2011年01月31日

ゴッホ展を見に行く 九州国立博物館


(やっぱり見ておきましょう と、ミーハー全開で)
大宰府の九州国立博物館

110129dazaifu2.jpg

で開催中のゴッホ展へ。

110129dazaifu1.jpg
(会場出口と、それに続くグッズショップです)

阿修羅展のとき(ブログ内リンク)よりは入り口の行列はやや少なめで
会場へは思ったよりさくさく入れました。

しかし会場は相当ごった返していて、
近くで絵を見ようとすると遅々として進まない行列に巻き込まれ、
離れて絵を見ようとすると、人の頭で見えず、
それでも粘って何とか見ようとしていると
「立ち止まらないでください」と促され、
なかなか気合いが必要です。

音声ガイドの声は、安住アナウンサー。
(音声ガイド機がタッチペン式になっていて、以前よりずいぶん小さくなっていました。)
TBSアナウンサーの安住紳一郎です、からガイドがスタートするサービス(笑)で
こんなことでテンションがややあがったりするミーハーな私なのでした。


音声ガイドは、情報量がちょっと少なめな気がしないでもありませんが、
作品の展示が、
ゴッホの絵とその絵に関して影響を受けた人の絵 という並びになっていて、
ごった返したあの状況だと、絵の作者の名前の欄が確認しづらくて、
(聞こえてくる会話の内容からして
 観覧している人の中には
 ゴッホの絵と違う人の絵がはっきりした表示も無く並んでいる
 と言うことに気づいてない方も居られたみたいで
 そこのところは、是非もう少しわかりやすくしてほしい と・・・。)
音声ガイドを聞くことによって、
展示の案内板よりはわかりやすくなったような。

11時過ぎに到着したのですけれど、
駐車場が 120分待ち(!)。
(国道3号線から県道35号線へ入り九州国立博物館入口から入った方)
私は、博物館入口を曲がってすぐのところの
「民間臨時駐車場」一回500円 が目の前で空いたので
とっととそこに入れて会場まで10分ほど歩きましたが、
正解だったと思います。
3時間半程会場に居たので、一回500円 の駐車代は決して高くはありませんし。

もし団体バスで博物館に行くような事があって
そのバスが博物館入口の交差点を曲がって止まってしまい
(私が行った当日も、何台もの観光バスが「駐車場120分待ち」の列にはまっていました)
駐車場の待ち時間が「一時間待ち」とか以上だとわかって
しかも
その催しが「どうしてもじっくり見たい」催しで、
大雨とか大雪とかじゃなかったのなら
ためらわずにバスを降りて歩いてください。
絶対にその方が、シアワセになれます


自家用車でお出かけの際の駐車場に関しては、
駄目もとで
県道35号線から県道78号線へ入り、
九州歴史資料館横から入る方の駐車場 の前を通ってみる
ことをお勧めします。

ここは駐車場への取り付け道路がとても短くて
しかもなかなか厳しいガードマンが居らっしゃったりするので
駐車待ちの列に加わることが難しいのですが、
もし「前を通ったタイミングとガードマンの気まぐれ」で
うまく駐車場待ちの列に並ぶことが出来たなら、
そこからはあまり待つことも無く駐車場へ入ることが出来ます。
あくまでも「駄目もとで」ということでひとつ・・・。

大宰府天満宮の駐車場 へ誘導されたりもするようですが、
こちらは私行ったことがないのでその駐車場がどんなものすらもまったくわかりません。
次に行く機会があったなら
是非積極的に誘導されてみようと思っていますので、
たぶんそのうちに・・・。


110129dazaifu3.jpg

えっと、展自体は、
例えば
「行ってみたほうがいいかな?」と聞かれたとすると
ちょっと興味はあるけれど判断を人に委ねるくらいの感じ だったら、
行かなくても良いよ と・・・・。
そんで
「行ってくるよ」って言われたら
是非いってみんね。ただ
駐車場がとても込んでいるから、早い持間に着くように行ったほうがいいよ と。

そんな(笑)九州国立博物館の ゴッホ展 は、2011年 2月13日(日)までで、
今日(1月31日(月))は、休館。
あとは最終日まで休みはないようです。

これからはさらに込みそうなので、そこんところはご注意の程。


以上、例によって中身が薄ーいのに長々と ゴッホ展情報でした。



えっと、
自分ものこのこ出かけておいて言うのも なん ですが
ゴッホって、なんであんなに人気あるんでしょうか知らん。
なんていうか、いろんな意味で 絵の 振れ幅 もとても大きいし
さらにワタシが言うのも なん ですが
ものすごく引き込まれる絵と、
ちっとも響いてこない絵の落差がとても大きいような気がして、
どういう風に見てよいのか、正直戸惑ったりしたのでした。

あ、これだけは言えます。
行ってよかった。






posted by たみ at 05:05| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

この冬 いったい何度目の


朝起きたら

110130yukinoasa (500x375).jpg

一面の雪景色なのでした。
この冬、いったい何度目の雪の朝なんでしょう!

posted by たみ at 10:01| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島で食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

2011年 ランタン祭り準備中。


2011年のランタン祭りの日程は、
2月3日(木)〜2月17日(木)と言うことで、
着々と準備が進んでいました。

第二会場(でいいのかな?)の中央公園の準備もたけなわ。


20110126rantanjunbi1.jpg

あ、もう点灯してたりする。


20110126doubututati1.jpg



子供たちも、なんだかテンション高め。


20110126rantanjunbi4.jpg


よく見れば、期間を記入する欄は空白。
経費節減で、使いまわしなのでした。えらい。

浜の町アーケードのランタンの飾りつけは、もう万全。


20110126rantanjunbi3 (154x250).jpg


あとは、オブジェと呼ばれる大型のランタンを並べるばかり になっていました。


龍馬伝は終わったし、
7月に長崎大丸閉店決定 なんて言うニュースもあったりして、
明るい話題に乏しい長崎です。

ランタンフェスティバル 例年以上に盛り上がって、
観光客が沢山来てくれると良いね。

と言うわけで再度。
2011年のランタン祭りの日程は、
2月3日(木)〜2月17日(木)です はい。


写真は、2011年1月25日に撮ったものです。
いつものごとくピンボケご容赦。

posted by たみ at 03:52| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

夕陽ヶ丘外海 バイキングレストラン


お待たせしました!!(笑)

やっとここ(ブログ内リンク)の続報をお届けできます。

追記
さらに こちら(ブログ内リンク)に新情報をアップしました。


改装工事中だった夕陽ヶ丘外海のレストランのオープン予定日が
2011年2月11日
決まったそうです。
(産直ショップのおばちゃん情報。
 あ、もちろん 産直ショップは平常通り営業中です)

今は(2011年1月23日現在)まだ工事が行われていて

110124koujityuu.jpg


案内板もこんな具合で(2011年1月23日現在)おいおいさらに一年かーい と
突っ込みたくなりますが・・・(笑)。

110124resutoran.jpg

再度書きますね。
夕陽ヶ丘外海 バイキングレストラン は、

2011年2月11日にオープン予定だそうです。


なんか嬉しい。



110124yuuhigaokaa.jpg





posted by たみ at 21:35| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島で食べよう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

それにしてもよく雪の降る冬です。


雪の半島です。

20110116yuki.jpg

それにしてもよく雪の降る冬です。
こんなに降るの、初めてじゃないんでしょうか。

しかも予想最高気温「1度」って、
ちょっとびっくり。
ウチのあたりは、0度を超えないかもしれません。

もちろん「半島山間部」のバスは止まっています。

今朝返却ボックスへ返すつもりだったDVDは、
「安全」とのトレードオフで、延滞金を選択。
ちょっと日も差してきたし、
お昼過ぎごろには、車出せるかな・・・・・(凹)

posted by たみ at 10:28| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

冬至過ぎても・・・知ってました?  と、霜の朝に。


朝日の見えるところに住んでいて気づいたことを。

20110114nikki.jpg
(今朝(1月14日)の 西彼杵半島の夜明け です)

日の出の時刻って「冬至」の日が一番遅くて、
それを過ぎるとだんだん早くなっていく と、
なんとなく思っていませんか?

え?と思うかもしれませんが
(え?と思ったのは、私だけかもしれませんが(笑))
実は、冬至を過ぎても、日の出の時刻はさらにまだ遅くなっていって
(ほんのちょっと ではあるんですけれど。)
1月10日くらいが1番遅い と。
で、今ようやっと日の出の時刻が早くなりはじめるのです。
(えっと、日の入りの時刻が遅くなる速度(?)が上回って
 「太陽の出ている、いわゆる昼の時間」は
 冬至をすぎるとちゃんと長くなっていくので、ご安心ください(笑))

どういう法則でそうなっているのかは全く理解できませんが、
そのことに最初に気づいたときには、
なんか納得しにくくて、なんていうか
「あれれ、なんか変だな。間違ってるんじゃないのか?」
みたいな気分になりました。

そんな(どんな?)放射冷却の寒い朝
いつもは朝日とともにしゅわーっと溶けていく霜が、
粘り強く耐えているところをみると、
そうとう寒い朝なのです。


20110114nikki2.jpg

(本物は、何百倍もきらきらしてるんだけどなぁ・・・。)

20110114nikki1.jpg



posted by たみ at 11:05| 長崎 | Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

針尾送信所の電波塔(無線塔)

今 PCの入れ替えをしていて、
古いパソコンのデータあれこれしていたら、
針尾送信所の電波塔(無線塔)の写真が出てきましたので、
アップしますね。



針尾の電波塔というのは、西海橋佐世保側針尾島にそびえ立つ これ です。
(えっと、針尾島 というのが最初ぴんと来ませんでしたが、地図を見ると、
 なるほど ここちゃんと「島」になってるんだ と、納得。)



dennpatoua.jpg
(海側(針尾瀬戸)から見た電波塔)




   20110113seihi6.jpg




1941年12月2日の、
「ニイタカヤマノボレ一二〇八」が打電された場所 として覚えていましたが、
少なくとも
どうやらここから「最初に」ニイタカヤマノボレが打電された事実は無いらしい・・・
と言うことです。




   20110113seihi2.jpg




直径12メートル余
高いものは高さ137メートル なのだそうで、




   20110113seihi3.jpg




近づいて見上げると遠近感が狂ってしまって、
何ていうんでしょう
「気持ち悪くなるくらい」
「気持ち悪くなって吐き気がするくらい」 大きいのです。



20110113seihi9.jpg



あんな気分になったのは、
風力発電の塔を見上げたとき以来です。



   20110116hiyori1.jpg




遠くから見ると「煙突」に見えるのですが、
真下からだと大きすぎて、
これが何なのかどんな形をしているのかさっぱりわかりません。




   20110113seihi8.jpg


1922年完成 ということで、
「安全性」みたいなこともあって、保存 撤去 で論議があるそうですが、
個人的には、
「残すべきもの。絶対に残すべき努力をしなければならないもの。」のような気がします。


最初の全景の写真は、2008年のもの。
あとは、たぶん2003年あたりに撮ったものです。

当時は、「行ってみようか」って
ずんずん進んでいったらたどりついちゃった と言う感じでしたが、
今現在、真下まで行くことができるかどうかは、
確認していません。
立ち入り禁止になっている可能性もありますし、
そのあたりは是非ご確認を。

でも、
一度行ってみる価値はあるように思います。












posted by たみ at 15:00| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

鬼火焚き


私の住む地区では、昨日(1月7日)鬼火焚きが行われました。

20100107.jpg
(今年は竹が沢山入手できて、いつもよっかでっかい鬼火です。
 手前の人のシルエットと比べると、ね、でっかいでしょ?・・さておき)

いつもなんですけれど、

どわーっと一気に燃え上がる火
竹の爆ぜる大きな音
崩れる櫓
最初の1時間くらいは火を囲むみんなのテンションが がっ とあがって、
いいおっさんが妙にはしゃいだりしていますが、
だんだん火も小さくなり、やがて熾きになってくると、
それぞれがそれぞれの位置に座り込んで、口数もぐっと減り
あとは、ようやっと火の近くに寄ることを許された子供達が
竹の棒で熾きをつついたりして時折舞う火の粉を眺めながら、
それぞれの祈りや決意のようなもの を
心中に秘めたりしているのでした。

やがて 持ち寄った かんころもち なんかが焼かれはじめ、
皆がゆっくりと日常に「降りてくる」のです。

さ、ことしもがんばるぞ とか ね。 


なんでも大瀬戸のある地区では、
夜明け前から火をつけて、日の出の頃には大方が終わっている
のだそうで、
私たちの鬼火とは、またちょっと違う場が生まれたりするんだろうな と。


さ、無病息災家内安全景気回復世界平和 何でも鬼火に詰め込んで、
今年もがんばるぞ と。

posted by たみ at 07:29| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

タナカタケシ新春展

昨日(2011年1月4日)
最終日でしたが、
タナカタケシさんの新春展にお邪魔してきました。

タナカタケシさんにつきましては

ここ とか ここ とか ここ とか ここ とか
(笑 いずれもブログ内リンク)。

西海市大瀬戸町雪浦

風の強い海沿いの町 らしい
風除けの石垣に沿って

20110104a.jpg


角を曲がって

20110104b.jpg

築100年超の
ギャラリー兼アトリエ兼お住まい。

20110104.jpg

いつも心のこもったおもてなし
ほんとうにありがとうございます。

毎年
我が家の居間には、タナカタケシさんのカレンダー
なのです。

あ、
あと桑迫賢太郎さんのカレンダーもほしー のですが
今年はまだ、入手できていないのでした。
posted by たみ at 10:43| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

なんちゃって初日の出。


思いがけない雪で、半島は、初日の出を見られない元旦でした。

なので、
今日 2011年 1月2日 の日の出を、
ことしの
(なんちゃって)初日の出 としてアップします(なんのこっちゃか・・・・(笑))



20110102.jpg

今年初めて見る朝日だと思えば、
2日の日の出も 有難い・・・・という「てい」で・・・。

すみません 新年早々 突っ込みどころ満載のアップにて失礼いたします。


半島山間部の雪もおおかたは溶けてしまって
バスも無事走っています。
ただ、日のあたらないところ等、一部雪積もったままの道もありますので、
くれぐれもお気をつけくださいますように。


20110102tokeru.jpg

屋根の雪が、溶ける溶ける の図です。





posted by たみ at 19:02| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

雪の元旦


あけましておめでとうございます

雪の元旦です。
半島に越してきて、
こんなことはじめてじゃないかな。

暴風雪だの大雪だのと、聞きなれない警報も出たりして、
半島山間部のバスは
(と言っても、路線はほとんど無いのですが)
昨日から走っていない様子。
(あ、国道206号線・207号線を走るバスは別ですよーー。
 あくまでも半島「山間部」と言うことで・・・)

ウチから半島を出るためのバス(ブログ内リンク)も
昨日から完全に止まったままで、今日も運休。
とりあえず今日は、もう走らないようです。

道を走る車自体ほとんど無くて、とても静かなお正月。


20110101nikki.jpg

昼近くなっても、ウチの周りの雪は、まだまだ元気(笑)。
時折屋根の雪がそれこそ地響きを立てるように落ちてきて、
猫たちが「なんだなんだ」と、窓際に駆け寄っています。


どうやら
高速道路(長崎自動車道の一部分)・長崎バイパス・出島バイパス・女神大橋も通行止めの様子で
(午前10時現在。
 これに関しての詳細につきましては、是非お確かめくださいね)

そんな風にして(どんな風にだ?(笑))
半島の一年は始まったのでした。

そんなこんなで
このブログ、今年も無事始まりました(どこ目線・・・(笑))。
こんな調子でまたぐだぐだと更新していくつもりで居りますので、

皆様にとって2011年が素敵な年になりますように
お祈り申し上げますと共に、

今年もお付き合いの程、
何卒よろしくお願いいたします。

posted by たみ at 11:51| 長崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする