2010年06月19日

タナカタケシさんのアトリエへ行く。(2010年 西海市大瀬戸町雪浦ウィーク その3 とりあえず 完結編)


ずいぶん間が開いてしまいましたが、
一応2010年雪浦ウィークの完結編として。


桑迫さんのところをおいとまして、
タナカタケシさんのアトリエへ向かいます。

雪浦川に架かる橋には、ずらりと元気なこいのぼり。

2010yukinoura4.jpg


今年は、町名を書いたプレートが新しく設置されていました。
これは、私の大好きな、タナカタケシさんの書き文字です。

2010yukinoura1.jpg     2010yukinoura2.jpg     2010yukinoura3.jpg

このプレートには、これからの雪浦ウィークへの取り組み
という意図が含まれているのだそうです。

今年の隠しテーマが、
「通りの名前で」ということなのだそうで、
あそこの あれ がよかったね と言うような 点の町歩きから、
あそこの 通り が面白かったね、という、線の町歩きへ転換していく
という、これからの取り組みへの表れだと言う事です。
なるほど
雪浦 ますますおもしろくなりそうじゃありませんか。
さらに物造りの作家さんが増えるそうですし。

2010yukinoura5.jpg

気がついてみれば、タナカタケシさんのアトリエには
いままでも何度もお邪魔していますが、
あんまり居心地よくて思わずくつろいでしまい、
アトリエ ギャラリーの写真をあまり撮っていないのでした。

今回もお茶を頂き、なんだか和んでしまいました。
タナカさん 奥様、ありがとうございました。

タナカタケシさんは
7月にKTNギャラリーで個展を開かれるそうです。
楽しみ 楽しみ。


追記。

タナカタケシさんの個展の詳細がわかりましたのでアップします。

タナカタケシ個展
(KTNギャラリー郷土作家支援事業)

場所
 KTNギャラリー 長崎市五島町3-13KTN別館1F
日時 
 2010年 7月2日〜7月20日
 10時〜18時(最終日は16時まで)
 *土曜日の午後は安息日のため作者不在です。

との事です。
  
    6/20 追記 以上。


夕陽を見ながら 202号線を帰るのでした。

2010yukinoura6.jpg


その1 楽古窯さんち(ブログ内リンク)

その2 桑迫賢太郎さんち。(ブログ内リンク)

posted by たみ at 07:10| 長崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

大村湾でシーカヤックを体験してみませんか?


「シーカヤックと琴の海(※注)の魅力体験事業実行委員会」(ながっ!)主催の、
シーカヤック体験のご案内です。

※注
琴の海 というのは、大村湾の愛称です。

日時   H22年8月7日(土)10時〜16時。
場所   パサージュ琴海先の 土井の浦海岸。
対象   小学生以上の親子
参加費  1人 1,000円(昼食代)
募集定員 40名(超えた場合は、抽選)

午前中
土井の浦海岸でカヤックの練習をした後、バーべキューの昼食。
午後から、
詩島(さだまさしさん所有の島)まで往復の予定です。
往復5km程を漕ぐことになると思います。
二人艇も用意していますので、親子で漕ぐ事も可能です。

申し込み方法、
はがき か ファックスにて、

「1番 シーカヤック体験」 とお書きになって、
(同じ趣旨で「魚釣り体験」があり、それの申し込みナンバーが2番なのです
 因みに、釣り体験 は、同日(8/7)琴海文化センター(長浦町)集合で、
 船釣り体験。申し込み・問い合わせ先も、同じです。)

参加希望者全員の住所・氏名・年齢・性別 
および
代表者の電話番号 をご記入の上、
6月30日必着で。


申し込み先

〒 852-3212
長崎市長浦町2664 琴海行政センター内事務局

FAX 095-886-3937

問い合わせ。
п@095-885-2111



質問等ありましたら、
私宛へのメール
who_ta@@hotmail.co.jp(@をひとつはずしてください)
でもかまいません。どしどしどうぞ。

posted by たみ at 17:49| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤックで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

山の中で。


ooyama hasi.jpg

「浦上四番崩れ」でも名前が出てくる
かつての隠れキリシタンの里「長崎市大山町」で見かけた、
小さな橋の欄干の十字の紋様。

江戸末期に、
西彼半島の旧外海町黒崎地区(かつての黒崎村半田)から移住した人達がこの地に根付いたのが大山地区のカトリックの始まり、だということで、
西彼杵半島と意外なつながりもある場所なのでした。

posted by たみ at 17:08| 長崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 目にとまったものだから。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

踊らにゃ損々(6月某日 福岡ドーム)


201006boujitu1.jpg

201006boujitu2.jpg

「ハレの世界」の中では、
なんと言っても楽しんだもん勝ち ですね。

posted by たみ at 23:33| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 半島人のお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

庭に蛍


いつも通る道沿いに天然モノの蛍の舞うスポットがあって
毎年楽しみにしているのですが・・・・
今年は、蛍の数が、とても少ないのです。

なので、今年は無理かな と思っていましたが、
昨日 ふわーっふわーっと あの優しい光が。

えっと、何の事かと言うと、
どこから迷い込んでくるのか、ウチの庭には、毎年ほぼ必ず
(ここに越してきて16年(くらい)
 蛍が来なかったのはたぶん1度だけだった とおもいますです)
1度か2度 1匹の蛍がやってきて舞ってくれるのです。


蛍見てると、なんか しん となる。


20100605hotaru.jpg

ああ、
強力な手ぶれ補正のついた高感度なカメラと明るいレンズがほしい
と、こういうときにしみじみ思うのでした。


それにしても蛍って ほんとうに神秘的な生き物だなぁ。
(本人はただ必死に求愛しているだけ だとしても ね。)


posted by たみ at 06:59| 長崎 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

桑迫賢太郎さんのアトリエへ行く。(2010年 西海市大瀬戸町雪浦ウィーク その2)


是非たずねてみたいと思っていた
念願の
桑迫賢太郎さんちへ。

長崎から行くと、雪浦川を渡ってすぐを右折。

kuwasakokunnshusuiguti.jpg

格好の目印。

このあたりに車を置いて(あの、あくまでも自己責任ということでひとつ)
左側の小道へ。

kuwasakokunnhana2.jpg     kuwasakokunnhana1.jpg
(この小道は、雪浦ウィークの時期はこんな風だったけど、
 今はどうかな・・・)

kuwasakokunn.jpg

着きました。

古い家なんだけど、
これを古民家と呼んでも良いんだか・・・(ゴメンね(笑))。


こんにちわー。

桑迫さんと桑迫さんの作品 が、出迎えてくれました。

kuwasakokunnti1.jpg

煮炊きに 囲炉裏 や かまど を使っている桑迫さんちには、
当然まっくろくろすけがいる ような。

kuwasakokunntennjou.jpg


床の間の隅とかにも?・・・・・。

kuwasakokunntokonoma.jpg

なんかこう、
異常に<笑)落ち着きます。
先客に子供達が居て、
みんな「自分ち」のような顔してくつろいでましたもん。



開け放った窓から 雪浦川の河口の景色。
この遥遥ぶりと言ったら・・・・・・。

kuwasakokunnharubaruto.jpg

そうこうしていると、5時のサイレン。

びっくりするくらいの大音量で
「カラスと一緒にかえりましょー」と
しっかり一曲鳴り終えた後、
なんかおかしくて、みんなで顔を見合わせて笑いました。

それにしても 音でかっ!


ご自身で焼かれたと言う滋味に溢れた美味しいパンを頂いて、
おいとましました。

「また来ていいですか?」
「どうぞ。」

kuwasakokunnfuro.jpg

お風呂を沸かす薪の懐かしい匂いに送られて
帰ります。

さ、最後は タナカタケシさんちへ。(ブログ内リンク)

2010年雪浦ウィーク この項 さらに続く。

その1 楽古窯さんを見てみる (ブログ内リンク))
posted by たみ at 11:04| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西彼杵半島そこここ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年5月31日の日の出。

なんということは無いけれど、
半島の5月最後の朝の写真などを・・・。


20100604.jpg
posted by たみ at 10:28| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半島日記 季節の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする