備中だそうです。

ここでワタシがごちゃごちゃ書くよりも、
是非HP(まだですが(笑))をご覧ください。

開設されたら、こちらでもリンクさせていただきますので、
お楽しみにっ!!

コンサートは大盛況で、
義捐金も沢山集まったそうです。

それにしても、音楽の力といったら・・・。


posted by たみ at 02:19| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

長崎漁港がんばランド(新しい産直三重漁港付近にオープン)

新しい産直ショップがオープンしました。
その名も、長崎漁港がんばランド。

110311santylokuganba1.jpg

そこは、 国道202号線の、漁港側のバイパス沿い
新漁港の入り口を過ぎ、
実物の漁船の看板 が目印の海と大地の恵み(ブログ内リンク)の、
110311santyokuiti1.jpg
ほんの数百メートル先。


パチンコ屋「まるみつ」と、
110311santyokuiti2.jpg

その先のレンタルビデオショップ「遊ing」との交差点の
110311santyokuiti3.jpg
向かい側。
110311santyoku.jpg


回転寿司「宝洋丸」(11時〜21時30分)
一皿 110円 160円 210円 ・・・ と言った値段設定です。
110311santyokukaiten.jpg
と、

バイキング「雄水」
(昼の部11時〜17時 夜の部17時〜21時 いずれも 大人1,280円  子供780円)
110311santyokubaikingu.jpg

そして、産直「がんばランド」
110311santylkuganbamein.jpg

の、3つからなっています。

表にも駐車場はありますが、
裏手に広大な駐車場。
110311santyokuura.jpg


そして、漁港。
110311santyokuuragyokou.jpg


産直は、特に魚介類がとても充実していました。

上にも書いた産直、
「太陽と大地の恵み」も営業していますし、もう少し先には
旧三重漁港に「はまいそ」(ブログ内リンク)という
「ごんあじ」を売りにしている直売所があり
さらに行くとワタクシ一押しの(笑)外海の道の駅(ブログ内リンク)もあって、
このあたり、産直の激戦区 になってきました。


各店舗の価格、営業時間等は、2011年3月12日現在のものです。
詳しくは、直接お尋ねくださいますように。

数字の間違い等、ご指摘いただければ、幸いです。
posted by たみ at 09:18| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島の産直直売所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

お見舞い。


心よりお見舞い申し上げます。

長い闘いになると思います。
くれぐれもお体大切に。

皆様が希望をもちつづけることができますように
そのために何ができるかを考え
この国が何をしようとするのかを、
注視し、声を上げてゆきます。

くれぐれも、御身大切に。
posted by たみ at 07:31| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

氷が。


今朝(2011/3/10)
110310hantou.jpg
ん?と思ったら、氷が張っているのでした。
posted by たみ at 09:03| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

今日のタラの芽(笑)。


芽吹きの季節です。


紫陽花も、芽吹いてきました。

110309hantouajisai.jpg


中でも殊に楽しみにしているのが、タラの芽。

で、今日のタラの芽(笑)。
0309hantoutaranome.jpg

・・・・・てんぷらまではあとどれくらいかな(笑)。

posted by たみ at 09:42| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

2011年3月6日桜の里運動公園桜情報第一弾。


今年の桜の里桜情報 (勝手に)第1弾

110306salirampsato1.jpg

ソメイヨシノの蕾は、まだまだ固そう。

110306sakura3.jpg
毎年、一番早く花を咲かせるこの木の花の名はなんでしょうか知らん。
桜には違いないようなのですが・・・。


今年は春が2週間くらい遅れている感じです。
いつもなら2月の中旬にはないている筈の鶯の声を聞いてないし、
いつもなら2月中旬過ぎには散ってしまっている我が家の梅も、まだ散りそうにありません。

posted by たみ at 00:00| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

桑迫賢太郎さん個展「陸路と雨」最終日でした。



桑迫さんの個展「陸路と雨」最終日、美術館へ。

110306bijutukan.jpg
雨の美術館。


桑迫さんが自作の紙芝居を読んだり、
その場に居合わせたみなさんが子供たちへのメッセージを書いたり、

表現はコミュニケーションなんだ と、
「手触り」のように実感。

なんか、とても良い時間空間でした。
桑迫さん、ほんとにありがとう。

3月になっちゃったけど、やっぱり欲しくて、
美術館のミュージアムショップにて、桑迫賢太郎さんのカレンダーを入手。

あの・・・展終了後も販売しているかどうか、聞きそびれました。
桑迫さんの月のカレンダー、チャンスがあれば、是非一度見てみてください。
(スミマセン。こんなにお勧めしておいて あれ ですが、
 カレンダーの取り扱いにつきましては、
 直接美術館ミュージアムショップにお尋ねくださいますように)

明日は、「ティア」(ブログ内リンク)で、
桑迫さんを囲んで個展のお話があるようです。
(またまたスミマセン。詳細については、ティアへ直接お尋ねくださいますように
 もし情報間違っていたら ご容赦)
posted by たみ at 17:54| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手熊漁港南側 柿泊バス停付近からの夕陽。



手熊漁港南側 柿泊バス停付近からの
2011 3/4 の夕陽。

110304sirahama.jpg

110304sirahama2.jpg

110304sirahana3.jpg


あんなに日差しがあたたかかったのに、
陽が沈んでふと我に返ると、
思いのほか冷たい風が吹いているのでした。

posted by たみ at 13:46| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕焼け半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

西坂の丘 二十六聖人記念碑 記念館 記念聖堂


ここの関連(ブログ内リンク)として、
西坂の事を。

二十六聖人殉教の地と言われている西坂の丘(諸説あるようですが)
今は、西坂公園として整備されています。

20110302nisizakakanban.jpg


西坂公園は
JR長崎駅から電車通り(国道202号線)をはさんで向かって左方向へ。
NHK長崎放送局手前の急な坂道を登ったところにあり、
110302nisizaka1.jpg


周辺には(鉤括弧内は、正式名称(たぶん)です)
記念碑「日本二十六聖人記念碑」
記念館「日本二十六聖人記念館」(博物館です。)
記念教会「日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会」
(それぞれ1962年 竣工)が。

20110302nisizaka7 (500x375).jpg
(向かって左側に見えるのが記念碑。その奥に記念館が見えています。
 そして右側の二本の塔を持つのが、教会です。)



記念碑。
20110302nisizaka6.jpg
高さ5.6m 幅17mの御影石で作られた大きな台座に、
ブロンズの二十六聖人像のレリーフ。

20110302nisizakam.jpg
レリーフは 彫刻家 舟越保武氏の手になるもので、
二十六聖人は等身大に作られているとのこと。


20110302nisizakahi.jpg
中央部には、
人若し我に従はんと欲せば 己を捨て
十字架をとりて我に従ふべし  マルコ第八章
と聖書からの言葉が記されています。

因みに、この写真のレリーフ向かって右端が聖ルドビコ茨木12歳で最年少。
(全体では、向かって右から9番目)
その隣が聖アントニオ13歳。


110426seijinn1.jpg


110426seijinn2.jpg

聖人の足が宙に浮いたように見えるのは、
天に召される様子を表現したものだそうです。




教会。
20110302nisizaka2.jpg
この教会の正式名称である 「日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会」のフィリッポは、
二十六聖人の一人、フィリッポ・デ・ヘスス にちなんだものです。

20110302nisizakakyoukai.jpg
何故このような長い名前になったのか と言うと、
長崎にはすでに二十六聖人に捧げられた教会があり

(それは、長崎市南山手にある
 日本最古の現存するキリスト教建築物
 (1864年竣工 1879年改築 1952修復)
 として国宝に指定されている 大浦天主堂。
 大浦天主堂の正式名称は「日本二十六聖殉教者天主堂」なのです。)

区別するために、このような長い名称に。





20110302shoutou.jpg
教会正面中央部に、鐘。




20110302nisizakakyoukaitou.jpg

20110302nisizakakyoukaitou2.jpg


それにしても、なんでこんなに ガウディ?
と思ったら、
設計者である今井兼次氏はガウディを日本に紹介した先駆者なのだそうです。
ガウディへのオマージュ なのでしょうか知らん。

いずれにしても、特徴的な二本の塔は、長崎のランドマークのひとつではあります。


記念館の壁面に
20110302nisizakafumei.jpg
きっと何か意味が付随しているのでしょうが・・・。




今はビルの陰からちらっとしか見えませんが、
当時は、長崎湾一望だったのでしょうね。
20110302nisizakakesiki.jpg
見えているのは、戦艦武蔵を建造した事でも知られる三菱重工長崎造船所。
吉村昭著の、「戦艦武蔵」の進水の場面とか
長崎湾の地形を知ってから読むと、ものすごくリアルに伝わってきます。

さておき



数台停められる無料駐車場があります。
20110302nisizakatyuusha.jpg
休日は、とめるの難しいかも。



長崎は、猫の町でもあります。
20110302niaikneko.jpg
どこに行っても、猫。
しかも、どの猫もなんだか丸々と・・・(笑)。


そして鳶も。
20110302nisizakatonbi.jpg

posted by たみ at 18:46| 長崎 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

枇杷の花とアオモジと


昨日の散歩から。


枇杷の花

20110301hiyori2.jpg

近くに水仙が咲いているとわからないくらいなんだけど
近づくと、ふわっと良い香りの枇杷の花。



アオモジ。

110301asa1.jpg

このあたりの里山では、このアオモジが、
最初に新芽や小さな花を、瑞々しく光らせる。
派手ではないけれど、大好きな木の花です。


さ、今日から3月。
今月末には、もう櫻の話をしてるんだ と、
覚悟やら決意やらを。



posted by たみ at 03:49| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする